トマトの牛卵とじ

今夜、思いつきで作ったおかず。とてもおいしかったので、ご紹介です。

[材料 2人前]
牛肉100g、トマト2個、長ネギ1本、シメジ少々、卵1個、白だし、コーン油少々

[レシピ]
1) コーン油を鍋で熱し、ネギ、牛肉、シメジを軽く炒める。
2) 7割方火が通ったところで、サイコロにしたトマトを投入。
3) 軽く炒めてから、白だしを振る。
4) 火が通ったら、溶き卵でとじる

所要時間10分です。ご飯にかけてもおいしいでしょうし、そのままおかずとしても美味。

今日の夕飯は、トマトの牛卵とじの他に、まぐろのづけ、大根とにんじんの煮物、酢もの、トン汁でした。

 

| | コメント (0)

お花は食べられるのかな?(付:キムチの酢の物)

20190518 わんこ:
このお花、美味しいのかな?

写真出典: アートワークス フリーフォト Copyright (C) 2005Artworks. All Rights Reserved
食いしん坊のわんこのようですね。

今日は久しぶりの料理講座、、、最近の無風凧邸の食卓より。

最近、キムチの酢の物、をよく作ります。

材料:
キムチ、切り干し大根、キュウリ、わかめ、白だし、酢、そのほか余り野菜

作り方:
1. 説明不要とは思いますが、切り干し大根はやわかめは水で戻し、キュウリはスライスして塩モミ。
2. 10分もしたら十分で、上述の食材を白だしであえて、その後に酢とキムチ少量をあわせる。

以前は、もずく酢と切り干し大根、をよく作っていたのですが、最近はキムチ酢の物のほうが多くなりました。野菜は、小松菜、もやし、トマト、大根など、なんでもOKです。触感で切り干し大根だけは外せない、という感じ。玉ねぎは、ちょっと合わないかな。

| | コメント (0)

最近の食卓より。

GWも今日で終わり。皆様如何お過ごしでしたか?

無風凧は、、、溜まった(?)原稿書きを中心に、比較的「普段通り」の生活をしてました。近所の八百屋が休みで、青物のやりくりが大変でした。

新しい挑戦1.冷凍卵
TVの影響です。
確かに濃厚な味にはなるのですが、、、ワクワクしすぎたんでしょうか。ちょっと期待外れでした。でも、改善の方向性は確実につかんでいます。次回は冷凍卵の黄身に、味噌と砂糖、昆布出しを少々混ぜたペーストにして竹輪に塗って食べる、、、如何でしょう?

新しい挑戦2. 漬け物ペペロンチーノ
ペペロンチーノ研究は、GW中も続いています。今回は、具に「漬け物」を使ってみました。たまり漬け。、、、ちょっと醤油辛さが強い田舎風の大根の漬け物を、みじん切りにして具にしました。キムチスパは何度も作ったことありましたが、和風の漬け物は、野沢菜付け以外は初めて、、、とても良い出来で満足。乳化のまったり感が一ランク進んだ感じで、とても濃厚な味になりました。

新しい挑戦3. ポークジンジャー
実は、、、無風凧は、「生姜」という食材をあまり得意としていません。加えて、生姜焼きを作る時は、ばら肉とタマネギを炒めるタイプの生姜焼きが定番です。。。が。上述の冷凍卵の番組で「生姜焼き」が紹介されていて、超高級ポークジンジャーが紹介されていたので、無風凧も挑戦しました。ポークチャップ用の厚さ1㎝ほどのロースを、面積が倍になるほど包丁で叩いて小麦粉をはたく。熱したフライパンでソテーして、生姜と醤油、みりん、お酒、砂糖、白出汁、、、を混ぜたソースをからめる。。。。とても美味しいポークジンジャーが出来ました。

 

| | コメント (0)

時短?手抜き?

今日のYahoo!の記事。
”【平成家族】時短料理「手抜きでは」 家族7人分、毎日手作りする女性の胸の内「中華料理の素もアウト」” コチラ 参照。

記事では、家庭で料理をする際、「どこまでが手抜きか?」を中心に論じられています。なので、無風凧の考える「手抜き」料理とは何か、について今日は書いてみましょう。

上記記事にもありますが、お惣菜を買ってくるのは完全に手抜き。というより、冷凍食品(レンジで温めるけ)や、最後の過熱だけの出来合いもダメ。勿論、インスタント食品もレトルトもダメ。カット野菜もダメ。、、、けっこう厳しいと思う方が多いのではないでしょうか?。

上記は全て、、、手抜き以前に「受け入れられない」。無風凧とって手抜きとは。

1. ラタトウユや肉じゃが等、常備菜として大量に作って、食べるときにレンジで温める。スープは4回分単位で作る。

のが、無風凧にとっての手抜きです。時々、常備菜だけでお弁当や夕食の準備が終了することがありますが、完全に手抜き食だと思っています。

2. 食事は1汁3菜。だから、例えばカレーライスとサラダとスープは手抜きです。(一汁2菜だから)。
# ちなみに、お弁当は基本4品。肉、魚、野菜、野菜 です。

でも、S&Bのゴールデンカレーを買ってきてルーを作るのは、手抜きじゃありません。時々こういう日があります。

3. 最近は、茅乃舎のだしパックを使う事には、手抜きを感じなくなりましたが、白だしや麺汁を使うの時はまだちょっと「手抜き感」があります。マギーのブイヨンは手抜きじゃありませんが、中華出汁の顆粒は手抜きだと感じてます。

4. 調味料は、さしすせそや、ソース、ケチャップ、マヨネーズくらいまでは手抜きじゃありません。ポン酢はかつては手抜き感ありましたが、最近は慣れてきました。出汁入りみそは手抜き。

こんな無風凧ですが、、、一日に1時間以上、キッチンにいることは殆どありません。というのは、1の常備菜は手抜きだと思いながらも必要悪だと思っていて、「一度に三食分」作り、冷蔵庫に常備するようにしているからです。つまり、毎回の食事で、新しい料理は1つか二つ。それ以外は、常備菜や温め直しをうまく組み合わせる。

これらを組み合わせると、一食当たり30分以下で食事の準備って、出来ちゃいます。。。。

 

| | コメント (0)

d4000 祝!4000日目!!

今日で、丁度4000日目を迎えました!ココログのサーバーアクシデントと、アクセス不能アクシデントで2回、途切れてはいますが、一応4000日連続しています、、、、ご愛読の皆様のお蔭と感謝しています。ありがとうございます。

今日は、4000日。4000→四千→四川→辛いもの。無風凧は「辛い料理」からは引退しましたが(コチラ 参照)、今日は思い出しながらの辛い料理特集。

過去一番辛かった(つらかった、ではなく、からかった)料理は、インドカレー(コチラ 参照)。食べた瞬間に口に血マメが出来るほどの辛さでしたが、今、もう一度食べたいな、と思います。でも、このお店はもう、閉じてしまいました。

これももうなくなったお店ですが、目白駅の近所にあった激辛ラーメンのお店。「激辛」を掲げるラーメンのお店は数多ありますが、その中でも一番辛かった。おじさんの接客も「激辛」でした。

友人が「辛い辛い」というので、大挙して行ったタイカレーのお店ペチャラット。でも、無風凧にはあまり辛くなくて、、、辛味増量して食べて、友人から超人扱いされたのも懐かしい思い出。でも、、、ペチャラットも10年ほど前に閉店。

浅草に勤務していた頃、一味唐辛子をまぶしたせんべいを食べていたことを思い出します。職場の皆様、無風凧が平気な顔をして食べるのが面白かったらしく、時々、ランチの帰りに買ってきてくれました。

辛いお店で有名ではないのですが、食べてみて想像以上に辛かったのが、有楽町のロメスパ、「ジャポネのヘルシースパの激辛(唐辛子Max)」。店長のご厚意(?)で実現しました。赤唐辛子をフライパンで炒める際に、眼が痛くなる、、、周りのお客様にも迷惑だったかもしれません。

話は尽きないので、今日はこの辺で。

| | コメント (0)

d3980 カマス

20190316

カマスさん:
最近、僕の仲間が減っているような気がするのだけど、、、、

写真出典 WEB魚図鑑 の アカカマス
とある日の無風凧亭の夕食。
1. カマスの干物
2. 茄子味噌炒め(和風炒め)
3. キンピラ
4、 小松菜のオヒタシ
5. 鶏ベースのトマトスープ。

確かに、、、、カマスさんの仲間を一尾、食べちゃいました。この時期のカマスは美味しいです。ちなみに、カマスを漢字で書くと「魳(環境依存文字です)」、、、皆様の環境で表示されてますでしょうか?

| | コメント (0)

d3949 ペペロンチーノ

ペペロンチーノは、イタリア料理の基本中の基本、と言っても過言では無いでしょう。

無風凧は今週、ランチは毎日ペペロンチーノ。勿論自作です。

ただ、、、所謂ペペロンチーノに、一・二品たして、味比べ。

初日はツナと。二日目はエノキとピーマン。今日はエリンギとピーマン。

料理がシンプルなだけに、ちょっとしたミスが味を大きく左右しますから、うかうか作るわけには行きません。

今日までの3品は何れも合格。明日は、青梗菜のペペロンチーノを予定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

d3934 蕗の葉の回鍋肉

春を感じさせる食材、といえば、まず蕗があがるのではないでしょうか。

先日。

八百屋で蕗が並んだので、早速購入して、お煮染め。

ところで。余った蕗の葉をみなさまはどのようにしてますか?

食材を無駄にしないのが無風凧の信条。かつて、巻きカツにしたり、豚バラとミルフィーユにしてローストしたり、、、と工夫しましたが、今回は、回鍋肉にしてみました。

作り方は普通の回鍋肉とおなじ。キャベツの代わりに蕗の葉。ピーマンはやめて、モヤシにしてみました。

蕗は、灰汁も香りも強い印象がありましたが、油で炒めて味噌をからめたら、とても大人しい食材に変身。もっと主張してくれたらなあ、、、と思うくらいに優しい味になってくれました。おいしかった。

| | コメント (0)

d3916 ジャーマンポテト

自家製のベーコン塊を戴きました。燻製の薫りがとても素晴らしい一品です。ベーコンを作った方に、「一番おススメの料理は何ですか?」とお尋ねしたところ、「ジャーマンポテト」とのこと。これまで、ジャーマンポテトを作ったことは無かったのですが、食べたことは何度もあるので(笑)、早速、夕飯でチャレンジ。

1. フライパンでニンニクとオリーブオイルを低温から炒め、途中でタマネギを加える。5分程して、しんなりする程度。

2. ベーコンの脂身を少し削いでフライパンに投入。その後、ジャガイモを1㎝程度のサイコロに切って、フライパンに入れて、火を通す。

3. ジャガイモに火が通ったあたりでベーコン投入。ベーコンは8mm×2cm程度の短冊。。ベーコンに火が8割ほど入ったところで、イタリアンハーブと塩で味を調え、チーズを加えて溶けるのを待って混ぜる(日本風にいうなら和える、という感じ)。

カリカリベーコンも好きですが、生ベーコンのままで食べても良いほどのベーコンなので、敢えて生に近い食べ方を選んでみました。

超超美味しいジャーマンポテトでした。何と言っても、ベーコンが美味。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

d3910 グレープフルーツ

余りに当たりまえといえば当たり前なんですか。


ある種の薬は、グレープフルーツと相性が悪く、薬効がなくなることが知られています。

無風凧は、知識としてはしっていたのですが、、、何と、自分が服用している薬が該当している、と言うことには気がついていませんでした。

健康のために、と毎朝グレープフルーツを食べていた為に、薬の効果が無くなっていたのです。

それに気がついたのが昨日。冷蔵庫に残っている3個のグレープフルーツを最後に、毎朝のグレープフルーツ収監は終了にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧