猫?

20161110 はなちゃん先生:喉をさすってもらうと、とっても気持ちいいわねえ、、、、猫になっちゃいそう!

写真出典 2016年11月10日の記事
はなちゃん先生、気持ちよさそうですね。マッサージは、マッサージ師の腕が大切。きっと特命希望様はマッサージの腕も良いのでしょうね。

| | コメント (0)

7-11で少しリバウンド傾向

ここ1か月ほど、7-11で業務(つまり、朝7時から夜11時まで業務ということ)。隔週で週末は休んでいますが、それ以外は土日無し、というのが実情。

食事は、なんとか規則正しく、と思っていますが、やはり不規則になりやすいし、夜遅くの食事はデブ化の大敵。

炭水化物ダイエットは続けています。夜遅くの食事もしていないようにしているのですが、、、少しリバウンド傾向にあるようです。丁度、第六波の予兆程度に。、、、ここで緩むと、デブ化のピークが来るかもしれません。COVID-19対策同様、万全の対策をしたいと考えています。

20200325 はなちゃん先生:
無風凧さん、リバウンドは絶対にダメ! タオルを強く噛んで、歯を食いしばって我慢チテ下さい!

写真出典 2020年3月25日の記事より

| | コメント (0)

体育の日じゃないの?その2

20181010 はなちゃん先生:
体育の日って、、、もうなくなってたって、知ってた? アタチ、知らなかった。今はスポーツの日って、言うらちいの。今年のスポーツの日は7月に移ったから、今日は普通の日曜日。

写真出典 2018年10月10日の記事

| | コメント (0)

南魚沼産のコシヒカリ

新米の季節になってきました。

今日、新潟出身の友人と話をしているなかで、コシヒカリの話題になり、やはり南魚沼産のコシヒカリは美味しい、と宣っていました。そして、知り合いの農家から、送ってあげようか?というのが話にまでなりました。

無風凧も、炊きたてのご飯なら、梅干し一つでおかわりが出来るほど、ごはんだいすき、、、ですが。

最近は糖質ダイエットしているから、白米は天敵。だから友人の申し出を泣く泣く断りました、、、早くダイエット成功させて、お米を腹一杯食べたいと思う無風凧です。

| | コメント (0)

糖質制限の報告

20160109 はなちゃん先生:
無風凧さん、糖質制限は続いているようね、、、少しスリム化したようね。炭水化物もGI値に気を付けていれば、少しは摂った方が良いと思うのよ。だから、朝スパはOKよ!

写真出典 2016年1月9日のブログから(コチラ

| | コメント (0)

COVID-19: もっと先見の明をもってちょうだい!

20180505未来を見ているはなちゃん先生:
少し感染者数が減ったからって、去年のGOTO トラベル のような愚策はしないでね。将来を見据えたら、まだまだ安全安心とは言えないのだから。

写真出典: 2018年5月5日のはなちゃん先生
西村大臣曰く「陰性証明に、医療用抗原検査キットを使う(コチラ 参照)」とか。 はなちゃん先生の目も点になるほどの愚策です。

| | コメント (0)

空気感染カチラ。

20141223 はなちゃん先生:
感染拡大が止まらないわね。 空気感染かもチレナイっていうし、、、アタチ達、感染対策何ができるのカチラ?

写真出典 2014年12月23日の写真
天国に旅立ってからも私たちを心配してくれているんですね、、、

| | コメント (0)

COVID-19: ステイホーム

20150410 はなちゃん先生:
無風凧さん、ちゃんとステイホームしている? アタチはちゃんとお家にいるわよ。濃厚接触しちゃいけないから、今日はトレーニングお休み。

写真出典 このブログの2015年4月10日
懐かしのはなちゃん先生シリーズ。若かりし日のはなちゃん先生。懐かしいです。 COVID-19も早く終息して、懐かしい日々が戻ってくることを祈っています。

| | コメント (0)

はなちゃん先生ご帰還

20150625 在りし日のはなちゃん先生:
お外はカンカン 照りなの。 お家の日陰に入って、一安心。無風凧さん、トレーニング中も水分補給は忘れないようにしてね。

写真出典 2015年6月のこのブログより
まだまだピチピチなはなちゃん先生です!

| | コメント (0)

COVID-19: 覚めなくても良い夢

20160105 こんな夢をみた。

2022年。世界中のCOVID-19の感染者を0.1秒で判別する仕組みが開発された。この仕組みは、COVID-19並のスピードで世界中に広まった。そして、感染者を隔離。その甲斐あって、半年でCOVID-19が撲滅された。。。。

その仕組みとは、「はなちゃん先生の嗅覚による判別」。はなちゃん先生がすり寄っていく人は、感染していない人。ハナちゃん先生がそっぽを向く人は感染者。なんと、99.99%の判別。しかも、人気者のはなちゃん先生がお友達のわんこに判別方法を教えたらしく、世界中のわんこがCOVID-19判別をしてくれた。。。あっという間に世界中に広まった。その結果、人類はCOVID-19に勝つことができた。

ただ、不思議だったのは。

はなちゃん先生がそっぽを向いたのに、PCR検査では感染していなかった人がいたこと。0.01%の確率ではあるが誤判定をしていた。スガヨシヒデ、ニシムラヤストシ、アベシンゾー、マルカワタマヨ、、、はなちゃん先生がすり寄らなかったのは、本当に嫌っていたからかもしれない。

無風凧は。はなちゃん先生が元気に出てくる夢なら、覚めなくていいな、と思っている。

写真出典: 2016年1月5日のブログより(コチラ

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧