詰将棋創作初心者視点での「記憶よりも記録に残る作品」

無風凧が詰将棋を作り始めてちょうど一年半。スマホ詰パラを主な発表場所として、それ以外を含めて25作ほど、発表してきました。全部つらつら見直していて、まあどれも「石石混交」という感じです。

当初は、ただ作れれば楽しかったのですが、途中から類似作(前例、先行作)の存在が非常に気になるようになりました。経緯詳細は こちら を参照していただきたいのですが、偶然とは言え、同一収束の作品がスマパラの採用予定になってました。直前に気が付いて管理人様にご相談。事無きを得たのですが、この時以来、とても気になります。

これまで、詰棋書は3冊くらい、新聞や週刊誌の詰将棋は、食堂などで見かけたら必ず解いていましたが、詰将棋作家を名乗るには、経験値が圧倒的に少なすぎる。先行例をほとんど知らないに等しい。

そんな無風凧が、先行例に絶対に被らない創作領域として取り組んでいるのが、「記憶よりも記録に残る作品」。記録としては、TETSU様の運営している「詰将棋おもちゃ箱」に整理されていますが、そこに書いていないものも含めて、「記録」を狙う。

例えば、「非対称型から対称型になる回数」とか「攻め方玉の移動する列の数」などなど。色々な先達の手筋を習得しながら、回数領域で記録を狙うことにより、前例とのバッティングを避ける、という作品を作っています。

先日、スマパラの拙作「2020握詰」のコメント欄に、攻方玉の9列移動が可能、というコメントがありました。八列移動の存在すら知らず、まだ自作できてない現在、かなりの衝撃でした、、、と同時に、ぜひ9列移動の作品を見て見たいと思っています。無風凧にとっては、記録にも記憶にも残る作品になります。

現在、まだ八列移動に挑戦していますが、派生で、「一つの飛車で3方向の攻め方玉の開き王手」を探しています。これも記録だと思うし、この記録は、言い換えれば、「解の存在証明」になっている。これも、一種の「前例と被らないようにするための工夫」です。

# いずれは、300手越えの煙詰め!?

 

| | コメント (0)

詰将棋の前例を探しています、、、

年明け、スマホ詰パラの「採用待ち」が少なくなってきたので、在庫からいくつか投稿しています。そんな中、解説欄に書くために「前例」を探しているのですが、どうしても見つからないものがありますので、ご存知の方がいらっしゃれば、教えてください。

こんな詰将棋、ご存知ですか?

条件1) 双玉の詰将棋
条件2) 同じ飛車で、縦と横の二回、攻め方玉による空き王手がある。

例えば。

玉型: 52玉
攻方: 54玉、55飛

を想定して見てください。この前提で、

攻め方玉が「54→45→どこか?」

と動く詰将棋です。当然、玉方の玉は最低でも「52→(25か15)」と動くことになります。縦二回なら存じ上げているのですが、、、

# 飛車の位置は、55なくても構いません。

ご存じの方がいらっしゃれば、是非教えて下さい。

 

 

| | コメント (0)

スマホ詰パラ2020握り詰め、他

スマホ詰パラの2020握り詰は、無風凧が作品が最初に採用されることになりました。パチパチ。

今年の課題は、、、無風凧にとっては、とても馴染みのある課題でした。というのも、昨年夏からチャレンジしている「攻め方玉の八列移動(まだ成功していません)」で考えたことのある駒が多かったから。具体的には、攻め方玉の六列移動や七列移動の課題だととらえれば、馴染みの有るものでした。よって、、、一番乗りでの採用となりました。

多分、1月17日に採用です。皆様、楽しみにしてて下さい。

さて。上述の握り詰は六列移動。では、攻め方玉の七列移動詰め将棋は出来ているのか?と、言う方が多いとおもいます。今日は一番簡単な「七列移動」を紹介。

Screenshot_20200108_230429

上記は13手詰めです。これ、攻め方玉が七列移動してます、、、でも、これは、簡単すぎて、無風凧としては「作品」では無いです。勿論、「作品」っぽい七列移動も完成しているので、それは、スマホ詰めパラに投稿しています(1/15追記:採用待ちになりました)。

さて。本来目指すは八列移動。これは、まだまだ前途多難、、、な感じがします。2020年の年間目標、です。

| | コメント (0)

凶狂怯恐を捨ててR2へ!

2020nenga令和二年の年賀詰です。

「詰め将棋」というよりは「詰む将棋」という方が適しているほど、簡単です。

でも、今年は、ちょっとした趣向を凝らしました。

まず、4枚の香を捨てます。この4枚の香は、

凶、狂、怯、恐

を意味しています。そして、すべて「きょう」を捨ててしまって、龍が2枚。R2になる、という寸法です。

年賀詰めっぽくありませんか?

改めて、本年もよろしくお願いいたします。

#注:この詰将棋は先例があるかもしれません。調査が不十分です。ご存知の方はご指摘ください。

#最終三手の余詰あります。

#22手目、22同玉と13玉は変化同手数の傷です。

この作品は、詰将棋おもちゃ箱(コチラ 参照)で採用して頂きました。

| | コメント (0)

攻め八(詰将棋)

20191210 スマホ詰パラで、無風凧の19作目が採用されました。パチパチ。No.13994「絶望」と言う作品です。コメント蘭で「解説がわからない」とご意見をいただきましたので、少し詳しく書きたいと思います。

いきなりですが、右の盤面を見てください。これは、詰将棋ではなくて、無風凧の「基本設計図(構想図)」です。

この設計図から、攻め方の玉が1筋(右端)から8筋まで動く、ことを目指しています。これが、攻め方玉が八列動く、すなわち、「攻め八」です。

飛香襖では、どんなに頑張っても7列移動が限度だ、と言うことも、おわかりいただけると思います。なので、八列目に動かすために、角との連携が必要になってきます。その連携を試したのがスマパラNos.13994の「絶望」です。

もう少し書けば、角の位置、飛車や香の位置は、右図以外にも色々Variationがあります。それらを少しづつ試しています。

さらに書けば、角二枚を用いた玉鋸による攻め八の基本設計図もありますが、ここでは割愛します。

もう3ヶ月くらい、攻め八にはまっています。

| | コメント (0)

次の趣向は、、、(詰将棋)

先日、スマホ詰パラに採用していただいた「不甲斐ない、、、(ToT)」は、本当に不甲斐ない出来の詰め将棋で、恐縮して居ます(コチラ 参照)。

そのコメント欄に「趣向にこだわる作者らしい作品」と言う暖かいお言葉を頂き、感謝です。また、このブログをお読みくださり「ぜひ挑戦を!双玉+歩の駒柱」と言う激励も頂きました。ありがとうございます。また、Twitterでは、「詰パラ本誌に投稿してみては?」とのお勧めも頂きました。ありがとうございます。

今年の目標「100手を越える詰将棋」は、クリアして、、、最近は、創作前の課題(=趣向?)も、以前とは随分と違ったものになってきたのではないかな、と思って居ます。最近、考えているものは、、、

1) 双玉+七色の駒柱詰将棋(上述です)

2) 攻め方の玉が8列動く詰将棋

これはちょっと説明。 攻め方玉が動く場合は、必ず「空き王手」です。飛車と香の「飛香襖」は、7列動かすことしかできません。また、角二枚を使った玉鋸は、玉鋸だけだと原理的に6列しか、攻め方玉を動かせません。なので、飛香襖の空き王手と角の空き王手を組み合わせなければ8列にはならないのです。そのハイブリッド空き王手に、挑戦するのが、「攻め方玉が8列動く詰将棋」です。

3) 二手目の玉方の応手によって、2手違いの2種類の詰将棋になっている詰将棋。

これも、ちょっと説明。二手目の玉方がA、B二つもしくは二つ以上の選択肢がある詰将棋で、Aを選ぶと作意手順でN手詰。Bを選ぶと変化手順でN-2手詰、と言う詰将棋です。変化別詰(変化手順中の紛れ)が無いように作るのは、挑戦してみてわかったのですが意外と難しいです。意外と、というより、「無茶苦茶」難しい。
この趣向(構想)は、相馬様の「デフォルト」を拝見した時に「ああ、格好いい」と思い、作ってみたくなりました。

4) 初期配置図が横一列のみの「持ち駒無し」詰将棋。

以前、拘っていた「壁詰将棋」「角桂の無い無仕掛け」「非対称による非限定着手回数」そして「200手」は、最近はあまり考えていません、、、飽きっぽいのだと思います(爆)。

どの課題もとても実現が難しいのですが、色々考えているうちに、先日の「不甲斐ない、、、」のように、小品が生まれてきます。

そうそう。1)〜4) のどれかひとつ、ですが先日スマホ詰パラに投稿して、採用待ちになりました。約2カ月、かかった作品です。。。

| | コメント (0)

出現マジック、、、気が付いたら寝首をかかれてた?(詰将棋)

久し振りに、ブログで発表です。

201909221

スマホ詰パラ「No.13561出現マジック2」のコメント欄で、三輪さまに拙作(No.13009)をご覧いただけていたことを知り、喜んだ無風凧は、少し違った「出現マジック」の作品を発表しようと思い立ちました。

その作品がコレです。

三輪様の出現マジックは、両王手の二枚だけ出現とのことですが、ここではちょっと拡大解釈して、「無仕掛けの状態から2枚だけ増えて詰んでる」としました。

この詰将棋、丁度一年程前にスマホ詰パラで採用していただいた作品の改作です(こちら 参照)。

敵が一人も居ないお城の中で安心している王様が、17時間(17手)ほど惰眠を貪っていると、、、なんと「くノ一(金と龍)」が真横に寝ていた、と言うストーリーです。

201909222右図が詰上がり。金と龍だけ増えています、、、こんな作品、いかがでしょうか?

スマホ詰パラの過去の作品をタグ検索してみると、「無仕掛」で「還元玉」の作品の幾つかで、配置図と詰め上がりの差がつめ方の数枚が加わっただけと言う、「ある種の出現する」詰将棋はあるのですが、加わる駒の数が攻め方の最低限の2枚、と言うのは無いようなので、ブログで発表してみました。

御指導、コメントいただけると嬉しいです。

9/23追記:
タイトルは、「浅草寺の鈴」にしたいと思います。

 

| | コメント (0)

不甲斐ない詰将棋、、、、

20190912 無風凧のスマホ詰パラ16作目が採用されました。パチパチ。

この詰将棋、じぶんで言うのもなんですが、不甲斐ないほど簡単。管理人様にLV6と評価していただきましたが、無風凧史上おそらくもっとも簡単な作品です、、、本当に不甲斐ない。

でもちょっとだけ主張もあって。

最初の形が 「I」。 そして、詰上りの形が 「イ」。そう。1 → イ の 「立体曲詰」になっているのです。5手で誰でも解ける立体曲詰って、とうっても、珍しいと思うのですが、、、いかんせん、簡単過ぎます。

さて。ここからは言い訳というか、創作の背景を少々。

この詰将棋は、元々は「縦一列に七色+双玉を並べた駒柱詰将棋」を作ろうとして試行錯誤している時に偶然にみつけたもの。さらにその切っ掛けは、須藤大輔様の 「桂馬が弾けて歩で締めて(スマホ詰パラ11270)」。須藤様の作品は駒柱+持ち駒5枚なのですが、これを「駒は9種類」で処理できないかな、、、と思って挑戦してました。(この挑戦は、今のところ成功して居ません。)

何度も書きます、、、不甲斐ないほど簡単ですが、立体曲詰という趣向があることが、初心者(無風凧もまだまだ初心者なのですが)に伝わればいいな、と思っています。

、、、、不甲斐ない → 歩が居ない、 のダジャレです。(爆)

補: 曲詰の大作としては、上述の須藤大輔様の「7000」があります。。。どうやったらあんな凄いの作れるんでしょう?

 

| | コメント (0)

量より質を求める(自作の見直し)

皆様、昨日から今朝にかけての台風15号、大丈夫だったでしょうか?お見舞い申しあげます。

無風凧は、どうせ落ち着かないなら、、、ということで、自作詰将棋で未発表のものの「見直し」をしていました。というのも、Twitterで「詰将棋パラダイス本誌に投稿して見ては」との励ましをいただいたので、それに見合う作品があるか、と思ったから。結果として、没作品が増えて、、、まあ、量より質を求めて、という意味でも良い機会でした。先日、3つぼつにしましたが、改めて一つ、ぼつにしました。

加えて。量より質、といった時に、質の本質って何だろう、というのもかなり考えました。

先日スマホ詰パラで採用された「だるま落とし(こちら 参照)」、実は無風凧的にはかなりの自信作というか、気に入った作品だったのですが、なかなか評価が伸びない。それに反して、今となっては汗顔の至りである「改めてご挨拶」(コチラ 参照)は、予想よりも全然高い評価を得ています。まだ作品数が少なかった頃、作品の良し悪しもわからずに投稿した 「歩カッケー」(コチラ 参照)は、自信作だった「225通りの詰将棋」(コチラ)よりも評価が高い、、、

詰将棋の良さ、楽しさ、質、の本質ってなんだろうな、と考え込んでしまう次第です。

偉大なミクロコスモスも、もしかすると「無駄に手が長いだけ」と言ってる方がいるかもしれないし、Okara様のスマパラ12966「全駒煙に仕上げて!」は、無風凧は近藤真一氏の作品を基本に置きながらOkara様のオリジナリティを感じているのですが、オリジナリティを感じない方もいらっしゃるようで、、、とすると、オリジナリティーってなに?という考えてしまいます。。。

おっと、台風でざわざわしているので、頭の中もざわざわしていたようです。お目汚しで失礼しました。

| | コメント (0)

デフォルト(左右対称の詰将棋、その後)

この一週間、左右対称の詰将棋を色々調べていたのですが、凄い作品見つけました、、、というより、看寿賞作品なので、知らなかった無風凧が「勉強不足」なだけなんですけど。

相馬康幸様作「デフォルト」2003年看寿賞中編作品。
作品は、例えば コチラ(相馬様HP)、 コチラ(詰将棋おもちゃ箱) などで公開されています。
相馬様のコメントは ご自身のHPで書かれています。コチラ。(無風凧の駄文より、← をご一同されることをお勧めします。)

この作品、配置図が受け方の「51玉、41金、61金」の無仕掛けの対称形。41か61のどちらかがなくても、「正解手順」は同じなのですが、その意味で飾り駒と思われた41か61の金が存在すると、なんと反対に逃げた場合の「隠された詰将棋」が存在しているのです(相馬様は「プラスαの詰将棋」、と表現されています)。偽作意という言葉が正しいかどうかはわかりませんが、玉が右に逃げても左に逃げても詰む。でも、正解は片方だけ、、、というのは、一種究極の機能美を感じます。相馬様の言葉を再度お借りして「左右対称を利用した、作意手順と変化手順の積極的な融合 」です。

相馬様も正解手順だけを対象にするなら、41か61のどちらかの金は不要駒かもしれませんと書かれていますが(相馬様は、「よくできた簡素図式の作品程度」と書かれています)、作品全体として、必須な駒です。ただただ「凄いなあ、、、」と感心しています。

この「プラスα」の部分は、詰将棋アプリでは発見することすら多分難しくて、「人間の脳」でなくては作れないものだろうな、と思うと、「デフォルト」の奥深さも一入です。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧