ケチャベチャ

無風凧は、基本的にハムやベーコンを食べません。健康上の理由からです。ですから、スパゲティナポリタンを作るときも、ハムやベーコンは無し。普通にお肉(薄切りや小間切れ)を使うか、ミンチを使うか、です。

最近。ミンチを使って、ちょっと大人風に仕上げます。バターは使わず、ケチャップ、ソース、隠し味はインスタントコーヒーとブランデー。

このスパゲティ、無風凧はケチャベチャ、と名付けています。ケチャップをべちゃべちゃいれたスパゲティ、というのが由来ですが、、、実際はそんなにケチャップは使っていません。

具は、ナポリタンと同様。ただ、ホウレン草やシメジ、ナスなどのコクがでる野菜を具にすることが多い。

今日のランチもケチャベチャ。美味しかった\\(^.^)//

| | コメント (0)

豆板醤入り焼きそば風スパゲティ

GW。 昼食のパスタにちょっと工夫しました。

事の起こりは。

無風凧は、豆板醤はあまり得意な調味料ではないので、これまで積極的に買うことはなかったのです。でも、久しぶりに思い切って購入。

そして、早速作ったのが豆板醤入り焼きそば風スパゲティ。

これまで、ソース焼きそば風スパゲティはレパートリーとして持っていたのですが(いわゆるソース焼きそばと全く同じレシピ(麺をロングパスタにしたもの))で、それのアレンジ。野菜をいためた後、豆板醤をかるく下味をつけたうえで、ソースを投入。豆板醤は下味なので、辛みを感じないレベル。でも、ソースは控えめにしました。最後は塩で味を調整。

これが功を奏しました。コクがワンランク上がったみたいで、超美味しかった。GWの戦利品、その2、って感じです。

| | コメント (0)

ふわふわこえび

このブログで、アミのパスタの話を書いたことがあります(コチラ 参照)。

その記事を読んだ友人から「ふわふわこえび」という商品を頂きました。このふわふわこえび、乾燥したアキアミです。随分大量に頂きました。

早速、パスタとお好み焼きを作りました。(どちらも炭水化物系ですね)。

まずお好み焼き。生地に乾燥アキアミを投入。無風凧的には随分大量に投入しました。アミの焼ける香りが食欲を誘う一品となりました。

スパゲティの方は、今回は塩味。乾燥アキアミでオリーブオイルに香り付けをしたあと、スライスニンニク、小松菜、エノキ、そしてペペロン。シンプルな味付けにしました。これも、ちょっと贅沢に乾燥アキアミを使いました。珍しい食感でしたが、それも「おいしさ」です。

まだまだ大量にあるので、次は定番の酢物。そして、アミじゃがをはじめとしたいくつかのオリジナル料理に挑戦していく予定です。乞うご期待!

| | コメント (0)

オイルサージンを使った簡易ピザ風トースト

いままで書いてなかったのが不思議なくらい、無風凧の大好物。オイルサージンを使った簡易ピザ風トースト。

名前は長くて面倒くさそうですが、作るのはいたって簡単。

1) トースト(おすすめは8枚切り)の上に、スライスチーズ。その上に、オイルサージンを4尾ほど載せる。

2) さらに、マヨネーズを一回し。

3) オーブントースターで適当な時間焼く(無風凧邸の場合3分)

4) 食べる時に、気分によっては少しだけケチャップ。

いたtt簡単ですが、デブ症を気にしなければ、一人で4枚は食べることができるほど、大好物です!

 

| | コメント (0)

エビとアスパラの春風味スパゲティ

エビの塩味パスタ。無風凧の裏ワザはワインの代わりにブランデーで作ること。

作り方は簡単。オリーブオイルを熱して、軽く塩したエビ(ブラックタイガー)を揚げる。

エビを取り出してから、残ったオイルにニンニクとアスパラ、そして、キノコ(エリンギかシメジ)を入れる。

火が通ったあたりでで、ブランデーをちょっと多めに入れる。二人前で15cc程度かな。十分アルコールが飛んだあたりで味を確認。基本は塩だけ。そしてゆでたスパゲティを投入。少し茹で汁を沢山目に入れるようにして、かき混ぜる。

丁度良い程度になったところで、エビを戻して絡める。

白ワインよりも濃厚でコクのあるパスタになります。でも、アスパラとキノコのおかげで春風味。皆さんもお試しください。

 

| | コメント (0)

Ami は友達。

先日。魚屋で「茹でアミ(アキアミ)」の奇麗なものを発見。即買いしました。150gもの大量、、、3度に分けて完食。

1) アミのポモドーロ・スパゲティ

2) キュウリと若芽の酢物アミ入り

3) 炊き込みご飯

アミの使い方としては定番三種類、でしょうか、、、もちろん、筆頭格としての「掻き揚げ」を除くではありますが。超満足のアミ三連発でした。

さて。Ami と言えば、フランス語で「友達」という意味。高校時代、同じ下宿に住んでいた大学生が、LIO の Amicalement Votre をよく聞いていたのを思い出します。 ♪ Ami Ami Ami 、、、、というフレーズが耳に残りますが「友達」という意味をその時に教えていただきました。

Ami と言えばもう一つ。「Amiさん」という大恩師がいました。大恩師を友達呼ばわりしてよいのか否かはわかりませんが、同級生の中では、親愛の情をこめて「Ami さん」と呼んでいました爆。

さてお待ちかね、アミのポモドーロ。通常のレシピで簡単に濃厚なパスタが作れます。2人前。

1) パスタ200gを、レンジで茹でます。レンジ用パスタ茹での目盛りで、3人前の線に併せてお湯を投入。塩を小さじ1程度(ちょとしょっぱい程度)。800wでまず6分。

2) その間に、オリーブオイル30cc程度を中華鍋に入れて火をつける。熱したら、アミ50gを少しづついれて、唐揚げにする。唐揚げが出来たら一旦、油紙の上にとっておく。

3) 2)の挙げている最中に、ニンニク2かけをみじん切り。唐揚げがすんだら、残りオイルにニンニクを入れて香り付け。ここでぺペロン(唐辛子)も隠し味程度に入れる。

4) このあたりで6分になるので、いったんレンジの中のパスタをかき混ぜる。また、お湯を100cc程度、カップにとって、更にレンジ5分。

5) 3)アスパラ2本を削いて投入。すぐに火が通るので、通ったら、4)のゆで汁を入れて乳化。

6) トマト缶(カット)を200g。そして、塩コショウとで味を調える。

7) パスタがゆであがる(まだ少し硬い)での、鍋に投入。焦げ付けないように気を付けながら、2分ほど煮込むと丁度良くなる

8) お皿に注いでから、オリープオイル、イタリアンバジルミックス、そして、2)のアミの唐揚げを載せる。出来上がり。

所要時間は15分です。

| | コメント (0)

スーパー手抜きチキンライス風

今日のお弁当は、スーパー手抜きチキンライス風。

1) 用意するもの:

 鶏むねミンチ200g、玉ねぎ中半分、卵1,エノキ適量、ピーマン1個、ニンニク1片、ニンジン少し、油少々、塩、胡椒、ケチャップ、砂糖、ソース

2) 作り方

普通にチキンライス作りますが、、、ご飯がない! そう。ごはんの代りに鶏むねミンチで作るだけ。作り方のコツも工夫も不要です。

お米でつくるより、歯ごたえは格段に良くなります。味も濃い。(上記に、トマト、キュウリ、メカブのパックで、無風凧のランチ1回分です。)

| | コメント (0)

春味のパスタ

春味のパスタの紹介。

今回は、ライムを大量に掛けることで、さっぱり春味になりました。いつものように、電子レンジでパスタをゆでながら、作ります。作り始めて丁度15分で出来上がり。

1)まず、パスタをレンジで湯がく。水からスタートで、800W12分です。

2)ガーリックオリーブオイルを作り、乳化。乳化したところで鶏のミンチ、アスパラ、長ネギを炒める。塩のみで味を調整。(ペッペルやペペロンは入れない方が好み)

3)パスタがゆであがり、具に加える。茹で汁をくわえて、2分ほど煮込む。

4)食べる直前に、ライムを大量に掛ける。

たったこれだけなんですけどね。とっても春を感じます。

| | コメント (0)

納豆を使ったミートソース(その2)

研究熱心な無風凧。最速で「再挑戦」しました。実は一昨日(コチラ 参照)に続き昨日の昼食も「納豆を使ったミートソース」に挑戦しました。

一度目の反省を生かし、

1) ひきわり納豆を用いる

2) 納豆を炒めるのはネバネバがほとんど無くなるまで

としました、、、が。無風凧が想定していたレベルの仕上がりにはなりませんでした。

というのも。納豆を十分炒めると、大豆の味が前面にでてしまい、煎り大豆、になってしまいます。納豆臭さは無くなったというものの、今度は大豆っぽく、、、ということで失敗と判断しました。

加えて。キッチンに納豆の匂いがこもります!これは、前日よりも強く残りました。

更に加えると。無風凧は、ゆで時間も含めて15分でパスタを作るのが常なのですが、納豆ミートソースは30分近くかかります。これは、時間コストがかかりすぎです。

味は想像通りになのですが、残念ですが「パスタスタンド 無風凧」のメニューには、まだ載せることはできません。

| | コメント (0)

納豆を使ったミートソース

数年前から気になっていた、納豆を使うミートソース。今日、実践してみました。無風凧が参考にしたのは コチラ

結論から言うと、「もう一度チャレンジ」です。

味はほぼ申し分なく、コクは確かに出ます。でも、無風凧として納得いかなかったのは、匂いと食感。

納豆の匂いは嫌いではないので、気にしなくても良いと言えばよいのですが、若干納豆だとバレる程度に残ってしまった。

おそらく、ですが、ひきわり納豆ではなく小粒納豆で作ったこと、そして、納豆を炒める火がレシピよりも強くて、十分に匂いを消すところまで時間をかけて炒めることが出来なかったこと、に起因すると思っています。もしくは、ケチャップとソースで下味をつけるところで、それらが少なかったのかもしれません(今日は、最後に少し塩分を足したので、ソースが少なかった可能性は高い)。

味見をしながら、無風凧お得意の「インスタントコーヒー」で味に深みを出したこと、パルメザンではなくとろけるチーズ(チーズトースト用)を用いたこと、おっと、健康上の理由で、鶏むね肉のミンチを使ったこと、などがそのほかの変更点です。

レシピに記述のある「香り付けのオリーブオイル」は、無いほうが良かったかも、と思います。勿論、個人の好みではあります。

それから、今日は用いませんでしたが、ヨーグルトを人酢杭入れると、コクが増したかも、と思っています。

ということで、近い将来、もう一度挑戦します。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧