セクシー田中さん 事件その2

コミック「セクシー田中さん」の原作者「芦原妃名子さん」自死事件がなかなか収束しませんね。

無風凧は、ふと思ったのですが、これって、裁判になったらどうなるんだろう?

無風凧が疑問に思う点は、「裁判における第三者視点」。

2次元のコミックを3次元のドラマにした時点で、100%同一のものはできない。それは原作者も理解しているから契約したとして。

セリフの改変も無かったとして。

ここはこの程度の間が欲しい、というのを芦原さんが主張。でもドラマの監督とは違う「間」の取り方だった場合。

裁判だと法律に則り、第三者視点での判断(正確に言えば、第三者の代弁者としての裁判官の判断)によって、正否が決まります。

ここで、芦原さんが負けた場合、そして、それを不服として芦原さんが自死した場合。

1) 原作者の意向が反映されていない(著作権という意味で)、という点で判決は誤判断だった

ということになります。しかし、

2)裁判官が判決後の事象に対して責任を負う必要はありません。

では、ドラマの監督は、というと、自分の演出は法的には正しかったにも関わらず(判決でいえば勝訴)、結果として自死を招いてしまったという道義的責任を、世論から追及される可能性は、今回の場合同様にありうる。

このように考えていくと、第三者的・客観的な基準に基づく判決は常に正しいのか、という疑問に行きつきます。

そもそも。

思い入れ、の部分を捨象して価値判断するのが裁判の世界。先祖伝来の大切なお鍋を壊されても、現在価値の価値が100円だったら100円戻ってくるだけ。どれだけ可愛がったペットを殺されても、損害賠償額はそのペットの売価。だから、譲渡犬だったりするとゼロということになります。

裁判の在り方、判決の基準自体が不透明なような気がしてきませんか?

# 「一般的に行われてるから許される」という事象は、無風凧は納得出来ない場合があります。最たる例は、保険証のコピー。保険証のコピーを取らせないと、診療しない、という医院が沢山あります。でもこれは、医事法における正当な拒絶理由にはなりません。でも、現実は殆どの病院で断られます。

| | コメント (0)

数学のアイデアーーー蘇るガウスの発想ーーー東京図書

部屋の片づけをしていると、本棚の隅から思いかけない本が顔をのぞかせます。そこに、何年も前からいたのに、無風凧に気が付いてもらえなかった本です。

一昨日。「数学のアイデア・・・蘇るガウスの発想・・・」という本が顔を出してきました。

著者のT.ハツルという方は無風凧の不勉強で存じ上げません。訳者は山下純一さんで、東京図書。

この本は、確か中三の夏(中にかも?)に読んだ記憶があります。ガウス整数の話などは理解しましたが、電磁気の話とかトポロジーの話とか、理解できないままだったことを思い出します。今見たら、なんであんなに悩んだんだろう?という程度なんですけどね。

それより。

この本の前書きに書いてある言葉にしびれました。

「とにかくも、自分のアイデアを持って始めるように。ガウスはそうだった。君たちもガウスのように始めろ。」アンドレ・ヴェイユ

この言葉自身は、ヴェイユの言葉です。ヴェイユは20世紀を代表する大数学者。ヴェイユが「自分のアイデアを持つことが事の始まりだ」と宣言していると同時に、あのガウスは、常に「アイデア」をもって始めていた、、、これはすごいことです。(ガウスは、皆様もご存じと思います。)

例えばビジネスの世界で。まず市場調査をしてNeedsを特定し、、、が横行しています。

学問の世界でもまず先行研究を調べ、そして自分の課題をみつけ、、、という順番になることが多い。

でも。大切なことは「自分自身がアイデアをもっていること」だと、無風凧も同意します。そのアイデアが他人と同じだったら、競争になって負けるかもしれません。でも、それは時の運。まずはアイデアをもつこと!

40年前には気が付かなかった真実に、今日、気が付きました。

| | コメント (0)

法律の矛盾

日本には数多な法律があります。法律に加え、施行規則や省令、行政令、判例まで加えると、もう数えくれない。

では、それらの間に「矛盾」は無いのでしょうか?

曖昧さが残っていることは、例えば、鳥獣保護法におけるノネコと動物愛護法におけるイエネコの範囲でかぶりがあることなどから明らかです。

先日、とある法律を読んで、そこまでに定義されていない「形態」が存在することが判りました。ほかの見方をすれば、その法律における次章の定義が「矛盾」を孕んでいるようにも読めます。

無風凧は、このような矛盾の発見には敏感。

と同時に、このような「矛盾」「あいまいさ」は、法律上「終生の受け入れ口」が存在していません。つまり、法体系は法体系として外からの入力を受け付けない「オートポイエーシス」なシステムになっています。これでは、時代に即した法改正は無理です。

AI技術を使って、法律の矛盾を皆無にしてほしい、と願う無風凧です。

| | コメント (0)

Lotoka Volterra方程式の教える事(生態系を考える)

熊を指定管理鳥獣に追加する、という決定がなされました(コチラ など参照)。指定管理鳥獣、ということは、「捕獲・殺処分が許される」ことだと無風凧は理解しています。熊が増えすぎたから「生態系を守るために」捕獲・殺処分しても良い、というのが建前。現実的には、人里に現れることによる人的被害を避けるための追加でしょう。

表向きの理由である「生態系を守るために」ですが。

人間が熊を捕獲・殺処分することで生態系を守ることができるのでしょうか?

ヒトのもつ知識の中では、「否」という結論が出ています。それは、ロトカボルテラ方程式の解を考えてみればわかること。生態系は自然に任せるしかないわけです。よく、ロトカボルテラ方程式の事例で出てる狼・ウサギ・草の増減。どれ一つをとっても、撲滅したら全部が死に絶えます。タイムラグを置いて、平衡状態になっていくのが生態系、の本質です。

その視点でみれば。人の存在自体、というか開発という名のもとに森林を破壊するなどして、生態系を壊している。逆に言えば、そのような「破壊行動をしない」ようにすれば、あるタイムラグの範囲において、生態系は保たれます。少なくとも、人類の持つ科学的知識が教えるところは、「生態系に手を入れない」が正しい選択。

しかし。

今回、政治の世界は違う判断をしました。科学の事を信じていないのか、選挙民の声(=票)の方が大切だから、なのかは判りませんが、少なくとも、生態系に「不自然な力」を加える決定をしてしまいました。無風凧は非常に寂しく思います。

民主主義を多数決主義と受け取れば、多数決で決まったことがなされるべきではあります。でも、人間も生態系からみたら一つのピースにすぎません。すべての生態系のイキモノ(動物・植物)に投票権があるとしたら、今回の決定が民主主義的に行われたでしょうか?答えは否です。

人間はもっと謙虚にならなくてはならない、そう思えて仕方がない無風凧です。

 

| | コメント (0)

ガイドライン は 拘束力がない?

コロナ騒ぎの時にも、マスク着用の「ガイドライン」が提示され、順守する・しないで世論を二分しました。

ところで、「賃貸住宅の原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(国交省)」というのが、あるのをご存じですか? (コチラ 参照)

無風凧が借りていた仕事部屋、契約を解除する際の原状復帰で、まさに「このガイドラインを真っ向から否定する」査定(?)をしてきたので、驚きました。具体的には、ガイドラインにおいては「グレードアップ」に相当する内容が「標準」ということを滔々と説明する賃貸業者。

無風凧は、ガイドラインの一部を知っていたので、説明したのですが、「弊社はそのようにしています!」で取り付く島も無し、問う感じ。これが賃貸業を営み、宅建や不動産鑑定士を取得している人たちの発言ですから、あきれて開いた口が塞がりませんでした。

ガイドラインは、順守の義務が無い=拘束力がない、ということなのでしょうね。

だとしたら、なんのためのガイドラインなのでしょうか?

無風凧の主張:

全てのルール(法律、規則、ガイドライン等)は、白か黒かの二値としたうえで、罰則付きとすること。

 

| | コメント (0)

京都市長選挙

今回の京都市長選。自公立民推薦無所属の松井さんが当選しました。当初優勢と思っていた村山さんは直前で失速(パー券疑惑)。京都と言えば共産vs非共産の印象がありますが、共産党の福山さんは、僅かに届かず、でした。

今回の選挙程、中央政界の動き=政党政治 が如実に反映された選挙は珍しいのではないでしょうか?結局、どこの政党の推薦をとりつけるか、で結果が決まってしまうというのは、地方自立の立場から考えれば、正しい姿ではないように思います。その意味で、少し残念な結果になりました。

地方は地方。その地にあった政策・施策があります。その政策論争をしてほしい。教育無償化などをはじめとする、「全国規模」の動きに同調するのであれば、地方行政という機能は不要になります。中央官庁から派遣された方が、遥かに効率的です。

日本は、これから縮小社会に入っていきます。地方は「生き残り」が苦しくなる。中央からの「補助金」頼みの行政は、早晩行き詰ります。つまり、地方が自立(自律)することを目指す必要があると考えます。中央=国会は、現在は「都市部」に主導されていることは否めません。これは、すべての政党において言えることです。「地方創成」という言葉が、本音を表している。

その意味において。

今回の京都市長選挙は、国政選挙を占う意味で面白い結果だと感じますが、京都民の立場に立った時に、本当に京都の人たちが望む行政になるか、聊か疑問です。

#注: コンクラーベではないので、票が割れると意外な候補者が当選することもあります。

| | コメント (0)

セクシー田中さん 問題

コミック原作とドラマ化で、原作の「芦原妃名子」さんが無くなりました。芦名さんのご冥福をお祈りします。合掌。

20年ほど前から。TVとコミックと小説とGoodsと、、、と、コンテンツのメディアミックスが進んでいます。そして、それぞれに「製作者(著作権者)が違う。」ということが起きていました。本当はもっと昔からかもしれませんが。小説の映画化、と言えば、安部工房の砂の女とか、最初に思い出し、TVによる内田康夫の浅見光彦シリーズは相乗効果があった例の一つでしょう。

これは、何かのメディアで成功すれば、寄らば大樹の陰というか二匹目の泥鰌を狙うというか。マーケティング戦略的には理解できるものではあるのですが、法律的には全くグレイなままだったことが、今回露呈した形です。ネットでも、百家争鳴状態ではあります。

1) 映画化やTV化は、企業(映画会社やTV会社)対個人 の契約になるので、力関係がそもそも違う。日本人の性格的に、個人は弱い。契約書に従うとしても、そもそもが対等契約ではない。

2)また、日本人は、忖度があるので、本音と発言が異なる場合があり、そのギャップが蓄積されていく。話し合いで多数決は、最悪の決定方法です。

3) 著作権者がメディアによって異なるにも関わらず、原作を明確にする法律が無い & それぞれ「自分の作品」としての責任と自覚がある。なので、船頭多くして舟山登る状態になる。

今回のセクシー田中さんでは、 キャラ設定 やセリフが主なズレでした。しかし、今後。BGMや挿入歌が実はイメージと違っていた、とか、カメラワークが異なる(本当は俯瞰していたいのに、ズームアップしていた)とか、色々な課題が噴出してくるのではないかな、と予感します。

最後に。原作者の「主張の範囲」は、著作権法で決められています。それを皆さん、忘れないようにして下さい。

| | コメント (0)

三次元あみだくじとPICT図は同値?

今日考えていたこと。

三次元あみだくじとPICT図は、同値関係か?

三次元あみだくじとは、隣じゃない線に飛び越していくことができるあみだくじ。一種のタングル、と言った方が判り易いかも。

(無風凧流)PICT図は、縦軸に時間、横軸にビジネスプレイヤーを並べ、その間の取引関係を線で表すもの。

これが同値だとすれば、ビジネスモデルの類型化に大きな一歩を踏み出すことになります。少なくとも、圏論の土壌に載せることができるようになります。

頭が動く間に、ビジネスモデルの数理を完成させなきゃ、と改めて思いました。

# 勿論、コラッツを忘れたわけではありません! 前にも書きましたが、T.Taoの方法では、完全な証明は不可能と思っているので(直感)、違う方法でアプローチしています。

 

| | コメント (0)

経営学部や経済学部があるのに経営赤字の大学

日本には、沢山の大学があります。ググったところ793校だそうです。

その中で、赤字の大学や、入学定員に満たない大学は、東洋経済等の記事によれば、半数を超えています。

その中には、無風凧も知っている(友人がいる)大学で、経済学部や経営学部(もしくはそれに準ずる学部)を持っています。

無風凧は思うのです。経済学部や経営学部があるのに、なぜ赤字になるの? 先生方の研究成果が実は正しくない、ということの証左ではないのか?と。

実際は。

不思議なことに教員はあくまで教員。学校の運営に携わることはありません。それは広報系についても同様で、広告論の教員が居ても、そのアイデアや実績が学校の広報活動に生かされることは、無風凧の知っている限りでは皆無です。2つ理由があります。

一つ目は、純粋に研究目的の教員の場合、調査や研究は得意だけど実務に落とせない。これは仕方がないかなあ、、、と思います。

もう一つは、経営陣が教員の研究結果や理論や結果・知識に疎い場合。つまり、教員は「教えるマシン」であればよいと思っていて、あくまで経営は自分たちの仕事だと縦割りにしている場合。さらには、教員からの意見に耳を貸さないという場合もあるようです。

後者って。

自分の学校の教員の実力を信じていない、ということ以外の何物でもないような気がします。ちょっと極論過ぎますか?

このように考えると。

経済学部・経営系学部があるのに赤字になっている大学は、ガバナンスに問題がある証拠と結論できます。

注: 経済学部でも、例えば組織論を専門にしていると、なかなか経営に結びついていかない、と思う方もいらっしゃると思いますが、あにはからんや。組織がきっちりできていれば、経営はうまく回るものです。これは無風凧の経験上の話。

| | コメント (0)

マイナカードでまた炎上!

河野大臣の発言が、また炎上しました。能登震災に関連して「避難するときはマイナカードを一緒に持ちましょう(無風凧の意訳)」(コチラ など参照)。

元来、マイナカードのみならず電子マネーも、電気が正常に供給されているという前提で、提供されているビジネス。電気が供給されていない状態では、何ともなりません。付け加えると、「ネットワーク(インターネット)」が遅滞なく動いているとともに、カードリーダーが正常に機能していることも要求されます。これらが提供されていない限り、無用の長物、と化してしまいます。

震災環境下でのマイナカードは、すべての前提が動いていない状態ですから、「無用の長物」となっているわけです。

勿論、復興したときには十分機能を果たすでしょう。でも、それは、緊急時の対応ではない。平時に対策です。

平時において、緊急時(予想外の事態)に備えることは、リスク管理の基本。その基本を考えれば、「電気が無い状態」を想定することは容易です。つまり、マイナカードは、緊急時には使えない。

同様に、電子マネーも、キャッシュカードも、緊急時には使えません。結局現金のみ、、、ということになってしまいます。保険証でいうなら紙の保険証、、、

無風凧的には、なぜそれを河野さんは理解できないのか、理解に苦しみます。

# いずれにしても、利点だけを述べて、弱点を説明しないという姿勢は、疑問ですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧