安倍元首相の国葬に思う

今日、安部元首相の国葬が行われました。これだけ世論が反対している中での挙行は、憲政史上稀にみることではないでしょうか。

無風凧は、この国葬が閨閥・世襲政治の「最後のアダバナ」ではないかと感じています。というか、最後にしてほしい。

大きな課題、、、国政だけではなく、今の日本全体の課題と言えますが、、、は、限定合理性、ということに集約されるでしょうか。閨閥も世襲も限定合理性を強めていることは、読者の皆様はご理解いただけると思いまうs。

為政者に限らず、人は自分の持っている情報だけで判断します。自分の周りの人の意見が「世界の全体」と思ってしまう傾向があります。これは、人が人である以上、仕方がないことです。社会科学において絶対の客観的判断はできない、ということです。というか、「判断」という作業が入った時点で、どんなに客観的なデータを集めたとしても、判断者する際に「判断者の気持ち=限定された情報に基づく合理的な解釈」が入ります。だから、どこまで行っても、限定合理性の呪縛から逃れることはできません。

今回の国葬、4割もの欠席者がでたということで、規模も6000人予定が4000人程度だったということですが、このいつ意地をもってしても、どこかで限定合理性が作用したために、誤判断至ったことは、明白でしょう。

この呪縛から離れるためには、究極には「すべての判断=影響の及ぼす範囲」を個人に限ってしまうことしかないのですが、人は社会的な動物ですから、個人で生きていくことはできません。

結局。限定合理性の呪縛から逃れるための「コミュニティ(限定合理性の影響を及ぼす範囲)を小さくすること」と、社会的動物としての人類が「生きていくために必要なサイズまで、個人からコミュニティの大きさを大きくする」ことの、接点を見つけるしかありません。

自分のことは自分で決める。それが実現できる社会であれば、今回の「国葬問題」は起きなかったことと思います。日本の仕組みを改善する時期が来ています。

 

 

| | コメント (0)

「貢献」は本当に世の中のために必要だろうか?

企業教育をしていると「世の中に貢献する」という話が何度も出てきます。ピッチでのプレゼンテーションを初めとして、世の中に貢献するために、という言葉は耳障りも良いですし、共感を得やすい。大学生の就職活動でのエントリーシートにも、「会社に対する貢献」は、よく書かれる内容です。

しかし、世の中が平等で安定であるために、この貢献というのは本当に必要なんでしょうか?もちろん、幸せの総量を増やすことに反対するわけではありません。でも、本当に効果があるのかな、ということをちょっと考えてみた、というのが今日の内容です。

二次元の閉空間における多粒子問題を考えてましょう(分子動力学法を知っている方なら、話が早いと思います)。粒子間には2体の相互作用として引力が働いていると考えます。適当な初期条件の下、シミュレーテッドアニーリングなどの方法で安定解を求めることができます。この安定解、引力ではなく斥力だとしても同じ答えになります。(もちろん、初期値が違いますから、粒子位置の見た目は違うかもしれませんが、物理的な特性は同一になります)

引力が自分に対して施しをしてもらう方、斥力が他人に対して貢献をする方、と考えれば、してもらってもしても結果は同じになるではないか、と考えてしまいます。

だとすれば、本当に貢献するということが必要なのだろうか。平等を安定解と考えるのであればあれば、他人との相互作用がないこち、すなわち、迷惑をかけることも貢献することもないことの方が重要です。これはつまり、自立することの方が重要、ということを指し示してるのではないかと考えてしまいます。

独りよがりの、言葉足らずで申し訳ありません。元物理屋の無風凧。ちょっと暴走気味の妄想をしてみました。

| | コメント (0)

世論と国政

安倍元首相の国葬問題が落ち着きません。世論としては反対が多い。しかし、閣議決定で国葬が行われる。

国会議員は、国民の声を代表しているはずの間接民主政治。ですが、国政と世論がずれてしまっています。何がいけないのでしょうか?

それは、国会議員が、「そもそも国民の声を代表していない」ということ。国民の声、、、全国民の多数決と定義しておきましょう。その国民の声は、直接一人づつの意見をきくことが最良ですが、コストがかかりすぎる。だから、統計学的な手法になります。世論調査はテレビの視聴率と同じですね。

国会議員の顔ぶれを見てみましょう。男女比率一つとっても、統計的に国民の声を表すことができないであろうことは自明です。同様に、年齢分布も実態を反映していない。などなど、世論と国政がずれるのは当然のこと、と言えます。

これを是正すべきか否か、は一つメタな議論になります。というのは、「本来のあるべき姿」の決め方自身が「多数決でよいのか」の議論があるからです。しかし。ICTが進んでビッグデータ分析が可能になってきた今日、一昔前よりは各段に簡単に直接民主政治の可能性が広がっています。

国民の声を代弁するのが国会、というなら、「直接民主政治にするための技術開発」が始まっても良いように思います。

 

 

 

| | コメント (0)

「あのお客様はお店に協力的なので注意できません」という飲食店はアリか?

先日。 とある天ぷら屋での話。無風凧をはじめ、ほとんどのお客様は黙食をしている状態で。ある4人組だけ、メートルを挙げつつありました。

当初は、気を付けていたのでしょうが、ピッチが上がり始めて大声が耳に着くようになりました。なので、お店の方に、

「少し、静かにしていただけるようにしていただけませんか?」

とお願いしたところ、店員曰く

「あのお客様は、お店に協力的なのでお願いはできません」

無風凧にとって、あまりに想定外の返答で、ハトが豆鉄砲です。

1. お店に協力的だということ(常連の言い換え?)だと、ほかの客に迷惑をかけてもよいのか?

というのが、最初に浮かびます。迷惑をかけているか否かはどういう基準ではんだんするの? この時点で無茶苦茶だと感じます。さらに、

2。 うるさいかどうかは、お客様同士の事ですから、お店は口を出さないことになっています」。

こちらに至っては、噴飯もの。お店の秩序を守るように努力するのは、お店の役割です。すくなくとも、秩序を守ることはしない、という宣言をお店がしているということはありえません。

その上で、ふてくされたように(明らかに面倒くさそうに)

3. もう残り少なくなっていますが、向こうの席に移りますか(残り少ないから、それくらい食べてさっさと出ろ、といわんばかり)

さいごのは、言い方の問題だと思います。少なくもこの言い方は気に油を注ぐ結果。

あきれてものが言えず、残りは食べずに支払いだけ済ませて外に出ました。

最後に。

こんなお店でも、実名を挙げると営業妨害になって、刑事罰の対象になるのは無風凧です。だから名前はあげられません。これも、憤懣やるかたない気持ちでいっぱいです。

| | コメント (0)

教員のブラックな環境を緩和するために

小中高の教員のブラック待遇が社会問題になっています。大学の非常勤講師の雇止めと同様に、教員就職はいま、とってもホットです。今日は、小中高の教員不足の問題について、考察していきます。

これだけブラックと叫ばれ、一説には一人当たり月123時間の残業(コチラ 参照)と言われています。法定労働時間の約1.5倍ですから、教員数を今の1.5倍にしなければ「残業のない」世界にはなりません、、、が。一気に増やすとそれはそれで、問題が起きることも簡単にわかります。

1) その原資をどうするのか?
2) これから訪れる少子化時代に、どのように教員数を調整して(減らして)いくのか。
3) 新しい課目に対応する教員を確保することができるのか(例:情報や、探求など)

など、一目です。

無風凧は、自分の経験上、オンライン一辺倒というのは教育効果を担保できない、という立場です。科目や到達目標によって、2022年現在から向こう10年でオンライン一辺倒にするのは無理だと考えています。

しかし。オンラインを使わない手はありません。というのも、講義型(一方通行)の場合、オンラインは無限に沢山の人に平等な講義を提供することができます。もっと言ってしまえば、「標準課程」の録画を配信すれば、日本中に平等なコンテンツを配布 することが可能です。

同様に、進捗や理解に合わせた複数のビデオを作っておけば、進捗の早い子、遅い子に対応することも可能です。体調を崩して欠席しても、オンデマンド型の配信をしておけば、いつでもフォローができます。理解の早い子は、どんどん飛び級していけるかもしれませんし、得意科目のみを伸ばしていくということも可能になります。(無風凧は中学1年の時には中学の数学は終わってたので、もっと伸ばたかもしれません、、、これくらいでは天才ではないですけどね。)

おそらく。沢山の教育者が、上記のようなシステムを考えていることでしょう。では、なぜそれが表に出てこないのか、、、GIGAスクール構想もこのような視点での教材作成をすればよいのに、、、、と思いますが、なぜか出ていないようです。

おそらく。成績判定が難しいからでしょう。というのは、進捗に合わせて「試験」をするとすれば、公平性を担保するために「無限に沢山の問題」を作らなくてはならない、と文科省の役人の方や教育現場の教員も思っているからでしょう。でも。それこそAIの得意とするところで、オンデマンド配信型科目のテストは、データベース対応が非常に簡単です。

他には、「教員の仕事がなくなることに対する防御」というのもあると思いますし、学派によって「標準の作り方論争」することでなかなかまとまらないから、というのもあるでしょう。無風凧視点ではあまりに些末事で、お話になりません。

勿論、オンラインにできない科目もあります。それは、旧来の方法が必要になりますが、科目の「半分をオンライン型にする」とすれば、今の教員数で、ほぼ残業なしにできます(マクロな視点での概算です)。子供の視点でも利点が多い。いかがでしょうか?

| | コメント (0)

人的災害とナチュラルリスクの挟間

またまた痛ましい事件が起きました。3歳女児バス置き去り事件(コチラ など参照)。

事件は、通園バスに置き去りにされた女児が、熱射病で死亡したというもの。亡くなられた女児のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の方にお悔やみ申し上げます。

「故意に」死亡させたのなら「殺人罪」の範疇でしょうが、この事件は、「業務上重過失」の範囲。つまり、現行法上は「過失」です。

過失も、善管注意義務の範囲、業務上の範囲、と色々クライテリアがありますが、結果として起きてしまえば「事前に予測できなかった」という意味では同じです。そして、「予測できるかいなか」「その対策を行うことができるか否か」は、対応する人や仕組み(AIを利用するとか)で決まってしまいます。

そのうえでなお、予測できない事象が起きます。これをナチュラルリスクと無風凧は読んでいます。人間が人間である以上、ある一定のケアレスミスは避けることができません。今回の女児事件の場合は、四重の偶然だ、という記事も読みましたが、これなどケアレスミスの4乗です。ほとんど起きるはずない、と思ってたのでしょう、、、

この「ナチュラルリスク」に対しては、「補償」しか解決策がありません。起きた事象は取り消すことができないのですから。

国は、ナチュラルリスクに対する「補償」の規定を早く作らなくてはなりません。そのうえで、「認可」が絡む場合には、「国が補償する」と、明記することも忘れないようにしなくてはなりません。

 

| | コメント (0)

人の資質としての「位置、速度、加速度、加加速度」その2

昨日の続き(コチラ 参照)。

今日も、少しだけ「数学(算数)」を使って、物理学とのアナロジーで話をすすめます。できるだけ分かり易く書きますから、最後までお読みください。差分方程式や発展方程式の数値解法をご存知の方は、より分かり易いかと思います。

まず、ちょっとだけ準備。

ある時刻Tn、そして、その時間より△t進んだ時間をTn+1、二倍の△tだけ進んだらTn+2、と書くことにします。反対に、△tだけ過去に戻れば、Tn-1、と書きます。

位置をR、速度をV,加速度をA,加加速度をJと書きます。そして、これらに時間を入れます。時刻Tnの位置は、Rn, 時刻Tn+2の加速度はAn+2のように書くと、約束しましょう。

Vn= (Rn ― Rn-1) / △t

このように書けること、ご理解いただけますか? 速度は、動いた距離を時間で割る、ということを思い出してもらえば、ああなるほど、とうなずいてもらえるでしょう。同様に、

An = (Vn+1 - Vn )/△t = (Rn+1 ー 2Rn + Rn-1 )/ (△t)^2 

Jn = (An - An-1) / △t  =  (Vn+1 - 2Vn ーVn-1 )/(△t)^2 = (Rn+1 ー 3Rn + 3Rn-1 -Rn-1)/ (△t)^3 

のように書けるとします(このように、小さな時間で区切ることを「差分化する」と言います。数学的にはもっといろいろな差分方法があるのですが、今日の話は「アナロジーの為の概念把握」でよいので、このまま進めます。

さてここまでが準備。

位置の人は、Rn=Rn+1=Rn+2=..... つまり、「変わらないことには無類の力を発揮する」。

速度の人は、Vn=Vn+1=Vn+2=....... つまり、「一定の変化をし続けることに無類の力」を発揮する。

加速度の人は、An=An+1=An+2=...... つまり、「変化の方向を決めていくことに無類の力」を発揮する。

加加速度の人は、その先、「あるべき姿を決めることに無類の力を発揮する」となります。

一人の人が、場面場面で複数の特性を持つことはありますが、その人の「素」の部分(本能とか遺伝形質)では、ほぼどれかに分類されます。

どれが優れているか、ではなく、人の特性として、このように考えることが可能です。そして、無風凧の観察の範囲では、お互いが相いれることは特定の条件が必要です、というところで、続きは改めて。

 

| | コメント (0)

多様性を認める社会は、多様性を認めないという多様性も認めなければならない。

お経のような、早口言葉のようなタイトルになってしまいました。(あまり難しくはない早口言葉ではあります)。

「多様性を認める社会は、多様性を認めないという多様性も認めなければならない。」

この命題は、矛盾を含んでいることはご理解いただけると思います。クレタ人のパラドックスと同じ構造です。

このパラドックス、最近、二つの場面で国民が逆の行動をとっているから不思議です。

LGBTQ活動の場合。LGBTQを認めようという(性の多様化を認めよう)という人たちの意見は受け入れられますが、LGBTQを認めたくない、という意見は、受け入れない。結局、性の多様化以外の多様性は認めていない、という活動のように見えます。一種の矛盾を感じます。

マスク運動も同様の構造が見えます。マスクは「法的に」着用が義務つけられているものではありません。ただ、公共設備や交通機関などでは「お願い」として、マスクの着用を促しています。そして、マスクしない派の人たちがいます。しない派の人たちは、するのもしないのも自由、という趣旨である意味「多様性」を主張しています。そして、マスク派の人は「感染拡大防止のためにマスク着用」という多様性をある意味否定した主張をしています。

マスク派の人は、多様性を認めようとしていませんから、自己矛盾をは起こしていない。しかし、反マスク派の人は、マスク着用に関しては多様性を、認めてほしいと言っているのですが、「判断は個人にゆだねるべき」という単一の意思決定を主張しています。つまり「多様性を否定している」。

現時点(2022年9月時点)では、LGBTQに関しては、矛盾を認めている(LGBTQ運動を擁護している)。しかし、マスク問題は矛盾を認めず、反マスク運動を否定している(反マスクは、現時点では多数派ではない)ように見えます(無風凧の直感的判断です)。

面白いな、と思いませんか?

 

| | コメント (0)

ただほど高いものは無い

Tカード会社、4千万人分の顧客データを販売へ(コチラ 参照)。

上記は、9月3日の読売新聞の記事のヘッダーです。これを見て、「やっぱりこうなったか」と思うと同時に「ただほど高いものはない」という言葉を改めて実感しています。

数年前、JRのSUICAの行動履歴を研究目的に限り、という条件で利用可能になりました。NTT-Docomoや、AUなどのキャリアは、特にCOVID-19対策と称してGPSを用いた行動履歴を把握しています。そして、今度はTカードです。

上記記事を読む範囲では、「個人名は提供されないものの、個体識別は可能」となっているので、実情は「個人の購入履歴がが丸裸になってしまうようです(正確にははもっと詳細に調べなくては結論できませんが)。しかも、「販売」するということですから、Tカード関係起業以外の、思いも知らなかった人があなたの購買履歴を知ってしまう可能性がある、ということです(少しあおりすぎかもしれませんが)。

ANAマイレージと連携ができる、などの理由で、Tカードを使っている人は多いと思います。これまでは「ポイント還元」というメリットが全面に出ていましたが、これからは、「個人の購入履歴=嗜好情報が外部に知られてしまう」という可能性が大きくなりました。

タダより高いものは無い。世知辛い世の中になってきました。

 

| | コメント (0)

COVID-19: 無風凧の周りも、、、

無風凧の周りも、随分COVID-19の感染者が増えました。ほとんどがこの一、二か月だけの話で、10人を超えてます。

統計的に正しいという程の数ではありませんが、でも、個人的には傾向があるな、と思っています。

まず。全員が「マスクをしない」。マスクには、防衛能力は少なく、万一自分が感染していた時に他人に移さないためのもの、というのが正しい認識です。ですが、マスクをしようとしない人が感染しやすいという傾向があるように感じます。

理由を考えると。「類は友を呼ぶ」でしょうか。マスク人が居る場合は全体としてマスクをする人が大半でしょう。しかし、しない人が集まると、きっとしていない人が多い。その中に一人、感染者がいると、感染が拡大する。よって、マスクをしていない傾向の人が感染し約少なるのでしょう。

次に。これは、一般的に言われてることと同じですが、後遺症で悩む人が多い。半数の人は、熱が下がってからの倦怠感で苦しんでいます。半月以上、という感じ。これは年齢が高い方が顕著ですが、20代でも苦しんでいる人が居ます。よく、「コロナは普通の風邪だ」と言われていますが、普通の風邪は半分。残りの半分は後遺症で悩んでいます。

ワクチンに関しては、あまり正確に情報をとっていません(個人情報なので)。でも、BA5で一番苦しんだ二人は、3回もしくは4回のワクチン接種をしています。入院に至っていないので、「重症化はしなかった」と医者は言うでしょう。でも、普通の風邪やインフルエンザよりは重症化している、とも言えるわけです。ワクチンは「入院はしなくて済む効果」というように認識した方が良いかもしれません。

ここに書いてある情報は、無風凧の周りの状況です。統計的に「コロナの全容を表している」とはいえないことは、再度リマークしておきます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧