次の趣向は、、、(詰将棋)

先日、スマホ詰パラに採用していただいた「不甲斐ない、、、(ToT)」は、本当に不甲斐ない出来の詰め将棋で、恐縮して居ます(コチラ 参照)。

そのコメント欄に「趣向にこだわる作者らしい作品」と言う暖かいお言葉を頂き、感謝です。また、このブログをお読みくださり「ぜひ挑戦を!双玉+歩の駒柱」と言う激励も頂きました。ありがとうございます。また、Twitterでは、「詰パラ本誌に投稿してみては?」とのお勧めも頂きました。ありがとうございます。

今年の目標「100手を越える詰将棋」は、クリアして、、、最近は、創作前の課題(=趣向?)も、以前とは随分と違ったものになってきたのではないかな、と思って居ます。最近、考えているものは、、、

1) 双玉+七色の駒柱詰将棋(上述です)

2) 攻め方の玉が8列動く詰将棋

これはちょっと説明。 攻め方玉が動く場合は、必ず「空き王手」です。飛車と香の「飛香襖」は、7列動かすことしかできません。また、角二枚を使った玉鋸は、玉鋸だけだと原理的に6列しか、攻め方玉を動かせません。なので、飛香襖の空き王手と角の空き王手を組み合わせなければ8列にはならないのです。そのハイブリッド空き王手に、挑戦するのが、「攻め方玉が8列動く詰将棋」です。

3) 二手目の玉方の応手によって、2手違いの2種類の詰将棋になっている詰将棋。

これも、ちょっと説明。二手目の玉方がA、B二つもしくは二つ以上の選択肢がある詰将棋で、Aを選ぶと作意手順でN手詰。Bを選ぶと変化手順でN-2手詰、と言う詰将棋です。変化別詰(変化手順中の紛れ)が無いように作るのは、挑戦してみてわかったのですが意外と難しいです。意外と、というより、「無茶苦茶」難しい。
この趣向(構想)は、相馬様の「デフォルト」を拝見した時に「ああ、格好いい」と思い、作ってみたくなりました。

4) 初期配置図が横一列のみの「持ち駒無し」詰将棋。

以前、拘っていた「壁詰将棋」「角桂の無い無仕掛け」「非対称による非限定着手回数」そして「200手」は、最近はあまり考えていません、、、飽きっぽいのだと思います(爆)。

どの課題もとても実現が難しいのですが、色々考えているうちに、先日の「不甲斐ない、、、」のように、小品が生まれてきます。

そうそう。1)〜4) のどれかひとつ、ですが先日スマホ詰パラに投稿して、採用待ちになりました。約2カ月、かかった作品です。。。

| | コメント (0)

出現マジック、、、気が付いたら寝首をかかれてた?(詰将棋)

久し振りに、ブログで発表です。

201909221

スマホ詰パラ「No.13561出現マジック2」のコメント欄で、三輪さまに拙作(No.13009)をご覧いただけていたことを知り、喜んだ無風凧は、少し違った「出現マジック」の作品を発表しようと思い立ちました。

その作品がコレです。

三輪様の出現マジックは、両王手の二枚だけ出現とのことですが、ここではちょっと拡大解釈して、「無仕掛けの状態から2枚だけ増えて詰んでる」としました。

この詰将棋、丁度一年程前にスマホ詰パラで採用していただいた作品の改作です(こちら 参照)。

敵が一人も居ないお城の中で安心している王様が、17時間(17手)ほど惰眠を貪っていると、、、なんと「くノ一(金と龍)」が真横に寝ていた、と言うストーリーです。

201909222右図が詰上がり。金と龍だけ増えています、、、こんな作品、いかがでしょうか?

スマホ詰パラの過去の作品をタグ検索してみると、「無仕掛」で「還元玉」の作品の幾つかで、配置図と詰め上がりの差がつめ方の数枚が加わっただけと言う、「ある種の出現する」詰将棋はあるのですが、加わる駒の数が攻め方の最低限の2枚、と言うのは無いようなので、ブログで発表してみました。

御指導、コメントいただけると嬉しいです。

9/23追記:
タイトルは、「浅草寺の鈴」にしたいと思います。

 

| | コメント (0)

不甲斐ない詰将棋、、、、

20190912 無風凧のスマホ詰パラ16作目が採用されました。パチパチ。

この詰将棋、じぶんで言うのもなんですが、不甲斐ないほど簡単。管理人様にLV6と評価していただきましたが、無風凧史上おそらくもっとも簡単な作品です、、、本当に不甲斐ない。

でもちょっとだけ主張もあって。

最初の形が 「I」。 そして、詰上りの形が 「イ」。そう。1 → イ の 「立体曲詰」になっているのです。5手で誰でも解ける立体曲詰って、とうっても、珍しいと思うのですが、、、いかんせん、簡単過ぎます。

さて。ここからは言い訳というか、創作の背景を少々。

この詰将棋は、元々は「縦一列に七色+双玉を並べた駒柱詰将棋」を作ろうとして試行錯誤している時に偶然にみつけたもの。さらにその切っ掛けは、須藤大輔様の 「桂馬が弾けて歩で締めて(スマホ詰パラ11270)」。須藤様の作品は駒柱+持ち駒5枚なのですが、これを「駒は9種類」で処理できないかな、、、と思って挑戦してました。(この挑戦は、今のところ成功して居ません。)

何度も書きます、、、不甲斐ないほど簡単ですが、立体曲詰という趣向があることが、初心者(無風凧もまだまだ初心者なのですが)に伝わればいいな、と思っています。

、、、、不甲斐ない → 歩が居ない、 のダジャレです。(爆)

補: 曲詰の大作としては、上述の須藤大輔様の「7000」があります。。。どうやったらあんな凄いの作れるんでしょう?

 

| | コメント (0)

量より質を求める(自作の見直し)

皆様、昨日から今朝にかけての台風15号、大丈夫だったでしょうか?お見舞い申しあげます。

無風凧は、どうせ落ち着かないなら、、、ということで、自作詰将棋で未発表のものの「見直し」をしていました。というのも、Twitterで「詰将棋パラダイス本誌に投稿して見ては」との励ましをいただいたので、それに見合う作品があるか、と思ったから。結果として、没作品が増えて、、、まあ、量より質を求めて、という意味でも良い機会でした。先日、3つぼつにしましたが、改めて一つ、ぼつにしました。

加えて。量より質、といった時に、質の本質って何だろう、というのもかなり考えました。

先日スマホ詰パラで採用された「だるま落とし(こちら 参照)」、実は無風凧的にはかなりの自信作というか、気に入った作品だったのですが、なかなか評価が伸びない。それに反して、今となっては汗顔の至りである「改めてご挨拶」(コチラ 参照)は、予想よりも全然高い評価を得ています。まだ作品数が少なかった頃、作品の良し悪しもわからずに投稿した 「歩カッケー」(コチラ 参照)は、自信作だった「225通りの詰将棋」(コチラ)よりも評価が高い、、、

詰将棋の良さ、楽しさ、質、の本質ってなんだろうな、と考え込んでしまう次第です。

偉大なミクロコスモスも、もしかすると「無駄に手が長いだけ」と言ってる方がいるかもしれないし、Okara様のスマパラ12966「全駒煙に仕上げて!」は、無風凧は近藤真一氏の作品を基本に置きながらOkara様のオリジナリティを感じているのですが、オリジナリティを感じない方もいらっしゃるようで、、、とすると、オリジナリティーってなに?という考えてしまいます。。。

おっと、台風でざわざわしているので、頭の中もざわざわしていたようです。お目汚しで失礼しました。

| | コメント (0)

デフォルト(左右対称の詰将棋、その後)

この一週間、左右対称の詰将棋を色々調べていたのですが、凄い作品見つけました、、、というより、看寿賞作品なので、知らなかった無風凧が「勉強不足」なだけなんですけど。

相馬康幸様作「デフォルト」2003年看寿賞中編作品。
作品は、例えば コチラ(相馬様HP)、 コチラ(詰将棋おもちゃ箱) などで公開されています。
相馬様のコメントは ご自身のHPで書かれています。コチラ。(無風凧の駄文より、← をご一同されることをお勧めします。)

この作品、配置図が受け方の「51玉、41金、61金」の無仕掛けの対称形。41か61のどちらかがなくても、「正解手順」は同じなのですが、その意味で飾り駒と思われた41か61の金が存在すると、なんと反対に逃げた場合の「隠された詰将棋」が存在しているのです(相馬様は「プラスαの詰将棋」、と表現されています)。偽作意という言葉が正しいかどうかはわかりませんが、玉が右に逃げても左に逃げても詰む。でも、正解は片方だけ、、、というのは、一種究極の機能美を感じます。相馬様の言葉を再度お借りして「左右対称を利用した、作意手順と変化手順の積極的な融合 」です。

相馬様も正解手順だけを対象にするなら、41か61のどちらかの金は不要駒かもしれませんと書かれていますが(相馬様は、「よくできた簡素図式の作品程度」と書かれています)、作品全体として、必須な駒です。ただただ「凄いなあ、、、」と感心しています。

この「プラスα」の部分は、詰将棋アプリでは発見することすら多分難しくて、「人間の脳」でなくては作れないものだろうな、と思うと、「デフォルト」の奥深さも一入です。

 

| | コメント (0)

京急将棋祭り

今年で21回目になる京急将棋祭り。無風凧は、初めて伺いました。

昨夜は、遠足前の小学生のようにとても楽しみにしていたのですが、、、1時間もせずに疲れてしまい、早々に退散しました。と言うのも、座る場所がない。公開対局用の座席は空席が目立つのに、荷物を置いてあったり、小学生席と書いてあったりで、無風凧が座ることは出来ない、、、そんな不満もあり、楽しめなかった。

詰将棋は、と言うと。懸賞詰将棋が大きく張り出されていて、ちょっと難し目。と言っても!スマパラのレベルでいうなら7か8位かな。来場者に配っていた団扇にも両面詰将棋。これは、、、共に瞬殺でしたから、レベル1~5。それらとは別に、詰将棋が載っているフライヤーが配られていました。

どの問題、と言うわけではないですが、既視感があるものがあり、ちょっと残念、、、とは言え、3手詰5手詰は、既に出尽くしていて、新作つくるのは、難しいのかもしれません。

| | コメント (0)

飾り駒か否か

Screenshot_20190814_095526

この詰将棋、スマホ詰パラno.13411「だるま落とし」です。無風凧の創作開始一周年記念の作品で、左右対称による非限定着手が7回。対称形と非対称形をいったり来たりするのは、珍しいと思うのですが、、、

さて。スマパラのコメント欄への問い合わせで、一つ、無風凧も教えて欲しいことがあり、ブログで公開質問です。

この詰将棋、39香(若しくは79香)は、飾り駒か否か、と言う問題です。

この39香がない場合。

無くても詰ますことは出来ます。ただ、初手を初めとして非限定が複数回出てきます。例えば、初手は42角でも62角でも詰ますことが出来ますから、非限定。

39香が無ければ、当然左右対称ではありませんから、初手を初めとする非限定は「余詰」になると思うのです。

39香があれば、左右対称になりますから、ルールに則った非限定です。、、、だから、39香は必要な駒だと言えます、、、

でも。別の視点で考えれば「無くても詰ますことが出来る」場合、その駒は「飾り駒」となります。39香は「無くても詰ますことが出来る」ことには違い有りませんから、その意味では飾り駒。無くしてしまえば非対称になり、本作は不成立、、、となります。

柿木将棋や背尾詰は、39香は必要、と判断しているように思いますが、このようなケースを想定していない判断ルーチンかもしれないのです。

飾り駒か否か。どちらがルールに則った判断なのか、悩んでいます。どなたか、ご教授下さい。

| | コメント (8)

対称な詰将棋。

Screenshot_20190812_144758

今日は!ブログで新作発表です。

この作品、35手詰。左右対称にこだわった作品で、ほぼ一本道です。

、、、

問題図も詰め上がりも左右対称(左右対称の立体曲詰)。途中、取った銀を打つのですが、銀を打つ局面もすべてを左右対称。

綺麗だな、と思ってくださる方が居れば嬉しいです。

、、、

昨日、スマホ詰めパラで、無風凧の15作目が採用されました。パチパチ。スマパラno.13411。上記は、その姉妹作です。13411についは、又は後日。

| | コメント (0)

長編的練習局(自己満)、、、詰将棋

20190716 スマホ詰パラに14作目の詰将棋が採用されました。パチパチ。

長編的練習局(自己満)、、、No.13276 です。

今年の書初めで、100手を越える詰将棋つくり、を目標にしたのですが、創作に一か月半かかり、昨日、ようやく採用・公開されました。これまでの進捗等は、コチラ などもご覧ください。

この詰将棋は、自分としては、いろいろな工夫や考察をしたので思い入れがある(つまり、自己満)のですが、解く方にとっては、一本道の詰む将棋、長くて大変だっただろうな、、、と感謝しています。ありがとうございます。

ある意味では。この詰将棋は9~76手目に、前奏と収束をつけたような形です。言い換えれば、周回する工夫部分(9~76手)と、100手を越えるために無理やり伸ばした部分(1~8手と77~101手)に分かれています。まあ、どちらも「一本道」であることには変わりはないのですが、49~55手で3周目に入る部分の「苦労」を感じ取っていただければ、、、作者冥利に尽きます。

以下は、戴いたコメントへのお返事。

・ 逆王手、切るっきゃない 笑
82手目の逆王手で、龍を角に変えて(パワーを落として)、残り20手、、、という発想でした。

・ 無駄に超手数
はい。必死に伸ばしてなんとか100手を越えました。

・ ノーミス!奇跡だ ^-^
おめでとうございます!

・ 周回の仕方にオリジナリティがあって、とてもよいと思います。
ありがとうございます。オリジナリティがある作品つくりに、努めていきたいです。

・これが長編詰将棋ってやつか、、、
100手なので長編と呼ばせて頂いています。

・もっと何周もできるようになればいいですね。
少し冷却期間をおいて、まずが4周目に再度挑戦します。。。。自信は無いのですけど。

・ほとんど一本道だが、終盤、歩を銀でとるか金でとりかは真剣に読んだ。
ご回答ありがとうございます。ここで間違うと、また80手一本道、、、、

・なんたるちーあ。偶然詰みました。
なんたるちーあ様、偶然ですか(*^.^*)

・疲れます。ありがとうございました。
お疲れ様でした。ご回答くださりありがとうございます。

・次作の複線ならいいと思う。
当初の目的「100手越」は達成しましたが、上述のように4周には挑戦します。

・ 銀の上下が面白い。通常の龍追いとひと味違う。次は目指せ200手超え!
応援ありがとうございます。200手は、スマパラで発表してもよいでしょうか?

・codaのcresc.を堪能させていただきました(>_<)ゞ
cresc.に解釈してくれてありがとうございます。m(_ _)m。 次回はaccel.も感じていただけるような作品目指します。

・ ありがとうございます
・ ありがとう、難しい

解いてくださり、こちらこそありがとうございます。

・ よく作られましたね
ありがとういございます。次にチャレンジする勇気がわきます。

・ もはや紙の領域。星5つ以上付けたい
あまりおだてないでください、、、凧はただですら舞い上がりやすいのです(*^。^*)。

・ よくこんあサーキット思いつきますね。すごいや。角合の必然性もヤバい
銀桂のサーキット(銀の出入り)は狙いました。見たことがなかったので。角合は、偶然です。

・ ま
大魔神様でしょうか?ありがとうございます。

・ 難しいね(^_^)/
コメント書いてくださるということは、正解された、ということです。ありがとうございます。

・確かに好練習
前奏部分の8手も、練習でした。

・ すごい
ありがとういございます。

・ 長手数に無駄なし。
ありがとうございます。周回部分以外も、いろいろ考えて、「練習」できました。無駄ではありませんでした。

・ 間違えたらまた最初からという恐怖
ですよね、、、光速なければ大変です。。。

・ サイクルごとに回転域が拡がるユニークな龍追い。
前例があるかも知れませんが、ユニークと言ってくださり、とてもうれしいです。

・ 逆王手に気ずかず苦戦。次は満足ですね。
そうですよね、、、脈絡のない逆王手でごめんなさい。手数を伸ばす苦肉の策だったのです。

・ 楽しかった! 79金は必要ですか?
79金は、地味に必要です。25手目▲66龍で、79金が無い場合は、▽74玉で逃げ切れるようです。
以下▲75龍▽63玉▲62銀成▽53玉▲73龍▽44玉▲43龍▽55玉▲56歩▽同玉▲67銀▽同玉の時に、▲63龍が指せるか指せないか、の違いです。
配置駒としては、79金の代わりに68歩などでもOKです。


(7/18午後1時到着分まで)

 

皆様、改めてご回答・コメントありがとうございます。

| | コメント (0)

詰将棋創作1年の記念作(?)

丁度一年前、、、2018年の7月5日に、無風凧は「詰将棋の創作」を始めました(コチラ 参照)。以来、スマホ詰パラを中心に20作品ほど、発表させていただきました。創作順と発表順とが入れ子になっているのですが、昔の作品はちょっと目も当てられない、、、と思っています。ということは、「今日」作った作品も、来年の今頃には、「駄作だなあ」と思っているのかもしれません。

一年を記念して、2作品作成しました。一つは、スマホ詰パラに投稿しましたので、今日はもう一つをブログで発表です。

20190706この作品は、スマパラのNo.13220 「簡単なお仕事です(作者:原田椅子様)」の作品を分解して再構成した、、、というのが実情ですから、胸を張って「無風凧のオリジナル」とはちょっと言えないかと思っています。原田椅子様の作品を引用・掲載していないのでわかりにくいかと思いますが、原田椅子様の作品は、成銀は3枚でした。無風凧は、拝見した時に、「ああ、きれいだな」と思い、また、「成銀4枚にすることができるのに、なぜ3枚で止めたのか」が不思議で、、、ちょっと分解したりして、、、、この作品に行きつきました。ちなみに、3枚で止めているのは、おそらく煙にするため、だと思っています。

結果、やはり原田椅子様の作品の方がはるかに「質が高い」です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧