厚揚げの和風ステーキ

久しぶりに、無風凧の料理講座。熱くて美味しい冷めても美味しい。ご飯に良しお酒に良しサンドイッチの中身にしても美味。しかも5分で作れる。それが厚揚げのステーキです。

用意するのは、

厚揚げ(絹)、砂糖、醤油、お酒か味醂、油少々。お水。

厚揚げを、1cm程度の厚さにスライス。

熱したフライパンに油をひいて、厚揚げを焼く。

砂糖、醤油、お酒、少しの水を厚揚げに掛けて、炒り付ける。

以上です。

| | コメント (0)

最後の奉公

久しぶりに無風凧の料理講座(笑)。

昨年、「豚の角煮」がマイブームだったことがありますが(コチラ  参照)、最近はちょっと方向が変わっています。

角煮用の豚バラのブロックを、「スープの出汁」になるよういろいろな野菜と一緒にに煮込みます。大体5,6時間も煮れば「とろとろ」になります。この出汁は、結構濃厚で、3倍希釈程度でおいしい中華スープになります。

さて。この豚バラのブロック。以前なら、最後に「濃い味をつけて角煮」として楽しんでいたのですが(もともと、角煮を作るために煮込んでいるのですから)、最近は、「最後の奉公」という料理になっています。「最後の奉公」、、、

■最後の奉公その1
豚バラブロックの煮込みをバラバラにほぐして、「肉じゃが」や「肉大根」を作ります。「出涸らし」になってしまっているはずの豚バラブロックが、実はまだまだ「美味しい」。想像以上に美味しい「肉じゃが」「肉大根」ができます。そうそう、白滝よりは、こんにゃくの乱切りの方がおすすめです。

■最後の奉公その2
その1と同様でまずはバラバラにほぐして、じゃがいも、にんじん、たまねぎ、と共に20分くらい煮ます。そうそう、この時に実は「白だし」を少し入れておきます。にんじん、ジャガイモに火が通ったころに、「カレールー」を入れます。たったこれだけ。蕎麦屋のカレー同様の美味しいカレーが出来上がります。

次回は、その3として、お好み焼きに混ぜ込んでみようかな、と思っています。

 

| | コメント (0)

電子レンジでスパゲティを茹でる

ここ数回、スパゲティを電子レンジで茹でています。

ネット上にはあまた情報ありますし、専用の容器が売られていますから、知識としては知っていたのですが、実際茹でたのは今回が初めての事です。

というのも、Yahoo/ALL Anout の記事(コチラ )を読んだから。記事によると、スパゲティを茹でる際に塩を入れるのは、「塩味」をつかえるためだとのこと。これまで無風凧は、温度を上げるため、だと思っていましたら、たっぷりのお湯と塩で茹でるのが美味しいスパゲティ作りには必要だと思っていました。

さて。

9分茹でのスパゲティ100gに、塩2g程度と、水300㏄、そしてオリーブオイル少々。レンジ時間は800wで9分。

丁度お湯がすべてなくなる程度になり、硬さもベスト。これを別のフライパンで用意してい置いたソース(今回はナポリタン風)に入れて炒めると、生パスタで作ったようなモチモチ触感。これまでにない、美味しさで、文句なし!

これからは、もうお湯を用意する必要がないと思うと、スパゲティ作りがもっと身近になります\\(^.^)//

| | コメント (0)

トマトの牛卵とじ

今夜、思いつきで作ったおかず。とてもおいしかったので、ご紹介です。

[材料 2人前]
牛肉100g、トマト2個、長ネギ1本、シメジ少々、卵1個、白だし、コーン油少々

[レシピ]
1) コーン油を鍋で熱し、ネギ、牛肉、シメジを軽く炒める。
2) 7割方火が通ったところで、サイコロにしたトマトを投入。
3) 軽く炒めてから、白だしを振る。
4) 火が通ったら、溶き卵でとじる

所要時間10分です。ご飯にかけてもおいしいでしょうし、そのままおかずとしても美味。

今日の夕飯は、トマトの牛卵とじの他に、まぐろのづけ、大根とにんじんの煮物、酢もの、トン汁でした。

 

| | コメント (0)

お花は食べられるのかな?(付:キムチの酢の物)

20190518 わんこ:
このお花、美味しいのかな?

写真出典: アートワークス フリーフォト Copyright (C) 2005Artworks. All Rights Reserved
食いしん坊のわんこのようですね。

今日は久しぶりの料理講座、、、最近の無風凧邸の食卓より。

最近、キムチの酢の物、をよく作ります。

材料:
キムチ、切り干し大根、キュウリ、わかめ、白だし、酢、そのほか余り野菜

作り方:
1. 説明不要とは思いますが、切り干し大根はやわかめは水で戻し、キュウリはスライスして塩モミ。
2. 10分もしたら十分で、上述の食材を白だしであえて、その後に酢とキムチ少量をあわせる。

以前は、もずく酢と切り干し大根、をよく作っていたのですが、最近はキムチ酢の物のほうが多くなりました。野菜は、小松菜、もやし、トマト、大根など、なんでもOKです。触感で切り干し大根だけは外せない、という感じ。玉ねぎは、ちょっと合わないかな。

| | コメント (0)

最近の食卓より。

GWも今日で終わり。皆様如何お過ごしでしたか?

無風凧は、、、溜まった(?)原稿書きを中心に、比較的「普段通り」の生活をしてました。近所の八百屋が休みで、青物のやりくりが大変でした。

新しい挑戦1.冷凍卵
TVの影響です。
確かに濃厚な味にはなるのですが、、、ワクワクしすぎたんでしょうか。ちょっと期待外れでした。でも、改善の方向性は確実につかんでいます。次回は冷凍卵の黄身に、味噌と砂糖、昆布出しを少々混ぜたペーストにして竹輪に塗って食べる、、、如何でしょう?

新しい挑戦2. 漬け物ペペロンチーノ
ペペロンチーノ研究は、GW中も続いています。今回は、具に「漬け物」を使ってみました。たまり漬け。、、、ちょっと醤油辛さが強い田舎風の大根の漬け物を、みじん切りにして具にしました。キムチスパは何度も作ったことありましたが、和風の漬け物は、野沢菜付け以外は初めて、、、とても良い出来で満足。乳化のまったり感が一ランク進んだ感じで、とても濃厚な味になりました。

新しい挑戦3. ポークジンジャー
実は、、、無風凧は、「生姜」という食材をあまり得意としていません。加えて、生姜焼きを作る時は、ばら肉とタマネギを炒めるタイプの生姜焼きが定番です。。。が。上述の冷凍卵の番組で「生姜焼き」が紹介されていて、超高級ポークジンジャーが紹介されていたので、無風凧も挑戦しました。ポークチャップ用の厚さ1㎝ほどのロースを、面積が倍になるほど包丁で叩いて小麦粉をはたく。熱したフライパンでソテーして、生姜と醤油、みりん、お酒、砂糖、白出汁、、、を混ぜたソースをからめる。。。。とても美味しいポークジンジャーが出来ました。

 

| | コメント (0)

時短?手抜き?

今日のYahoo!の記事。
”【平成家族】時短料理「手抜きでは」 家族7人分、毎日手作りする女性の胸の内「中華料理の素もアウト」” コチラ 参照。

記事では、家庭で料理をする際、「どこまでが手抜きか?」を中心に論じられています。なので、無風凧の考える「手抜き」料理とは何か、について今日は書いてみましょう。

上記記事にもありますが、お惣菜を買ってくるのは完全に手抜き。というより、冷凍食品(レンジで温めるけ)や、最後の過熱だけの出来合いもダメ。勿論、インスタント食品もレトルトもダメ。カット野菜もダメ。、、、けっこう厳しいと思う方が多いのではないでしょうか?。

上記は全て、、、手抜き以前に「受け入れられない」。無風凧とって手抜きとは。

1. ラタトウユや肉じゃが等、常備菜として大量に作って、食べるときにレンジで温める。スープは4回分単位で作る。

のが、無風凧にとっての手抜きです。時々、常備菜だけでお弁当や夕食の準備が終了することがありますが、完全に手抜き食だと思っています。

2. 食事は1汁3菜。だから、例えばカレーライスとサラダとスープは手抜きです。(一汁2菜だから)。
# ちなみに、お弁当は基本4品。肉、魚、野菜、野菜 です。

でも、S&Bのゴールデンカレーを買ってきてルーを作るのは、手抜きじゃありません。時々こういう日があります。

3. 最近は、茅乃舎のだしパックを使う事には、手抜きを感じなくなりましたが、白だしや麺汁を使うの時はまだちょっと「手抜き感」があります。マギーのブイヨンは手抜きじゃありませんが、中華出汁の顆粒は手抜きだと感じてます。

4. 調味料は、さしすせそや、ソース、ケチャップ、マヨネーズくらいまでは手抜きじゃありません。ポン酢はかつては手抜き感ありましたが、最近は慣れてきました。出汁入りみそは手抜き。

こんな無風凧ですが、、、一日に1時間以上、キッチンにいることは殆どありません。というのは、1の常備菜は手抜きだと思いながらも必要悪だと思っていて、「一度に三食分」作り、冷蔵庫に常備するようにしているからです。つまり、毎回の食事で、新しい料理は1つか二つ。それ以外は、常備菜や温め直しをうまく組み合わせる。

これらを組み合わせると、一食当たり30分以下で食事の準備って、出来ちゃいます。。。。

 

| | コメント (0)

d4000 祝!4000日目!!

今日で、丁度4000日目を迎えました!ココログのサーバーアクシデントと、アクセス不能アクシデントで2回、途切れてはいますが、一応4000日連続しています、、、、ご愛読の皆様のお蔭と感謝しています。ありがとうございます。

今日は、4000日。4000→四千→四川→辛いもの。無風凧は「辛い料理」からは引退しましたが(コチラ 参照)、今日は思い出しながらの辛い料理特集。

過去一番辛かった(つらかった、ではなく、からかった)料理は、インドカレー(コチラ 参照)。食べた瞬間に口に血マメが出来るほどの辛さでしたが、今、もう一度食べたいな、と思います。でも、このお店はもう、閉じてしまいました。

これももうなくなったお店ですが、目白駅の近所にあった激辛ラーメンのお店。「激辛」を掲げるラーメンのお店は数多ありますが、その中でも一番辛かった。おじさんの接客も「激辛」でした。

友人が「辛い辛い」というので、大挙して行ったタイカレーのお店ペチャラット。でも、無風凧にはあまり辛くなくて、、、辛味増量して食べて、友人から超人扱いされたのも懐かしい思い出。でも、、、ペチャラットも10年ほど前に閉店。

浅草に勤務していた頃、一味唐辛子をまぶしたせんべいを食べていたことを思い出します。職場の皆様、無風凧が平気な顔をして食べるのが面白かったらしく、時々、ランチの帰りに買ってきてくれました。

辛いお店で有名ではないのですが、食べてみて想像以上に辛かったのが、有楽町のロメスパ、「ジャポネのヘルシースパの激辛(唐辛子Max)」。店長のご厚意(?)で実現しました。赤唐辛子をフライパンで炒める際に、眼が痛くなる、、、周りのお客様にも迷惑だったかもしれません。

話は尽きないので、今日はこの辺で。

| | コメント (0)

d3980 カマス

20190316

カマスさん:
最近、僕の仲間が減っているような気がするのだけど、、、、

写真出典 WEB魚図鑑 の アカカマス
とある日の無風凧亭の夕食。
1. カマスの干物
2. 茄子味噌炒め(和風炒め)
3. キンピラ
4、 小松菜のオヒタシ
5. 鶏ベースのトマトスープ。

確かに、、、、カマスさんの仲間を一尾、食べちゃいました。この時期のカマスは美味しいです。ちなみに、カマスを漢字で書くと「魳(環境依存文字です)」、、、皆様の環境で表示されてますでしょうか?

| | コメント (0)

d3949 ペペロンチーノ

ペペロンチーノは、イタリア料理の基本中の基本、と言っても過言では無いでしょう。

無風凧は今週、ランチは毎日ペペロンチーノ。勿論自作です。

ただ、、、所謂ペペロンチーノに、一・二品たして、味比べ。

初日はツナと。二日目はエノキとピーマン。今日はエリンギとピーマン。

料理がシンプルなだけに、ちょっとしたミスが味を大きく左右しますから、うかうか作るわけには行きません。

今日までの3品は何れも合格。明日は、青梗菜のペペロンチーノを予定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧