COVID-19: 「科学的正しさ」と「現実」のギャップ

「寒い冬に、一晩中門番していたら風邪を引く。」、、、(1)

皆さんは、上記の文章を読んでどう思いますか? 当たり前だろう! という方が半分位でしょうか?

だから、門番をする人は風邪を引かないようにコートを着るわけです。コートを着て門番をしたら、風邪をひかないでしょう。だからと言って、(1)の文章を「嘘だ」という人はいない。

「このままの状態でワクチンパスポートで緩和政策をしたら150万人の感染になる(コチラ 参照)。」、、、(2)

これはどうでしょうか? ワクチンパスポートをだして緩和制作しても、皆さんの行動様式が変わっている。だから、150万人が感染という大惨事は避けることができる。でも結果として、(2)は「嘘だ」という方がいる。

(1)と(2)は、構造は同じです。でも、皆さんの受け取り方は異なってしまいます。不思議ですね。

もともと。

科学的な予測 は、限定された条件下での可能性を示しているものです。その条件が厳密に実現されれば、ある確率で予測された結果が出てくる。これが科学的な正しさ。実際の社会において、厳密に同一の条件を実現することはできませんから、結果が異なるのは当たり前。

その上で。

災害予測の場合(感染予測を含む)は、「ワーストケース」を想定します。フェイルセーフ、の考え方で「最悪ここまで悪化する可能性がある」というものです。だから、科学者も「こうはなってほしくない」という数字を出します。これが実現されることはない、のは当たり前。とはいえ、「想定以上」の場合にはワーストケース以上に悪くなることもあるのですけどね。

科学は万能ではありません。でも、少なくとも「科学者」であるなら、用いた仮定とモデルの中では、正しいことを述べています。それが現実化しないことも含めて、「正しいこと」を述べている。これが、科学的正しさと現実のギャップです。

 

| | コメント (0)

COVID-19: 増加と減少の物理

8月後半からの感染者減の理由、そして陽性率の減少を説明するモデルがなかなかできません。

例えばですが、気温の上昇と下降が「衝突断面積=感染率」に影響を及ぼす、というような大胆なモデルであれば、ある程度は説明ができますが、そういう「ヒステリシス」を果たしてウイルスが持つのか、、、大いに疑問です。

でも。

これだけは、確実です。

「感染」という現象は、「人と人との接触」でおきる現象です(残留による感染を含む)。ですから、「接触」を減らすことが「感染拡大を減らすために我々ができる最良の手段」であることは間違いがありません。

最近、ネットやマスゴミでは、人流と感染は無関係という論調がありますが、これは科学的ではありません。物理的な事実として、接触を避けることは、感染を防ぎます。

噂に惑わされれず、「感染対策=接触を避ける」を心がけるよう、お願いします。

| | コメント (0)

COVID-19: 今後の予想

第五波は、理由もわからないままに、感染者数および自宅療養者数ともに、下降線です。死者数は今一つ現象幅が小さいですが、これは、感染者数に遅れて出てくる数字ですから、今後、きっと減っていくことは間違いありません。

無風凧の関心は、今後、COVID-19の感染者&被害者がどのようになっていくか、です。

これまでは、「後遺症」という要素は考えずに、 感染者は、死亡もしくは抗体保有者 への遷移でした。しかし、実際の予測にはここに「重度後遺症者」という要素も必要だと考えます。

加えると。

モデルナアームや副反応という言葉はあるように、ワクチン接種をしたことによる不調も、相当のダメージです。経済優先主義者の方が名にとっても、副反応で1週間休む、というのはGDPを下げる方向なわけですから、看過できないということになるといえます。

加えて。以下は何度も述べてきていますが、

・ ブレイクスルー感染
・ 複数回ワクチン問題

が挙げられます。抗体がある程度より減った場合、ブースター接種(3回目のワクチン接種)が必要という論調になりつつありますが、これは、

・ 変異株に対しては効果が下がる
・ ADE

といった現象に対しても、綿密な予備調査が必要になります。このあたりは、ウイルス変異速度とワクチン開発速度のマッチレースになっているようですが、現在、ワクチン開発の旗色が悪い。

さて。ここからが本題。

第六波はどうなるのか、が無風凧の最大の関心です。上記の中で変異株問題を扱う場合、どのようなパラメタ設定をすればよいのか、とても難しい。ミューやラムダの衝突断面積をどのように扱えばよいのか、皆目見当もつきません。(ある程度広がってからなら、フィッチングパラメタで処理することができるのですが)。

現在、とりあえず、8月までのデータをもとに、10月以降の予測をしていますが、そもそも、なぜ第五波が終息傾向にあるのか、が妻ブラ化でないので、とても難しい問題になっています。

注: ワクチン接種者数が増えている、という理由では第五はの終息傾向は説明できないと考えています。少なくとも、東京都の現象速度は、早すぎます。接触が8割減った以上の効果ですから。

| | コメント (0)

COVID-19: 今こそ野戦病院

東京都の重症者数、少し減っています。というのは、死んでしまわれる方がいる分です。

自宅両商社の数も、少し減っています。と同時に、急に野戦病院の話がトーンダウンしてしまいました。日本人の特性として、きっとこのまま忘れ去られてしまうのでしょう。

現在、第五波が終息傾向にあるように見えます。たしか、去年も秋口にいったん縮小傾向になり、そして年末に向けて再拡大しました。今年もそれに備えた対策が必要です。

つまり。

今こそ、野戦病院の議論が必要です。次のピークが始まるときに、瞬時に設置する準備が必要です。

総裁選の無駄な駆け引きをする時間があれば、、、あえて無駄、と言わせていただきますが、、、野戦病院の準備をしてください。「稼働しなくて済めば笑い話」になりますが、、、みんなで盛大に笑おうじゃありませんか。

| | コメント (0)

Tärkeämpää kuin tekniikka

Terve! Mina olen Mufukai.

シベリウス好きでフィンランド好きの無風凧にとって、衝撃のニュースが飛び込んできました。

彼(ヘルシンキ市長ヴァリティアイネン)が目指す「英語都市」とは、「英語を話せる人は、フィンランド語やスウェーデン語を話す必要がない」街だ。コチラ より引用)

記事によると、優秀なエンジニアの流出を防ぐ目的で、ヘルシンキを「英語都市」にしようしています。

たしかに、、、無風凧も挫折組なのでよくわかりますが、、、フィンランド語の習得は難しいもの。でも、だからと言って、一国の文化を捨てるような愚の骨頂はしてほしくないと思います。

Tärkeämpää kuin tekniikka.(技術より大切なもの) 

それを忘れないでほしいと思います。

 

 

 

 

| | コメント (0)

COVID-19: もっと先見の明をもってちょうだい!

20180505未来を見ているはなちゃん先生:
少し感染者数が減ったからって、去年のGOTO トラベル のような愚策はしないでね。将来を見据えたら、まだまだ安全安心とは言えないのだから。

写真出典: 2018年5月5日のはなちゃん先生
西村大臣曰く「陰性証明に、医療用抗原検査キットを使う(コチラ 参照)」とか。 はなちゃん先生の目も点になるほどの愚策です。

| | コメント (0)

COVID-19: 二兎を追うもの一兎も得ず

総裁選不出馬で、「COVID-19対策に全力を尽くす」と大見得を切った菅首相。しかし、いわゆる「学習能力」は皆無なようです。

感染拡大と経済の両輪を回したい、という気持ちはわからなくはありませんが、昨年のGOTOも含め、何度も「二兎を追った」挙句に「感染拡大」となったことを、学習していない。

読売新聞が、独自記事として今朝、こんな記事を配信しました(コチラ 参照)。曰く、

「接種済みなら、宣言下でも県またぐ移動OK…10月以降に「行動制限」緩和へ」 

このブログでは、何度も書いていますが、「接種済=感染拡大しない」ではありません。ブレイクスルーもありますし、感染源になることもあります。イスラエルやアメリカの事例を見るまでもありません。まして、ウイルスの変異速度が速く、今のワクチンの適用範囲も未定ですし、なにより、効果持続時間が短い。このような状況下で、「接種済なら」というのは「条件として甘すぎます」。

少し蛇足ですが、PCR検査も、「検査時点で観測限界以下である」こと以外は何も証明していないわけで、3週間前のPCR検査の結果を以てして、今、感染していないということはできません。

このように考えると、「完全終息をみるまでは、二兎を追わずに感染拡大を主に考える」施策の重要性が見えてきます。経済至上主義の方々の反乱ももっともですが、結果として「経済損失が大きく」なっていますし、ジニ係数が悪化しているということは、再分配がうまくできていない、つまり経済活動がうまく機能していないことを意味しています。つまり、「COVID-19環境下の経済は正常ではない」ことを意味しています。

これ以上、恥の上塗りのような「二兎を追う」施策は辞めてください。変異の脅威から逃れるためにも、感染拡大の可能性を下げてください。その条件下で、経済を最大化することを考えてください。(無風凧としての具体的な施策は、以前から変わっていません)。

お願いします。

| | コメント (0)

COVID-19: 東京オリンピックの効果か、5000という数字か。

20210906 2週間ほど続けて、東京都の新規感染者数や陽性率は下降しています(右図参照)。ピークを越えた、という感じがしないでもないです。とはいえ、重症者病床の使用率はまだ100に近い状態なので、まだまだ危機的状態であることには間違いありません。

ところで。

ここ2週間の新規感染者数下降の原因は何でしょうか? 

下降の前に、上昇を見てみましょう。右図だとわかりにくいですが、7月25日あたりから急に感染者数が伸びています。その1週間~2週間前に何があったか、、、考えてみると、東京2020で選手が日本に入国しました。そして、それにつられて、繁華街の人流が増えました。その時期です。その時期に感染した人が7月25日からの急上昇に寄与しているのではないか。

そして。

8月20日過ぎに下降初めています。、、、そう。オリンピックが8日に終了したころから、下降線をたどっているのです。もしくは。この結果だけだと、東京2020が東京都の感染爆発を起こした一因であると、結論してよさそうです。

その上で。

下降の方にはもう一つ大きな原因が考えられ売ます。5000人を超えたのが8月13日。さすがに「やばい」と思った方が多かったのでハイでしょうか。緊急事態宣言により、確かに人流が減る傾向にはありましたが、その傾向以上に下降しています。それは、5000人という数字をみて、心理的にいろいろな行動自粛をした方が多い。具体的には、会話を減らす、とか手洗いウガイが今まで以上に実施された。

皆様もお感じの通り、緊急事態宣言、という宣言自体はあまり大きく行動様式を変えていません。それが証拠に、日本全体の感染者数は、いまだに高止まり傾向です。でも、東京都は逆に下がり始めた、、、これは、5000人という数字の効果が大きいのではないでしょうか。

丸川大臣が、「テレビで感染した人が増えたから、東京2020は感染拡大の原因ではない」というご意見をのたまいましたが、マクロに判断すると、東京オリンピックこそが第五波を引き起こした。そして、5000人という数字で都民の気持ちに自然とブレーキがかかった、と解釈する方が、的を射ているように思います。

皆様、如何でしょうか?

| | コメント (0)

COVID-19: ワクチン電子証明も愚策

平井デジタル相が、「ワクチン電子証明は年内にもできる」と話しているようです(コチラ 参照)。昨日の話と同じロジックで、天下の愚策、と申し上げさせていただきます。

それどころか。マイナスの効果が予測されます。

1) 日常会話で「ワクチン証明は取った?」が日常会話になる日がきっと来ます。政府も「取りましょう」というキャンペーンを張るでしょうから、取らないこと=悪 という風習が出来上がります。これは、一種の「同調圧力」でしょうし、「電子証明ハラスメント」を生み出します。

2) 電子証明 を持っていること、は免罪符です。だから、電子証明をもっているから何をしてもよい、と思う方が出てきます。その人が、未発症感染者だとすれば、スプレッダーになる可能性があります。現在の第五波の一因は、この未発症感染者からの感染拡大が考えられます。つまり、電子証明によって、感染拡大が起きる可能性があります。

3) さらに言えば。 ワクチンを打ったことは、「抗体ができたこと」を意味していません。つまり、ワクチン証明は、「安心安全を証明しているものではない」ということです。

4)加えると、抗体が半減してしまうことなどへの対応ができない、ですよね? 毎月PCR検査して、抗体数を計測し、その上で変異株に対応したワクチンを打って、それで安心安全を証明する、ということが出来るのでしょうか?

などなど、ワクチン電子証明も愚策です。こんなことを考える暇があれば、ワクチンが無くても感染が拡大しない施策や、医療崩壊を解決する施策を考えてください。

 

| | コメント (0)

COVID-19: 最悪の「ワクチン・検査パッケージ」

尾身さんの「衣の下の鎧」が見えてしまいましたね、ワクチン・検査パッケージ。(コチラ 参照)

尾身さん曰く、経済を回すために、ワクチン接種率を上げる必要があり、ワクチン接種した人にワクチン・検査パッケージを付与してCOVID-19への感染拡大リスクが低いことを証明するのだとか。

ああ、尾身さんも老いたか、菅さんと一緒に引退の時期か、と思ってしまいます。いや、もともと、鎧の上に衣を着ていただけなのかもしれない。

1. ブレークスルー感染が拡大している。

2. ラムダプラス、ミューほか、変異株が増えている。

3. 現行ワクチンの半減期が思った以上に早くて、ブースターが取りざたされている。

この3つは、現行のワクチンの効果を真っ向から否定しています。すなわち、ワクチン・検査パッケージの安全性は保障されません。それどころか、感染拡大させてしまう可能性もあります。それなのに、今の時点でワクチンを摂取すれば自由な活動を再開してよい、というのはおかしい。非科学的です。専門家のいうことではありません。

尾身さんはワクチン信奉者。ワクチンを広めることが目的であり、COVID-19を終息させることが目的でないのかもしれません。

いずれにしても、「ワクチン・検査パッケージ」は一日も早く撤回してください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧