言葉の定義 について

いよいよ新学期が始まります。大学教授の顔の無風凧は、新入生受け入れの準備をしています。先日も書きましたが、今年の一年生は全員「成人」です(コチラ 参照)。去年の学生と、おそらくはほとんど同じ生い立ちをしてきた彼等彼女等が、いきなり「大人」。教員として何をかえなくてはならないのか、考えてしまいます。

ただ、これだけは確実に言えること。最近の学生は(この言葉が出てくるようになっただけ、無風凧も年を取ったということですね)、昔の学生に比べて「理解力が落ちています」。その反面、表現力が随分高いな、と思う学生が増えています。

理解力が落ちていると感じるのは、文章を読ませると一発でわかります。大学一年生に2000字程度の文章を読ませて、その主張をようやくせよ、というような課題。ある学生は、入試の延長のように線を引いて、キーワード抽出する。書いてある要約は一見素晴らしいのですが、質問すると、前提条件や背景すら答えられない。それどころか、「反対の主張を書いてみよ」というと、支離滅裂になる。

共通テストの数学が長文化した、難化した、というNewsを何度も見ましたが(コチラ など参照)、上述の理解力が落ちていることと関係があるように思います。実際、無風凧は数学として「難化した」とは思っていません。国語の読解力も問われるようになった、と考えています。

半面、表現力というかプレゼンテーションの能力は随分と長けた学生がいます。下手な教員よりもうまい、という学生もいる。これは高校教育の成果でしょう。素直に素晴らしいことだと思う反面、学生間(学校間かも?)の格差が大きすぎる。

ただし。良いプレゼンテーションをしても、その中身がスカスカということも多い。メラビアンの法則によると、好感を持ってもらうための要素としては見た目と音声で90%超、内容は7%という結果が出ていますが、まさに「好感を持ってもらう」ことだけに特化した能力のような気もしています。

さてさて。最後に今日の主張。

上の二つの状況の共通する背景として、言葉の定義があいまいなままの学生が多い。いや、学生だけではなく、大人もあいまいなまま会話をしていることが多い。学生は、そもそも論としての定義を確認していないし、大人の場合は、お互いのシニフィエがずれている(これは自省を含めて、ではあります)。言葉の定義の確認は、一昨日描いた「文脈の確認」の前に行うべきことです(コチラ 参照)。

言葉の定義をきちんと確認することさせること。それを新学期は徹底していきたい思っています。

 

| | コメント (0)

サイゴビ(横丁の隠居モード)

今朝、KO病院に並んだ時の事。

「受付待ちのサイゴビはこちらです!」

と、係員の中のお一人(30歳弱)が大声を張り上げていました、、、サイゴビ?

もちろん、最後尾 を サイゴビ と読んでいることは、明白。

無風凧は、ここで大きな疑問が、、、

同僚の係員、受付の方、医師を初めとして、どなたも「指摘」していない!

なぜ指摘をしないのでしょう?人間関係が悪くなるから?

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という言葉があるように、指摘して直してあげる、というのが優しさだと思いますし、それをするのは上司の仕事だと思うのですが、、、もっと言えば、病院としての品格の問題でもあると思うのですが、だれも指摘・是正していない!。

これは、現代の「コミュニケーション=人間関係」が「正しくない」ことに起因するのではないかと考えています。つまり、「指摘することによって悪化する可能性」を怖がっているわけです。昔のは横丁の隠居が口を酸っぱくして、嫌われ役を買ってでも行っていたことを、現代ではだれも行おうとしてない!これは、人間関係が「正しくない」こと以外の何物でもないと言えます。

KO病院は、会計システムを刷新し、建物も新しくなり、、、ずいぶん変化しています。そのような「サービス」の向上はもちろんよいことだと思いますが、それ以前に「職員の正しさ」をお互いで指摘しあえる関係であってほしいと思います。というのも、これを敷衍して考えれば「思い込みの診察」で間違えていても、ほかの医者が指摘しない、ということの温床だから。

といっても、あの病院では無理かなあ、、、

| | コメント (0)