チャーハン風スパゲティ

ペペロンチーノ研修の番外編。

最近開発した新味のスパゲティが、チャーハン風スパゲティ。

ニンニク、卵、玉ねぎ、人参、ピーマン、、、五目チャーハン作るのと全く同じレシピで、ご飯の代わりにスパゲティ。

ちょっと胡椒を効かせたら超美味。

皆様も是非お試し下さい。

| | コメント (0)

プロのペペロンチーノ

ひさしぶりに、お気に入りのイタリアンでランチ。

シェフとは懇意しているレストランで、パスタのランチコース。

今日のパスタは、アンチョビとアスパラの塩味でした。

最近、無風凧のペペロンチーノ研究がすすみ、なかなか自作より美味しいぱすたを頂くことはないのですが、今日はさすが、と唸らざるを得ませんでした。

懇意にしているので作り方を伝授していただきました。成る程、と納得すると同時に、本物のプロのシェフには勝てない、と思いました。

レシピは、、、秘密です。


| | コメント (0)

氷と天婦羅

昔の人は、経験に基づいた格言をたくさん残しています。食べ合わせに関する「鰻と梅干し」など、有名ですね。

そんな一つとして、氷と天婦羅、があります。無風凧も子供の頃から慣れ親しんだ格言なのですが、、、先日、油断してしまいました。

夕方の打ち合わせの際に、暑かったのでジェラートを食べ、夕食に天丼。これはてきめんでお腹に来ました。一晩中、胃が痛くて眠れず。やっちゃった、、、と言う感じです。反省。

昔の人の言葉は、もっと大切にしなくては、と思いました。

| | コメント (0)

鯖のガーリックソテーカボス添え

今日の夕飯の一品。

作り方の説明略(簡単すぎるので)。

無茶苦茶美味しくて、明日も、、、と思っています。

| | コメント (0)

お料理はお休み中、、、

この夏は、、、真面目な話、ここ数年の中で最も忙しかったなあ、、、と思うのです。引越しはやはり大仕事ですし、出版や大学の講義に加えていろいろなクライアントから相談を受けて、矢継ぎ早に仕事していて、、、そんな中に、台風あり、豪雨あり。

先週末から、中華鍋を振っているときに手を滑らせたり、包丁を落としたり、、、ということが続いたので、料理をちょっとだけお休み中です。まあ、玉子焼きやペペロンチーノくらいなら作るのですけどね。魚を捌いたり、キャベツの千切り(正確には五十切りくらい?)はやめてます。

少しメンテナンスしなきゃ、、、

# そうそう。パスタをレンジで茹でるのは、「最初からお湯」で行う方が、パスタ自身がアルデンテになります。生パスタっぽくしたいときは水から、が良いようです。

| | コメント (0)

枝豆

お隣さんが、家庭農園で採れた、という枝豆をお裾分けしてくれました。

枝に付いたままの枝豆。もう何年ぶりに手にするのでしょう?!

子供の頃は、夕飯のお手伝いでよく枝豆を枝からハサミで切り離す、ということをやってましたが、実家を離れてからは一度も、、、

早速、ハサミでチョン、チョン、、、と切って、たっぷりのお湯で3〜4分茹でる。塩を振って、まだ熱いのをプチプチ食べるのが昔からの無風凧流。

さすが、とれたての味は、居酒屋やビヤガーデンとは違いますね、、、満喫いたしました。

| | コメント (0)

手抜きのつもりが、、、

夕飯。

冷やしゃぶサラダをつくったのですが、、、

手抜きのつもりで、野菜や肉などを出汁に全部入れて湯がく、と言うことをしました、、、書いているのを読むと、手抜きに感じるかも知れませんが、実際の所要時間は、殆んど変わりませんでした。

と言うのも、そもそも食べやすい大きさに切る時間が沢山掛かっていることと、氷水で凍める時間も、差が出なかった。冷やすためのボウルが小さいためでしょうか。

時間は短縮できませんでしたが、味は、、、ワンランクダウン。次回からは、具材毎に茹でて凍めよう!と思いました。

| | コメント (0)

厚揚げの和風ステーキ

久しぶりに、無風凧の料理講座。熱くて美味しい冷めても美味しい。ご飯に良しお酒に良しサンドイッチの中身にしても美味。しかも5分で作れる。それが厚揚げのステーキです。

用意するのは、

厚揚げ(絹)、砂糖、醤油、お酒か味醂、油少々。お水。

厚揚げを、1cm程度の厚さにスライス。

熱したフライパンに油をひいて、厚揚げを焼く。

砂糖、醤油、お酒、少しの水を厚揚げに掛けて、炒り付ける。

以上です。

| | コメント (0)

最後の奉公

久しぶりに無風凧の料理講座(笑)。

昨年、「豚の角煮」がマイブームだったことがありますが(コチラ  参照)、最近はちょっと方向が変わっています。

角煮用の豚バラのブロックを、「スープの出汁」になるよういろいろな野菜と一緒にに煮込みます。大体5,6時間も煮れば「とろとろ」になります。この出汁は、結構濃厚で、3倍希釈程度でおいしい中華スープになります。

さて。この豚バラのブロック。以前なら、最後に「濃い味をつけて角煮」として楽しんでいたのですが(もともと、角煮を作るために煮込んでいるのですから)、最近は、「最後の奉公」という料理になっています。「最後の奉公」、、、

■最後の奉公その1
豚バラブロックの煮込みをバラバラにほぐして、「肉じゃが」や「肉大根」を作ります。「出涸らし」になってしまっているはずの豚バラブロックが、実はまだまだ「美味しい」。想像以上に美味しい「肉じゃが」「肉大根」ができます。そうそう、白滝よりは、こんにゃくの乱切りの方がおすすめです。

■最後の奉公その2
その1と同様でまずはバラバラにほぐして、じゃがいも、にんじん、たまねぎ、と共に20分くらい煮ます。そうそう、この時に実は「白だし」を少し入れておきます。にんじん、ジャガイモに火が通ったころに、「カレールー」を入れます。たったこれだけ。蕎麦屋のカレー同様の美味しいカレーが出来上がります。

次回は、その3として、お好み焼きに混ぜ込んでみようかな、と思っています。

 

| | コメント (0)

電子レンジでスパゲティを茹でる

ここ数回、スパゲティを電子レンジで茹でています。

ネット上にはあまた情報ありますし、専用の容器が売られていますから、知識としては知っていたのですが、実際茹でたのは今回が初めての事です。

というのも、Yahoo/ALL Anout の記事(コチラ )を読んだから。記事によると、スパゲティを茹でる際に塩を入れるのは、「塩味」をつかえるためだとのこと。これまで無風凧は、温度を上げるため、だと思っていましたら、たっぷりのお湯と塩で茹でるのが美味しいスパゲティ作りには必要だと思っていました。

さて。

9分茹でのスパゲティ100gに、塩2g程度と、水300㏄、そしてオリーブオイル少々。レンジ時間は800wで9分。

丁度お湯がすべてなくなる程度になり、硬さもベスト。これを別のフライパンで用意してい置いたソース(今回はナポリタン風)に入れて炒めると、生パスタで作ったようなモチモチ触感。これまでにない、美味しさで、文句なし!

これからは、もうお湯を用意する必要がないと思うと、スパゲティ作りがもっと身近になります\\(^.^)//

| | コメント (0)

より以前の記事一覧