公共サービスと需供関係

学校の先生が足りない。とても深刻な問題です。(コチラ など参照)

なぜか。ブラック企業化している、というのが通り相場です。

でも、その理由について言及しているものは少ないように思います。とはいえ、言及しているものも散見されます。

教員数の供給量が、需要量に見合っていない。給与の均衡価格に収束していない。

ここまでなら、ちょっと経済学を学んだ人なら常識です。ここで、2つの課題があります。

一つ目は、教員数は、供給量附則にならないように常に過供給の状態で平衡しなくてはならないこと。つまり、経営的には常に赤字(というか、赤字方向のロスを見込まなくてはならない)ということ。営利組織の経営者なら、看過できないことです。また、公教育の場合は、、、「市民の目」があるので、さらに厳しいかもしれません。

もう一つも、よく議論に上りますが、教員不足の文脈ではあまり出てこないかもしれません。

教育の質の向上、が求められているということです。上述の需給関係でいうなら、一人の教員あたりの「生徒数が減る」=「教員単価が上がる」という作用があります。なので、生徒数も教員数も変わらないくても、教員単価が上がる=供給量が足りない状況になる、ということになります。この作用、戦後は60人学級が当たり前だったのが、今や20人学級、ということでもわかることと思います。

最終的に何が言いたいか、というと。

日本国憲法で義務とされている「教育」が、公的サービスである限り、今後解決できない問題である、ということです。いつまでたっても、どこまで行っても教員数は足りない。ブラックな状況。教員数を増やせば、その分教育の質が上がるから、「更に教育の質を上げる圧力」が加わる。よって、またまた教員数が必要になってくる。

これを解決するには、「義務教育という制度を辞める」しか、原理的には手段がなくなります。

かくして、、、教育の世界も競争原理が復活すると思っています。

 

| | コメント (0)

評価・判定

今日のプロ野球、面白いシーンがあったそうです。ロッテの佐々木投手の投球に対して、球審(白井球審)が詰め寄ったらしい(コチラ など参照)。

佐々木投手に、投球判定に対する不満があったかどうかはわかりませんが、この記事を読んで、「評価・判定」についてちょっと書く気になりました。

評価や判定は、皆様「公平である」ことが大前提であることは論を待たないと思います。そして、この公平が幻想であることも。

上述の佐々木投手の例でいえば、投球判定に不満がおきるということはあります。それに対して、感情が出ること、それを止めることはできないでしょう。アンガーマネジメントに長けている人なら抑えることが可能かもしれませんが、実際は無理でしょう。そのうえで。「判定が正しいか」という別議論があります。この点も、上述の佐々木投手の例は示しています。

感情が出たことを認めない、こと自身も、メタに考えれば、感情的になっている証左だと言えます。その時点で、審判の感情は認められていて選手の感情は認められていない、というアンバランスが起きています。

そして。投球のストライク/ボールの判定正しさは、別議論。最終的には「第三者」の判断になるのでしょうか?それとも審判が絶対正しいのでしょうか?言うまでもなく、第三者的に正しさがみとめられるか、が基準でしょう。

さて。

この野球の例を、業績評価にして考えてみます。

佐々木さん(仮名)の業績評価を、上司である白井部長(これも仮名)が行います。この結果を佐々木さんが不当だと思うこと。それは往々にしてあることです。この業績評価に対して、佐々木さんは、白井部長に「どこが業績ふそくなのか」問い合わせたとしましょう。

ここで、上述の野球の例と比定してみると。

1) 白井部長の評価は正しかったのでしょうか?

2) 問い合わせたことに対して不満を感じた白井部長は、佐々木さんの次期の査定を下げました。

一般企業に限らず、よくある構図です。1)2(に関しては、最近のTeal組織論などでは「全体評価」などという手法で改善をここ見ているようですが、一般企業では今でも「上司による判断」だけで進めます。この時点で、無風凧的には組織として「問題あり」と判断します。

繰り返しになりますが、これは「日常茶飯におこること」です。結果として、佐々木さんはモチベーションがさがり、組織としてもパフォーマンスが落ちる。これは、組織の構造的問題点です。

最後に、もう一度、今日の日本ハムーロッテ戦の例に戻りましょう。この場合、電子判定をはじめとして、「第三者的に公平な判定」ができれば、佐々木投手も納得し、不満は表さなかったでしょうし、白井球審が詰め寄ることもなかったでしょう。これは可能です。

組織においては、、、、人事評価を「公平にする」ことが上述の電子判定に比定される方法になります。その絶対的な手法は開発されていませんが、全体評価などで納得がされやすい評価方法は開発されつつあります。もっとも、それも行わずに上司査定を旧態然と行っていて、組織のパフォーマンスが下がっている、なんてことが往々にしておきています。それに気が付かない経営者がなんと多いことか。ここを改善するだけでも、日本の国力は30%くらいはアップすると思います。

 

| | コメント (0)

教師は不足、ポスドクは人余り

1月末の時点での話ですが、新年度の公立学校の教員は2558人とのことです(コチラ参照)。必要教員数全体にとっては0.31%と言えば、小さいようにも思いますが、、、平均で30人の生徒・児童が相手になるすると8000人もの生徒・児童が放っておかれることになる、、、由々しき問題です。

高校以下の教員は不足していますが、逆に大学教員の方は職場が足りない。いや、正確に言うと、ポスドクという形のモラトリアムが15000人ほどいる(コチラ を参照)。

色々な人が主張していますが、ポスドクを高校以下の教員と雇用すればよい、と考えるわけですが、、、世の中、そう簡単ではありません。うまくいっているようなら、こんな問題は起きていません。

そもそも論ではあるのですが、ポスドク問題の根底には、「自分の専門性を生かす研究がない」というのが建前です。これは、大学を「研究機関」としてその研究に従事することを希望しているのですが、その研究職がない、ということです。これは、その専門領域の「需要等供給の関係」の中で、人余り状態になっている、ということです。見方によっては、ポスドクの作りすぎ、という課題です。ここでもう一つ、着目している課題があります。それは、学生の質が変わりつつあるということです。学生が生徒化している、ということでわかってもらえるでしょうか。その結果、大学は研究機関から教育機関になりつつあります。

その証左としてFラン大学ならずも、校務と称する作業が昔に比べて飛躍的に増えている。一流大学ならいざ知らず一般大学だと、一般的な大学の場合、終日Officeタイムの半分以上は公務。また、週に4科目持ってみてください。その準備と成績確認、レポートチェックなどで一週間は過ぎてしまいます。自分の研究は、、、After5ということで、結局大学教員もブラック化しているという話も聞きます。また、無風凧の知っている研究教員の方は、今の大学に移って、研究テーマを変えざるを得ない、と言っていました。つまり、元々の専門領域ではない「研究テーマ」を持つということです。この場合、、、専門性が随分下がっていることは否めません。つまり、研究教員としての資格が下がっている。

以前、無風凧は大学の「教育教員」制度の提案をしました(コチラ 参照)。研究教員、実務家教員を統廃合して「教育教員」というカテゴリを作る。そして、教育教員は、資格制度とする、とすれば、ポスドクから高校教員に流れていく人が出てくるのではないでしょうか?

今日はここまで。

| | コメント (0)

言葉の定義 について

いよいよ新学期が始まります。大学教授の顔の無風凧は、新入生受け入れの準備をしています。先日も書きましたが、今年の一年生は全員「成人」です(コチラ 参照)。去年の学生と、おそらくはほとんど同じ生い立ちをしてきた彼等彼女等が、いきなり「大人」。教員として何をかえなくてはならないのか、考えてしまいます。

ただ、これだけは確実に言えること。最近の学生は(この言葉が出てくるようになっただけ、無風凧も年を取ったということですね)、昔の学生に比べて「理解力が落ちています」。その反面、表現力が随分高いな、と思う学生が増えています。

理解力が落ちていると感じるのは、文章を読ませると一発でわかります。大学一年生に2000字程度の文章を読ませて、その主張をようやくせよ、というような課題。ある学生は、入試の延長のように線を引いて、キーワード抽出する。書いてある要約は一見素晴らしいのですが、質問すると、前提条件や背景すら答えられない。それどころか、「反対の主張を書いてみよ」というと、支離滅裂になる。

共通テストの数学が長文化した、難化した、というNewsを何度も見ましたが(コチラ など参照)、上述の理解力が落ちていることと関係があるように思います。実際、無風凧は数学として「難化した」とは思っていません。国語の読解力も問われるようになった、と考えています。

半面、表現力というかプレゼンテーションの能力は随分と長けた学生がいます。下手な教員よりもうまい、という学生もいる。これは高校教育の成果でしょう。素直に素晴らしいことだと思う反面、学生間(学校間かも?)の格差が大きすぎる。

ただし。良いプレゼンテーションをしても、その中身がスカスカということも多い。メラビアンの法則によると、好感を持ってもらうための要素としては見た目と音声で90%超、内容は7%という結果が出ていますが、まさに「好感を持ってもらう」ことだけに特化した能力のような気もしています。

さてさて。最後に今日の主張。

上の二つの状況の共通する背景として、言葉の定義があいまいなままの学生が多い。いや、学生だけではなく、大人もあいまいなまま会話をしていることが多い。学生は、そもそも論としての定義を確認していないし、大人の場合は、お互いのシニフィエがずれている(これは自省を含めて、ではあります)。言葉の定義の確認は、一昨日描いた「文脈の確認」の前に行うべきことです(コチラ 参照)。

言葉の定義をきちんと確認することさせること。それを新学期は徹底していきたい思っています。

 

| | コメント (0)

定員未満の不合格

昨夜の地震は随分驚きました、、、が。無風凧邸は、横の道で深夜水道工事を行っている関係で、「常時家が揺れている状態」でした。なので、停電になるまで地震に気が付きませんでした笑。被災された方にお見舞い申し上げます。

さて。Yahooを見ていて目にとまったのが

「【高校入試】定員未満でも13人不合格 木更津高・理数科 県議が疑問視、他校でも 千葉県内公立校」コチラ 参照)。

この記事は、定員未満であれば、全員合格させてしかるべき、という主張のようです。

でも。全員合格させてしかるべき、という主張は正しいのでしょうか?高校と大学とは若干違う部分もありますが、大学教員と大学事務局をともに経験している無風凧とにとっては、全員合格させてしかるべき、という主張は正しくないように思います。

定員は、その数を必ず入れるという公約ではありません。最大数を示しているものです。

音楽のコンクールでは「一位なしの二位」ということが時々ありますが、それと同じ構造です。グランプリに値しない、となった場合には、グランプリを出さないという選択肢もあるのです。

さらに言えば。入学する学生の多様性(注)を認めるということは、それに見合うだけ教員の多様性も求められます。自分の高校で対応できないという判断をした場合、入学をお断りする、という選択肢は尊重すべき事項です。

昨今、教員のブラック化が叫ばれていますが、多様性対応は、既存教員に対してのブラック化まっしぐらです。多様性対応すると、標準学生への「サービス低下」になります。結果として、学校のValueは下がります。

などなど、まだまだありますが、総論として「不合格判断」に大賛成の無風凧です。

注: 「多様性」を「落ちこぼれ」と読み替えても良いですが、「吹きこぼし学生(レベルを圧倒的に超えてしまっている学生)」と読み替えても良いです。吹きこぼし学生対応も、とっても大変です。

注: 無風凧の経験でいえば、標準学生に対する個別対応時間(個別相談やレポートのコメントバック)を1時間とすると、落ちおぼれ学生は5時間、吹きこぼし学生は10時間くらいかかります。

| | コメント (0)

早稲田大学さん、真摯な対応を無風凧も望みます

早稲田大学教育学部入試の国語の問題で、オモシロイ事件が発生しています(コチラ 参照)。

記事によると、長文読解の解答(選択方式)が、1) 回答を作った予備校によって異なる だけではなく、長文の作者の意図から正解がない場合もあるのだとか。

この事件に対し、作者からの問い合わせに早稲田大学が回答しない、としているのがオモシロイ。

入試は、正解があって、その正解に基づく配点を競うゲーム。とすれば、正解の説明は、公平性の観点からの主催者(この場合は早稲田大学)が行わなくてはならない、と無風凧は考えます。しかし、それを行わないとした時点で、とても興味深い事件です。

さて。

この事件のさらに面白いところがあります。それは、大手予備校の解答例が異なっている。これは、選択肢の作り方の甘さもあったかもしれませんが、「著者の主張が複数に読み取られている」ということです。良い文章・分かり易い文章なら、だれが答えを作っても正解は一つでしょうし、また、著者は自分の主張を記述してるわけですから、できるだけ誤解が無いような文章を書くものだと、私たちは思ってしまいます。

しかし、上述の早稲田大学の入試問題の場合、正解を万人が一つとは思わなかった、、、言い換えれば、「分かりにくい文章だった」。この時点で、作者はある程度の自戒が必要かと思います。問題を自分が解いてみて、正解がない、と騒ぐよりは、自分の筆力の向上を目指す方が建設的な人生を歩むことが出来ると思うのですが如何でしょうか?

さらに。そのような文章を選ぶこと、、、入試には適していなかったのかもしれません。

# その上で。 明文化した採点基準では測れない「学力・能力」があるのも事実。AIが人間を超えることが出来ない部分です。

| | コメント (0)

入試制度の在り方

脳科学者の茂木健一郎氏と教育コメンテータの尾木ママの記事が面白い(コチラ 参照)。

4回シリーズでいろいろな放談していますが、今回はリードにもなっている

”茂木健一郎氏の受験改革案「僕はすべてAO入試にすべきだと思っている」”

に物申す、です。最近、大学での成績と入試のスタイルの相関がつまびらかになってきました。AO入試が入学後の成績が一番良い、と言われています。

だから、茂木さんは「すべての入試はAO」ということを提案しているのでしょう。記事の中では、AO入試の人はやる気がある。ペーパー試験入試の人は、第一志望の人でなければやる気がない、との理由で、AOを勧めています。

でも、本当にこれでよいのでしょうか?

AO入試で入学する、というのは、高校の成績が良い、ということが前提になります。言い換えれば平常点が良いことになります。さらには、大学の方向性にあっている人を入学させることになります。だから。「学校の成績が良い」ことはトートロジーに近い。

これ、日本における大学ヒエラルキーを如実に再現することになります。さらには「教育制度」の中の成績ピラミッドをより「固いもの」にしてしまいます。言い換えれば、秀才は増えるけど、天才は見つけにくい。

言い換えれば、アインシュタインやエジソンのような天才は見つけられない仕組みです。

更には。学校からの推薦書=内申書に相当するものに「よく書いてもらう必要」があります。これは、言ってみれば内申書のために「いいこちゃん」する必要が出てくる。つまり、学校の言いなりの学生が増えていきます。良い子ちゃん、ではありますけどね。

更に更に。人見えぬところの努力が見えません。一発逆転の手段が皆無になります。今言う「一芸入試」は、何か一芸に秀でている学生に対する門戸を広げました。AO入試のみ、となった場合は、一芸入試だけになっていくようなものだということができます。

その結果として、学歴フィルターはこれまでよりも堅固なものになり、所謂「勝ち組と負け組」の差を助長することになる。結果として、ジニ係数が悪化し、日本は革命になる、、、おっと、ここまで書くのは少し悪ふざけが過ぎましたか。

システム思考、もしくは、ミクロの関係をマクロに接続できれば、3手の読みです。

どのような入試制度が良いかはまた別議論としますが、少なくともすべてAO入試というのは、日本の将来を暗くします。

| | コメント (0)

「修得主義」と「履修主義」

先週の記事ですが、これはオモシロイ、と思ったのが早稲田大学商学部の「同時視聴問題」。(コチラ など参照)。

履修条件に「40本の講義動画を見ること」となっていた科目で、学生が「同時再生」していたというもの。

聖徳太子でもない限り、「同時視聴=理解」することはできません。なので、複数本の「同時再生」は「同時視聴」ではないように、無風凧は思います。なので、40本の講義動画を見ること、という条件下で同時再生は「同時視聴」ではないと断言できます。

その意味において、「同時視聴」の条件を満たしていないことは明らかです。

では。倍速再生して、同じ時間に2本の視聴するのはどうでしょうか?無風凧の場合。放送大学の講義は、「遅いなあ、、」と感じるものが多い。ということは、当該早稲田の学生の中には、講義動画が遅いなあ、、、と思う人はいるわけです。実際、無風凧が大学で講義していても、「この子はもっと早しペースで理解できるからもっと色々教えられる」と感じる子がいますが、クラスには逆の子もいるわけで、、、講義速度は個人に最適化する必要がある、と言えます。よって、倍速再生はアリ、無きがしますが、、、100人もの学生が、倍速で理解できるレベルの講義を視聴させていたらとしたら、その教授は学生をなめすぎ。もっとレベルの高い講義をしなくてはならないでしょう。

そもそも、ではありますが。

大学の講義もしくは単位取得は、習得主義でしょうか?それとも履修主義でしょうか?理想的には習得主義も履修主義も、総体としては同じ教育効果をもたらすでしょう。でも、個別にみるとそうではない。まして、昨今の「卒業証書が欲しいだけ」の学生Motivationを考えると同じ効果にはならない。加えると「興味のある科目だけ」という学生も減りつつあるように思います。そうすると、官僚主義的な思想をで運営されている「大学」という組織は、言い換えるとTeal組織論言うAmber組織である大学の思考原則としては、習得主義をあきらめて履修主義に移っていきます。出席をあげること、に血道をあげることになります。早稲田もそういう大学に成り下がった、ということが出来るでしょう。

ちなみに。無風凧は完全習得主義の科目と、完全履修主義の科目を現在持っています。今年は、あえてそのように分けて講義運営してみました。習得主義は、数名の上澄みを伸ばすことが出来ます。履修主義は、最低ラインを下げることはできるますが、上位の学生は不満を持ってるだろうな、と感じています。

最後に。無風凧は、大学は習得主義で上を伸ばす教育機関であるべし、と思っていることを付記しておきます。

| | コメント (0)

学歴フィルター

マイナビの「学歴フィルター疑惑」(コチラ 他参照)。なんだかなあ、、、、と思います。

ことの顛末はニュースなどをご覧いただくとして。

結局「試験」とか「選抜」というのは、何らかの基準でのフィルタをかけているわけです。就職面接などでよく評価されるのは、TOEICやTOEFLの点数、留学経験、インターン経験。それらがなければ、いろいろな意味でビハイドします。受験者本人の「実力」とは関係なく、「何をしたことがあるか」や「能力の一つに過ぎない英語力」で、フィルタがかかるわけです。

であるならば。

「高校までのある種の努力」の物差しとして「学歴」というフィルタは、正当性をもっているといってよいのではないか、と無風凧は思うわけです。さらに言えば、「一回の面接や小論文」は、一発勝負で分散が大きい。ならば、少しでも分散がちいさい学歴での区分もあり得るのではないか。

もっとも、大学教育の現場にいれば、「大学名」はたんなる「所属」にすぎず、「優秀であるか否か」は、本人次第だということは言わずもがな。なので、学歴フィルタが正しい結果(選択者が思ったような結果)を出すか出さないかは、と不明としか言いようがない。

でも。何らかのフィルタ=区別 が必要な場合に、学歴を一つの指標とすることを、そこまで目くじら立てる必要は無いように思います。

# こんなこと書くと、炎上するかあな、、、

| | コメント (0)

東西冷戦

寺子屋の教育の基本は読み書き算盤。これは、人が社会的な動物として生きていく為の必須能力、ではないかと思っています。

その意味では、文系理系に関わらず、須らく大学入試の科目は、国語と数学が必須ではないか、と考えられます。もちろん、英語を加えても良いです。

ところが。

実際の大学入試では、特に文科系学部では数学が課されないことが多い。国語もない、なんてところもある。

大学教育の現場にいると、国語力の無さ、に唖然とすることが有ります。最近驚いたのは、「東西冷戦」。これを、米国とソ連の対立、というのは常識だと思っていたのですが、今の学生は、「アメリカの東海岸と西海岸」だと思っている人も多い。これは、知らない単語が出て来たときに、自分で勝手に解釈してしまい、辞書を引かない、ということの証左でも有ります。つまり、歴史の力がないのではなく、「国語の力がない」。

こんな学生を教えなくてはならない大学教員の方々は、とってもご苦労をされているのでしょうね、、、、って、無風凧もその教員の一人では有ります。

英語やITなど、今風の知識を得ることも大切ですが、やはり、読み書き算盤に戻って、最低限の能力を身につけて欲しいな、と思っています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧