司法と法を監督する仕組みの必要性

ここ数日、ゴーン氏のレバノン逃亡記事を追いかけています。

マスゴミの論調、、、特に、「法律関係に詳しい識者」の意見として、「もし潔白なら、まず日本の裁判所で無罪を勝ち取るべきだ」という論調が大勢を占めているように思います。

悪法と言えども法、という言葉もありますし、郷に入りては郷に従え、という諺もありますから、上記のように「日本の裁判を受ける」という主張は一見正しく見えます。

しかし。

ここで皆様に注意してほしいことは、「裁判所は公平な判断を下す」という前提を皆様が持っている、ということです。もちろん、日本人として無風凧もそれを信じていますが、ゴーン氏にとってはいかがでしょうか?

人質司法、と呼ばれる日本の司法制度自体に「問題提起」しています。この問題提起は、どこに提起すべきですか?日本の司法制度に対してゴーン氏が行わないことは、火を見るより明らか。そのように考えれば、「緊急避難」的な意味での「出国」となります。(緊急避難であれば、殺人罪も問えないことを思い出して下さい)。

裁判の参審制をはじめとして、日本の司法制度は、「法律に鑑みて」どのように対応すべきかは非常に慎重な制度だと思いますが、司法制度自体に対する「自浄作用」は内包していないのです。

その意味で、ゴーン氏の意見と検察の意見を「アウフヘーベン」する仕組みが必要になってくるでしょう。過去に「自白強要」が生み出してきた冤罪事件の例を持ち出すまでもなく、司法制度自体を「監督する」仕組みが必要です。

無風凧は、この記事において、ゴーン氏の応援をするものではありません。ただ、「司法制度自体を監督する」仕組みの必要性を主張しています。

# 勿論、この議論は、「司法制度を監督する仕組み」を監督する仕組み、さらには、『「司法制度を監督する仕組み」を監督する仕組み』を監督する仕組み、、、となり、システム論的には永久に解決しない課題あろうとも思っています。でも最終的に「世論の多数決であってはならない」とも思っています。

| | コメント (0)

ハードクレーマーの増加の裏には、企業側のマニュアル対応がある。

流石に、開いた口が塞がらない、、、という事件がおきました。以下は、ねとらぼの記事(こちら)が「全部正しい」という前提で話を進めます。無風凧の経験から言って、大筋正しいだろうな、と思っています。

少し長いですが、上記記事から、無風凧が着目した部分を引用します。

---- 引用開始 ----

 今回の件についてNTTドコモに問い合わせたところ、次のような回答がありました。

「ツイートにあるような不適切な内容のメモを、お客さまにお渡ししてしまったことは事実です。その他、詳細な経緯等については、現在調査中です」・・・A

「このような事態が発生したことを重く受け止めるとともに、お客様にご不快な思いをさせてしまったことを大変申し訳ないと考えております」・・・B

「ドコモのお客様窓口では、適正な販売およびコンプライアンス意識の向上について、定期的な研修などで知識の習得や応対スキルの向上、コンプライアンス意識の醸成等に努めておりますが・・・C、改めて、当該店舗だけではなく全店舗に対して今まで以上に指導徹底し、再発防止に努めてまいります・・・・D」

--- 引用ここまで(A,B,C,Dは無風凧の加筆) ---

NTTドコモの回答を読んで、みなさまどのように感じますか?

おそらく、、、

1) 謝罪しているように見えない
2) 回答者は、当事者意識がない
3) マニュアルに書いてある内容をコピペした感じだ
4) 不快な思いをさせたことに対する「自らのペナルティーも被害者への補償もない」
5) キット、明日には忘れているのだろうな
6) ハードクレーマーに突っ込まれないように、言葉は選ばなきゃ。
7) 自分が謝罪担当者になったのは、不運なんだ、、、等々

と思っているだろうな、感じる人が多いのではないでしょうか?

こんな回答を、もし当事者が受けたとしたら、温厚な方でもハードクレーマーになってしまうかもしれません。

最近、ハードクレーマーとかモンスタークレーマーという言葉が聞かれますが、上記記事を読む限りにおいては、ハードクレーマーを育てているのは企業側。もっと言えば、企業側のマニュアル的な対応ということができるでしょう。

間違いがあったことは仕方がない。それが事実であれば、まずは被害者の気持ちが晴れるようにするにはどうするか、からスタートしなくては、解決には繋がりません。金銭的に損失を与えていなくても、「イライラさせたり」「時間を必要以上に使わせたり」という意味では損害を与えているのですから。ある意味では、傷害事件と同じ程度に扱わなくてはならない案件です。もしこれがトラウマになって「ケータイは使えない」という適応障害を発症したら、NTTドコモはどうするのでしょう?今の法律なら「無罪」かもしれませんが、どう考えてもフェアではありません。

先日の筑西市のふるさと納税の問題も根は同じです。間違いを犯した方が、まずは真摯に被害者への損失を補填するところから始めなくてはなりません。

| | コメント (0)

ゴーン氏最大の失敗

1月8日に行われたカルロス・ゴーン前日産会長の「懇親会」は、大変興味深いものでした。と言っても、ちょと視点が違うかもしれません。

無風凧が着目したのは「クーデター」発言。自分の身の潔白を主張したかったのだろう、と推察します。

でも。

古来、クーデターは「圧政下における被支配者層」が起こすものと相場が決まっています。人心を掌握している為政者に、「クーデター」での失脚はありえません。つまり、ゴーン氏が自ら「人心を掌握していなかった」ことを暴露しているわけです。

経営者、という立場を今後も貫きたいのであれば、「クーデター」発言はゴーン氏最大の失敗、です。

# 「クーデター発言」に比べると、ゴーンチルドレンの好遇とかパワハラ発言とか人質司法発言とか違法出国など、取るに足りない汚点です。

 

| | コメント (0)

価値は物品の貨幣価値だけではない。

またまた、、、起きちゃいましたね、法人の「無責任な責任の取り方」(コチラ 参照)。

この事件、事の発端は、ふるさと納税と返礼品の問題。ふるさと納税の返礼として「おせち料理」を届ける予定だった筑西市ですが、予定数を超えたために350個以上、おせち料理を発送できなかった、という事件です。ただ「送れなかった」だけではなく、「送ることができない」ことを連絡したのが元日の朝だった(Too Late)、というのも事件だと思いますし、筑西市の発表した「寄付金を返還するか代わりの返礼品を贈るなど」の対応も、無風凧には「事件」だと思います。

まず、ここで大切なことは「おせち料理」と銘打っていることです。おせち料理は、お正月に食べるもの。当然ではありますが、「伝統・文化」の結晶でもあります。神社に奉納する榊が特別なものであるように、卒業証書が単なる紙とは異なるように、受け取る方にしてみれば、ただの「料理(食料)」ではありません。おせち料理の謂れ、を孫に説明するつもりだった田舎の老夫婦の「楽しみ」まで奪ったのかもしれません。そのような「価値」はどのように責任を取るのでしょうね?

そもそも。おせち料理は、正月三が日に火を使わなくて良いようにするために、重詰めにしているもの。一説には、女性の家事負担からの解放の意味もあると言われています。加えて、おせち料理が届くことがわかっていたら、「おせち料理分の食料は用意していない」のが一般家庭だと思います。それが、、、元旦に「おせち料理が届きません」という連絡があったとしたら、、、買い物に行こうにもスーパーは休み。正月から火を使って調理して、、、となると、日本の正月の風景ではなくなります。このような「価値」に対してはどのように責任を取るのでしょうね?

物品価値だけではなく、伝統的な価値、期間的な価値、コミュニケーションの価値、、、、いろいろな価値が複合していることに気がつくことでしょう。損失は、「物品価値の貨幣価値」だけではい、ことが理解できると思います。

ここまで考えたうえで、筑西市の謝罪会見は、、、

「寄付金を返還するか代わりの返礼品を贈るなど」

どのような返礼品を贈るのでしょうか?何の「代わり」を贈るのでしょうか?すでに失った時間価値は「代わり」が効かないものだと思うのですけど。

さらに加えて。損失を与えた人に対するペナルティーはどのように扱われるのでしょうか?「想定以上の申し込みだった」、ということは、想定があったわけです。その時点で「打ち切る」という選択もあったわけで、それを行わなかった人は「以後気をつけます」だけで、責任を果たしたことになるのでしょうか?

この「おせち料理事件」は、無風凧の唱える「ナチュラルリスク(確率的に避けられないリスク)」ではありません。完全に人為的なもの。人為的なものであれば、行為者がいる。その行為者の行う「補償」「責任」をつまびらかにして欲しい。それがなされないままで「なあなあ」で、日が経つと忘れてしまう、、、ことが、結果として「日本をダメにしていく」ことに早く気がついて欲しいですね。

 

 

| | コメント (0)

Story Editorを使いながら考える。

昨日の続き。

Story Editor via Wine on Mac OSは、非常に快適に動いていて、無風凧としてはとても嬉しい。そして、このソフトが「なぜ使いやすいのだろう?」と思いを巡らせました。

以前にも書いたのですが、無風凧としては、Officeは、Office XP〜2003時代が一番好きですし、今でも自宅オフィスで資料を作る際はついついOffice2010で作っています。365や2016も持ってはいるし、実装もしてますが、出番が少ない。そして、、、無風凧が使いやすいと思っているStory Editorは、多分2000年ちょうど頃のソフトウエアです。GUIとCUIの中間みたいな表向きで、とても年代をい感じます、、、でも、使いやすい。

無風凧が、テクノロジーの進歩について行けなくなったから、でしょうか?

それとも、単に「慣れ」の問題でしょうか?

いずれも、無風凧は、「否」と答えます。今回、Story Editorを使って気が付いたことは

「必要最低限の機能だけだから、返って、工夫次第で無限に可能性を持っている」

「ボタンやUIが少ないから、思考空間(文書を書くペイン)が広い」

ということ。最近のソフトは、いろいろな自動化がなされていることにより、「便利」なように見えてその実「思い通りには動かない」。。。結局、覚えなくてはならない「お作法」がどんどん増え、そしてソフトウエアの更新のたびに変化する。

アプリが賢くなって、自動でいろいろな用意をしてくれる分、人間が「操作に頭を使う」必要がなくなっただけでなく、「起承転結」をはじめとする文章構造・プレゼンテーションの流れすら、お仕着せになってしまい、創意工夫を入れるのが大変になっている。

などなど、、「頭を使う」人は昔のソフトウエアの方が「頭を使う時間」が長くなっているから、使いやすいと感じる。目から入る「自分の書いたコンテンツの内容情報が多い」から、推敲が楽に進むから使いやすい。。。。

これって、AIが進んで、Recommendationがより的確になると、人の「欲望」すらAIに牛耳られるのではないか、というSFと同じ構造です。無風凧はそれに対するアンチテーゼなんだと思います。

筆が止まらなくなりそうだから、今日はここまで。最後のアナログ世代のつぶやきでした。

 

| | コメント (0)

大学は何のためにあるのか?

無風凧の大好きな箱根駅伝。今年は、強い青山学院大学が戻ってきて、復活優勝しました。青学関係者の皆様、おめでとうございます。

青学のトレーニングの風景などは、四連覇の時にマスゴミなどで報道されました。若干の脚色があるだろうとは思うものの、青学の強さの秘密は徹底した科学的トレー二ング(Physical、Mental、Eqipment全てに)に立脚したものである、と言えましょう。もちろん、今年の好成績に「厚底シューズ」の影響も無視することはできないでしょうが、それも含めて徹底した科学の裏付けがなされているようです。

さて。ここからが今日の主張です。(コチラ も参照してください)。

無風凧の出身大学もそうでしたが、いわゆる「体育会系」な学生がいます。彼ら彼女らは、「学業よりも体育会活動」が優先されることがおうおうにして許されています。例えば、対外試合の場合に認められる「公欠」なども一つの例ですね。

このような学生は、、、大学の建学の精神や、アドミッションポリシー、それより何より、教育基本法の大学の本分・目的を逸脱しています。

そこで改めて、問いたくなります。「大学は何のためにあるのか?」

大学は、体育会系の学生にとっては「体育系の活動」の場を提供してくれる存在以外の何物でもありません(卒業証書、という肩書きもあるかもしれませんが)。少し乱暴な言い方ですが、大学の本分で無い以上、「選手個人の趣味」ということができます。彼らが趣味を謳歌するために、、、私たちの税金が使われています。少なくとも、「補助金」という形で大学に配布され、その幾許かは体育会系活動の活動資金となっています。このように考えると、もう一度考えたくなりませんか?

「大学は何のためにあるのか?」

教育基本法が変わり、新しい教育機関として「専門職大学」「専門職短期大学」というものができました。これを機会に、サイド「大学は何のためにあるのか」を本気で論じる時期に来ていると無風凧は考えます。

# 無風凧的には、大学が多過ぎる、と思っています。職業訓練校や専門学校が一条校大学を名乗っているので、本来の「大学」との区別が必要だと、と言い換えても良いかもしれません。

| | コメント (0)

正しい行為、とは何か。カルロス・ゴーン氏出国に考える。

年末年始、超ド級の記事が飛び込んできましたね。元日産のカルロス・ゴーン氏が出国しました。

カルロス・ゴーン氏の「特別背任などの罪状」に関しては、今日の記事とは関係ありません。出国することができた日本のセキュリティーの甘さも横に置いておきましょう。「正しい」とは何かを考えるきっかけにしたいと思います。

マスゴミ報道は、どこまで正確か、「裏(Evidence)」が不明なので(もっと言えば、警察の発表や地検特捜の発表も、「事実全部を公平に発表しているとの信頼はできない」ので)、次のように事実を簡略化します。

1)地検から見れば、ゴーンは特別背任等に関して有罪の可能性が高い。
2)もちろん、ゴーンは無罪だと信じている。
3)裁判所は、有罪無罪の決定がなされていないので、出国を禁じた。

ここまでは、「事実」といって良いと思います。

ゴーンが有罪なら、逮捕・拘留は、法律的にも正しい。でも無罪なら、「不当な勾留」となります。これを「不当」としないというのが上述3)なわけです。言い換えれば、「疑わしきを罰して」も、お咎め無し、というのが3)の主張です。ゴーンの立場で考えれば、残り少ない人生の大半を軟禁状態(?)で過ごすことになるわけです。加えて、自分が無罪だった場合にはその間の「補償」は無いに等しいわけですから、たまったものではありません。

無罪だった場合、この勾留(=ある意味の罰)は正しい処理でしょうか?

その上で。

もう一つここで考えなくてはならないのは、理由はどうであれ、「出国した」事実が、新たな「犯罪」です。。。特別背任が無罪だった場合にも、出国したことに関しては刑事罰が待っている。

「正しいか否かわからない状態であるにもかかわらず、必ず罰せられる」仕組みが、成立しているわけです。これは「正しい」司法の在り方でしょうか?

後者の「司法のあり方」の例は、他にも見つけることができます。パナソニックと闘った「ハケンの壮絶な半生」(コチラ 参照)にあるように、意思決定者(この場合は、雇用主)の合法的な制裁(良い言葉が見つからない)がなされたのと同じく、正しいものが冷や飯を食う仕組みが法律の中に内在しているわけです。

正しい、とは何か。改めて考えさせられます。

| | コメント (0)

安全地帯に逃げ込む郵政三社のトップ

12/27、かんぽの不正販売の「責任を取る」という名目で、郵政三社のトップが「安全地帯に逃げ込む」ことを発表しました(こちら など参照)。「責任を取って」役員報酬を減額はしますが「減額しても平均以上の給与」を受け取るんだそうです。

無風凧の目から見えれば、郵政の三人は、「安全地帯に逃げ込んだ」以外の何物でもありません。

再発防止以前に、「損害を受けた人への補償」はどうなってますか?経営者の責任とは、

「被害を受けた人が納得する行為」

をもって責任を果たしたことになることは言うまでもありません。それも出来ていないのに、減額しているとはいえのほほんと報酬を受け取り、「再発防止を連呼する」だけで責任を果たしたことにして、「辞任という形の逃げ込み」、、、あまりに呆れてしまい、言葉になりません。

過去に。経営者として失格な時期があったから、かんぽの不正販売問題が起きました。少なくとも不正販売期間の「役員報酬全額」を損害した人への補填に回すのは、国民感情としては「当たり前」だと思うのですが、その時期の報酬に関しては「お咎め無し」。

あまりに可笑しくて、噴飯してしまいます。、、、そうか、彼らは法律に守られた「上級国民」ということでしょうか?

巨大組織の「上の方」の人は、、、よく経営責任を取る、と言いますが、その責任が何であるかは、国民感情とは乖離があります。またか、と無風凧は憤りをかくせません。

| | コメント (0)

法律と世論の狭間

ここ数日、ネットやマスゴミが騒いでいるのが、「余った給食」問題。(こちら など参照)

要は、「余った給食を教師が自宅に持ち帰るのは、横領か否か」ということです。言うまでもありませんが、「廃棄=勿体無い」という国民感情=世論が働いています。加えて、衛生問題も絡んでいるのでややこしい。

もう一つ、給食ではなくロケ弁などで起きるものですが「万が一のための予備」をどのように見こむか、ということまで考慮すると、余って当然という状態が生じるわけで、さて、このような問題、あなたならどうしますか?

無風凧的には、一刀両断です。これは、運用がまずい、の一言です。

「余った給食は、担当の○○さんが持って帰る。」

というルールを作っておけば良い。もし衛生が問題になりそうなら、「当該持ち帰り分に関しては、その補償は行わない」というルールを作っておけば良い。

そして、それができていない今は、「裁判員裁判にして、有罪無罪を問う」です。

そもそも。勿体無い、はコモンセンスであり、恐らくは法律より上位の概念です。コモンセンスに反することが自明な場合や、コモンセンスがぶつかり合い、決着がつかない場合は、成文法で解決するのが日本の法体系の基本です。現時点では、「自明ではなく、ぶつかり合っている」状態ですから、コモンセンスを決定しなくてはなりません。。。。それが裁判員裁判。

このように考えると、「法律を盾に横領だ」という意見は些か行き過ぎな感じがする、というのが無風凧の「常識」です。

いスレにせよ、欠席者がいたり、予備を考えたり、、、で必ず余りが出る給食。その余りを「ルール」にしておくことは、悪いことではありません。

| | コメント (0)

イエスかノーか

最近、イエスかノーか、を問う質問に対して、イエスかノーかが返って来ない、と言うシーンに良く出会います。国会中継はその最たるものですが、無風凧の日々の会話の中でも増えています。

ほかにも、なぜ?の問いにたいしては、何故なら、を回答して初めて会話として成立するのですが、そうはならない会話が多い。

何が原因なのでしょうか?

個人的には、「マニュアル」の存在があるように思います。ツイッターも原因の一つでしょう。もう一つはバラエティー番組でしょうか。

皆様、悪い例を真似する必要はありません。自分で考えて正しい会話をして下さい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧