みずほ銀行ATM事故

みずほ銀行のATMが使えない、という状況が続いています(コチラ など参照)。

情報を集めきれていはいないのですが、ネット上の情報などを集めると。

1) みずほの直営ATMで不具合が続いている。
2) お金が出ないだけではなく、キャッシュカードや通帳も排出されない

のだそうです。これに対して、みずほ銀行の対応は、、、、

A) コンビニATMなどを使うようにアナウンス
B) 排出されないキャッシュカードや通帳は後日郵送

なのだそうです。

これは、、、電子マネーが主流になるであろう近未来の問題を、現代の環境下で示してくれたようなものでしょう。

ここからは、キャッシュカードの返却がなく、現金も手にできなかった人の気持ちで読んでください。

1) 今晩の夕食の現金がない状態なのに、どうしろっていうの?

2) しかも、キャッシュカードが戻ってないから、コンビニATMにもいけないじゃない!

3) 更に、キャッシュカードが取られたままだ、っていうこと、誰も保証してくれないのは不安です。本当に戻ってくるの?

これらは、一般ユーザーは、全く悪くないのに、、、イライラして、時間も費やして、その上下手をすると余計な交通費が今後必要になるかもしれなくて、、、、最悪、キャッシュカードが戻ってこない可能性もある。馬鹿げていると笑うことは簡単ですが、銀行側は、せいぜい「お詫び」を窓ガラスに貼って、ホームページで謝罪する程度でしょうね。補償は100%、無いであろうと断言しておきます。

世の中、便利になればなるほど、一つの手違いで、こういうことが起きるわけです。テクノロジーへの盲信は、リスクが伴うことを認識してほしいと思います。

さて。

今回は、ある意味では影響の範囲が小さくてよかった、とも言えます(被害に会われた方、ごめんなさい)。もし。電子マネーが主流になった時代にで、完全な停電になってしまったことを考えてみましょう。そう。誰も何も買い物ができない、ということになります。3年ほど前、とある町の郵便局が停電になった時に、業務が完全に止まってしまいました。切手一枚、売ることができない。というのは、売上台帳が電子化されていて、手書きの売上台帳を扱うことができる事務員さんがいない、、、という理由でした。これなども、DXに対する「リスク対策」がなされていないものの一つです。

ちょっと勢い余って前のめりになってしまいましたが、、、今回のみずほの例をしっかりと勉強して、停電に強いDX社会を作ってほしいと思います。平井さん、責任は重大ですよ。

 

 

| | コメント (0)

COVID-19: 感染拡大と足利の山火事

足利の山火事がようやく下火になって来たそうです(コチラ 参照)。消防団の方々をはじめとして、対策された全ての方の努力に敬意を表するとともに、被災された方にお見舞い申し上げます。

この山火事。ようやく下火になって来ましたが、、、ここで気を抜くと、いつ再燃するか、わかりません。再燃をしないように、完全な鎮火を目指しています。

これと同様に。COVID-19も首都圏を覗くと、減少傾向にあります。首都圏も、一時期に比べれば随分感染拡大が小さくなっています。ここで気を抜くと、山火事と同じく感染の際拡大が始まることは、火を見るよりも明らか。

その意味では、現時点ではまだ、GOTOの話をしたり「解除後の話」をするより、「いかに根治を目指すか」を論じる時期であることがお分かりいただけると思います。

山火事とCOVID-19. 数理的には、基本の対応方法は同じ。でも、現実は、、、なぜにこんなにも違うのでしょうか?

 

| | コメント (0)

COVID-19: アスベストとワクチン

COVID-19のワクチン摂取が始まりました。まずは一安心、と思っている方も多いと思います。

ここから先は、純粋に科学の話だと思って読んで下さい。

ワクチンの副反応についてです。今の所、重大な副反応はない、ということになっているようですが、10年後はどうでしょうか?

ここで思い出されるのがアスベスト。綺麗で安価、という理由で建築材料として広範囲で使われていましたが、今は、完全にNG。当時のアスベストの被害すら、問題になっています。

同様に。ワクチンも数十年後の副反応が問題になることはないでしょうか?例えば、、、ワクチンを摂取した人の子供は、無精子症になる、なんてことが、今回の治験では得られていない結果です。もちろん、起きてほしいと思っているわけではありませんし、想定された薬効だけになって欲しいと思っていますが、今回の認可はあまりに早い。

感染拡大とのバーターでの認可であるのなら、仕方がないことかもしれません。でも。オリンピックを開催するためのワクチン認可だったとしたら、、、オリンピック精神を裏切っていることインなります。

このように考えると、やはり認可は早すぎたのではないか、と思わざるを得ません。皆様はいかがお考えになりますか?

 

| | コメント (0)

COVID-19: 何か変わったのか?(「お題の記事を書いてポイントゲット」参加中)

日本が「COVID-19狂想曲」に踊らされるようになった一年以上。というのも、ダイヤモンドプリンセス号からの下船が昨年の2月19日でした。言葉を選ばなくてはなりませんが、この時点での下船の判断、および、水際対策の不完全さが、結局「狂想曲のプレリュード」です。その後、色々な変奏をしながら狂想曲は続いています。

では、無風凧の生活は何か変わったのか?

実際問題、「実際の行動」に変わったところはたくさんあります。例えば。

マスク常時着用している、帰宅時にアルコール消毒をする、NOMADワーク(喫茶店などをハシゴしながらの仕事)をしない、オンラインの打ち合わせが増えた、などは主な行動の変化でしょうか。一時期、毎日感染者数情報を集めて感染拡大のモデルをつくり、予測解析をしたのも、行動変化の一つかもしれません(死んだ子の年齢を数えるようですが、無風凧の予測を信じてく施策してくれていれば、今のような状態にはなっていない。経済インパクトももっと小さい)。

しかし。

「行動原理=行動にいたる考え方」には全く変化がありません。季節性インフル、SARSが猛威を振るいかけた時の初動、そして、台風対策、日々の地震対策、、、などなど、備えあれば憂いなし、の考え方の下、リスク対策をしています。解析モデルを作成するのも、無風凧にとってはDNAレベルで当然の行動です。

その意味では、「無風凧の生活は何も変わっていない!」と断言します!

 

| | コメント (0)

COVID-19: 変異株

新規感染者数は、減少しています。下げ止まりしている、という分析もありますし、リバウンドの兆候だという報道もあります。それぞれ、「どのようなモデルに基づく将来予測か」を示していないので、井戸端会議程度の情報だと、無風凧は認識しています。

そんな中で。

皆さんに是非、注意を喚起したいことがあります。それは、変異株の話。

イギリス変異株や、アフリカ系の変異株などが取りざたされて、水際対策の重要性は各所で論じられています。でも、意外と手薄なのは「国内変異株」の可能性。

変異は、簡単に言えば、RNAのコピーミスによって生じます。このコピーミスは、確率的に起きるものであり、「コピー回数の総数が増えるとコピーミスの回数も増える」のは当然の理。つまり、変異が起きやすくなります。変異したものの中で、さらに後世に受け継がれて行くと、「変異株」として認められるようになり、場合によっては猛威を振るうことになります。

世界の感染者数の中で、日本は特段多い方ではない、と思っていらっしゃる方は多いかもしれません。事実、累積感染者数ベースで考えると0.4%程度です、、、が、変異が起きないと断定することはできません。逆に言えば、日本に特化したキラー因子を持つ変異が起きやすい、とも言えます。

決して、不安を煽るつもりで書いているわけではありません。でも、感染者数が増えるとそれだけ変異の可能性も高まる。そのことを十分理解して、感染拡大防止に務めて欲しいと思います。

| | コメント (0)

COVID-19: 一年前の記事を読み返してみた。

無風凧のブログ。今日で4687日目です。

気まぐれで、去年の今日、つまり2020年2月20日の記事を読み返してみました(こちら)。

改めて、、、驚きました。当時は、イベント自粛はしない、と当時の加藤厚生労働大臣が豪語していたんですね。結果が今の惨状です。もちろん、「イベント自粛しない」だけが原因ではありませんが、当時の安倍内閣の方針自体が、今の惨状を生み出したことは、歴史が証明してくれるでしょう。

ファイザー社のワクチンが認可され、日本でも接種が始まりました。菅さんを始め、今の内閣はワクチンに過剰な期待をしているように思います。国民も、なんとなくではありますが、「緊急事態宣言慣れ」した感じがします。他国の「ロックダウン」ほど厳しい規制をしていないせいでもアリますが、随分と「対策が甘くなってきている」感じがします。

当時(つまり一年前)、無風凧は、サイエンティストコントロールのCOVID-19対策を声高に叫んでいました。今でもその重要性は強く感じています。でも、いまだに実現していません。感染症対策の専門家は、複雑系の専門家ではありません。いまだにSEIRベースで予測をする、、、信じられません。

などなど。一年経っても日本は変わっていない。安倍さんから菅さんに変わっても改善が認められない、、、どうすれば良いのか、悩んでいる無風凧です。

| | コメント (0)

わんこファーストで考えると(GACKT氏の飼育犬譲渡)

芸能人のGackt氏が、自分の飼っていたわんこをペットロスの友人に譲渡したことが、最近、炎上しています。

無風凧も愛犬家の一人として、自分のわんこを人に譲渡するか?と訊かれたら、「絶対にしない!」と答えます。おそらく、愛犬家を自認する方の全ては、そのように答えることでしょう(だから炎上している)(注)。

が。

今回のGackt氏の譲渡を、わんこ(Gackt氏の飼っていたトイプードル)の立場で考えてみましょう。Gackt氏の元にいた場合と、友人女性と一緒に暮らした場合、どちらが幸せな一生を過ごすことができるか?

「友人女性」

ということで、一致するのではないでしょうか?最初は、「捨てられた」と思い悲しい思いをするかもしれませんが、まだ飼って5か月のわんこだとか。五か月と言えば、ちょっと長めにペットショップにいたわんこと同じ程度です。きっと新しい飼い主さんに愛されて、嫌な思い出も忘れ、楽しい犬生を過ごすことになると思います。少なくとも、「愛犬として扱ってくれなかったGackt氏の元にいる」よりは幸福です。

このように、「わんこファースト」で考えると、今回の譲渡は、決して悪いものではなかったな、と思う無風凧です。

(注) 例外が幾つかあって、例えば自分が急病になり、満足な飼育ができなくなった場合など、わんこファーストで考えて、より幸せな環境に移行するための譲渡、というのは、愛犬家なら誰でも考えることでしょう。

 

| | コメント (0)

藤井二冠の高校中退に考える(大学は変わらなくてはならないのか?)

昨日、「将棋の藤井聡太二冠高校退学」のニュースが日本中を吹き荒れました(コチラなど参照)。皆様はどのように感じられたでしょうか?

Yahooのコメントなどを読んでいたら、「卒業まであと一か月だからもったいない」という意見はあるものの、将棋に邁進しようとする姿勢に概ね好意的に受け取られているようです。

藤井二冠は、、、将棋の世界ではすでに第一人者、と言ってい過言ではない実績と評価を受けているので、退学という判断を世論は受け入れることができたのだと思います。では、今回の退学を高校側の視点で見てみましょう。

高校は、入学を許可したものとして、卒業させたいと思わなかったのか?

もし、卒業させるとして、単位不足にどのように対応するのか?留年だろうか?(近年では、女優の土屋太凰さんの留年が話題になりましたね)。藤井二冠から「将棋のタイトル保持者」という個人特性を外してしまえば、単なる単位不足、出席状況最悪の問題児、ということになります。卒業させるためには、高校側にそれ相応の負荷がかかることになります。

しかし、入学生に対して、留年性や退学性の多さは、学校としては「マイナス」の評価を受けてしまいます。だから、よほどのことが無い限り(刑事事件を起こすか、学費滞納が酷くコストに見合わない場合など)、無理でも卒業をさせようとします。加えて、一人分の学費源を失わないために。

これは、一般の大学と一般の学生にも言えることです。(ここからが本題)。

大学は高校以上に「自主性」が求められる、という前提で話を進めます。なにせ、義務教育ではないのですから。

「大学に通いたい、学びたい、卒業したい」というのは個人の意志です。この意志は、もちろん周囲の環境にもよるでしょうが、最終的には個人の判断にならざるを得ません(イジメなどの外部要因を除いた、ストレートな議論です)。

この意志尊重なくして、大学がかわることができるでしょうか?言い換えれば、大学も「評価」されます。就職率や論文数、そして留年や退学者数など、色々な軸で見られています。その結果、「学生の自由意思=退学意志」が、大学側の都合で阻害されているのが(少なくともFランに近い大学では)実情です。

退学が、藤井二冠だから祝福される、他の学生なら落ちこぼれの烙印が押される、ということがあってはならない、と言えるのではないでしょうか。これは、大学がかわらなくてはならない、大きなポイントです。、、勿論、大学を評価する文科省や、世論も含めて、ですが。

 

 

| | コメント (0)

N国の立花さん、助けてください!

NHKさん、これはちょっと酷くないですか? N国の立花さん、助けてください!

無風凧に相談してきた方は、地上波デジタルの難視聴地域なのだそうです。難視聴地域ということで、民法は勿論NHKも映りません。でも! テレビを持っていたら、NHKの受信料を払わなくてはならないのだそうです。、、、これ、おかしくないですか? 

そして。

これには続きがあって。ケーブルテレビならNHKが映るのだそうだ。ただ、、、ケーブルテレビの料金は、視聴者の支払。その上で、NHKの料金も減額なし。たしか、日本放送協会放送受信規約によると、難視聴地域地域は特別契約になるはずだけど、、、それも無しなのだそうです。

ちなみに。

NHKのホームページによれば、受信料を受け取る理由として「公共の福祉のために、あまねく日本全国で受信できるように放送を行うこと」を挙げています(コチラ 参照)。 額面通りにこの文章を読むと、NHKの受信料を払えば、ケーブルテレビの費用は払わずにNHKを見ることができると読めるのですが、、、あまねく の意味を取り違えていますか? これは、放送法内の矛盾点だと思うのですが、、、立花さん、助けてください。

改めて、立花さん。

NHKを見ない人にはスクランブルで対応するという主張は、無風凧は応援します。真面目に、それが正しいと思います。それと同時に、NHKは見るけど、そのために「余計な費用を払わざるを得ない人」への救済もお願いします。

 

| | コメント (0)

COVID-19: 創造的な教育環境を構築するために(大学は変わらなくてはならないのか)

COVID-19の影響で、大学は言うに及ばず小中高でも「教育」方法の変更を余儀無くされています。端的に言えば、遠隔講義は、全ての教員に取って今は必須のスキルと言っても過言ではない。

ここで、ラーニングピラミッド を思い出してみましょう。(ご存知ない方はググってください)。

講義<読む<ビデオ<実験<討議<体験<教える

の順番に教育効果があるとされています。(もちろん、右のほうが効果がある)。

ラーニングピラミッドを信じるとすると(無風凧は、ラーニングピラミッドのエビデンスを見つけていない)、これまでの大学で行われたいた「講義」は、最も「効率の悪い」学修方法であると言わざるを得ません。文科省は、金科玉条のごとく「大学に対面講義の復活」を叫んでいますが、rーニングピラミッドを信じる限り、「講義」以上の効率的な学修方法へ「変わる」必要があると断言できます。

少なくとも、大学は変わらなければならない、論拠がここに一つ見つかりました。そして、文科省がその「変化」を阻害する要因であることも。もし、日本の国力を上げるために教育を変えていかなくてはならない、と考えるならば、文科省自体も変わらねばなりません。

より詳しくは後日。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧