歌謡曲考(好きな音楽2022年4月)

Youtube上。

「〇〇年代人向け歌謡曲集」のようなコンテンツは山ほどあります。著作権はどうなっているのかなあ、、、と心配になりますが、JASRAC通じての包括契約の中に入っているのでしょう。ということで無駄な心配は横に置いて。

結構、〇〇年代というのを聴き比べると、差があることが分かります。そして、音楽的な差、よりも、無風凧の「記憶」の違いが大きい。はっきり言って、2000年代以降の歌謡曲(J-POP)は、耳にしたことはあるけどアーチスト名もわからないものが多い。それまでの物は大体わかり、、、というと、無風凧の歳がばれてしまいますが、この違いは顕著。

△△年代が良い、とかいう区切りはありませんが、やはりなつかしさ、が違います。歌はよにつれ、世は歌につれ、ですね。この場合にでてくるのはクラシックではない、というのは、ちょっと面白いです。

追記:
勿論、あの曲を聴くと高校時代を思い出す、というクラシックも沢山あります。というか、無風凧にとっては、それぞれの曲はほぼどこかの時代に紐づいています。でも、それは、無風凧の個人史に関わる問題で、世情とはほぼ無関係、です。

木挽歌=15歳、TimeSequence=17歳、威風堂々1番=17歳、フランクのバイオリンソナタ=〇〇歳、新世界交響曲=12歳、、、てな感じです。

 

 

| | コメント (0)

おとなしい月(好きな音楽2022年3月)

おとなしい。大人しい。音無しい。

この3月も、BGMでYoutubeを流す以外は、ほとんど音楽と接していない月でした。これ、と言って聴きたい曲もない、、、更年期障害でしょうか。

理由を考えてみると。

Youtubeが便利すぎるからかもしれません。

朝、一度セットすると、(時々、Pauseになることはありますが)ほぼ一日中BGMを流してくれます。次々と曲が流れる。自分で探す必要が無い。

昔、CDを買っていたころは、「どんな曲かな?」「こんな曲が聞きたいな」と思いながら、作曲者や題名から想像して、そしてジャケットの説明など読んでわくわくしたものですが、今はそのようなわくわくが無い。気が付いたら、無風凧好みの音楽が一日中流れている。

ある意味では、音楽的な欲求が満たされているが故の「不満」になっているのかもしれません。

ということで。

今年はC.フランクの生誕200年。ヴァイオリンソナタを筆頭に、無風凧の好きな作曲家です。久しぶりに、フランクの曲を研究してみようかな、、、

| | コメント (0)

キエフの大門(好きな音楽2022年2月)

ウクライナの首都キエフ。キエフと言えばキエフの大門。そして「展覧会の絵」。

今月ほど展覧会の絵を聴いた月はないかな、、、と思っています。ピアノ版、ラベル版、ウッド版、ストコフスキー版、ギャルド版、PJBE版、冨田勲版、などなど。昔は、冨田版は愛聴していたのだけど、今聴くとあまり面白くない、、、

今回、ヘンリー ウッド卿の編曲したVersionがあることを始めて知り、Youtubeで聞いてみました。チャンバラ劇みたいな感じがする、というと失礼かもしれませんが、随分メリハリがあって、楽しい。ラベル版の前身、というように感じます。PJBEは、ウッド版を随分参考にしたのではないかな、、、という感じがします。

さて。ここからが本題。

M.ムソルグスキーが作曲した「展覧会の絵」は、1874年に開催されたハルトマンの遺作展の中から選んだ絵画からのインスピレーションで作曲されたと言われています。実際、どの画を用いたのか、の同定を試みたNHK番組を視聴したことがありますが、ハルトマンもムソルグスキーもロシア国民楽派というか、民族に根差した芸術を志した芸術家。ムソルグスキーは、ロシア五人組、などと言われているほど、ロシア的なモチーフにこだわっています。

そのムソルグスキーが、やはりロシア・ラブなハルトマンの絵画展を見て作曲した組曲、その最後が、「キエフの大門」です。

ここで気になるのが、なぜ、しめくくり、つまり組曲の最後にキエフの大門を持ってきたのでしょうか?

ロシア、当時はペテルスブルクが首都でしたから、ペテルスブルクを題材にした絵を用いる、というのが無風凧的には自然な気がします。また、今回初めて知ったのですが、ロシアは、ウクライナを属国化する為に1863年にウクライナ語禁止法(ヴァルーエフ指令)」、そして1873年には出版などを禁止するエムス法が定められています。この事実だけを考えれば、キエフのポジションは随分下がっているように見えます。つまり、最終曲にするだけのポテンシャルがキエフには無い。

更に。ウクライナの民族音楽と言えば、コサック(ちょっと短絡ですが)。ムソルグスキーは、コサック音楽を使っていない。キエフをイメージする際に、コサック音楽ではない、ということは、キエフを表す音楽としては何をイメージしたのだろう?「キエフの大門」の音楽がなにかキエフの民族音楽に根差しているものであれば、、、と思うのですが、浅学にして見つからない。

このように考えていくと、何のためにキエフの大門を最後の曲にしたのか、なぞは深まります。

 

| | コメント (0)

音楽聴いてないなあ、、、(好きな音楽2022年1月)

年初。

オミクロン株の急拡大などでてんやわんやし、オフィスで仕事、という時間が短かった無風凧。ほとんど音楽を聴いていません。こういう時は、何かを聴きたくなるもの、、、なのですが、最近は頭の中で音楽がなっていても「聴きたい」と思うことも少ない。

結局、頭の中だけで音楽が鳴っていれば幸せ、な無風凧ですが、最近、頭の中で流れていた音楽で思い出すものと言えば。

1.赤穂浪士(芥川也寸志作曲、大河ドラマのテーマ)

2.亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル作曲)

3.ウルトラセブンのテーマ(冬木透作曲)

4.Syncopated Clock(L.アンダーソン作曲)

どうも、気軽な曲ばかりですね。こういう時もあるものです。ただ、、、亡き王女は、頭の中で編曲していて、色々なVariationを作って楽しんでいました。

 

| | コメント (0)

今年のレクイエム(2021年12月)

今年は、無風凧にとっての大きな訃報が3つ、続きました。今日はその3件(二名と一匹)由来の音楽をレクイエムとして書きます。

まず最初はハナちゃん先生。享年12歳。世を忍ぶ仮の姿はしばわんこですが、はなちゃん先生は世界で一匹の「The はなちゃん」先生。

はなちゃん先生との出会いの日、無風凧はP.I チャイコフスキーのピアノ協奏曲1番を3つ、聞きました。その合間に、匿名希望様からはなちゃん先生の話を伺っていました、、、ということで、一つ目のレクイエムはチャイコフスキーのピアノ協奏曲一番。ちなみに。無風凧は、リヒテル/カラヤン/ウイーンシンフォニカ―の演奏が一番好きです。

つぎは、A先生。A先生は、Mozartが好きな方でした。、、が、ある時、車にお邪魔したら、今井美樹をBGMにしていたことが印象的でした。PRIDE を鼻歌で歌いながら運転してた。ということで、レクイエム二曲目は今井美樹のPRIDE.

最後はM先生。この方もクラシックに造詣が深く、オーディオにも詳しい方でした。が。なんといっても印象的だったのは、70歳直前でお会いしたときに、山本リンダの「狙い撃ち」について熱弁をふるってくれたこと! あまりに想定外で、今後いつまでもエピソードとして語り継がれるだろうな、と思えるほど。ということで、レクイエムの3曲目は山本リンダの「狙い撃ち」。

これで今年も終了。皆様。良いお年をお迎えください。

 

| | コメント (0)

Andante Festivo

今日は、シベリウスの誕生日(1865年)。無風凧は、毎年この日は「Andante Festivo」を聞くことにしています。ここ数年は、Youtubeでいろいろな演奏を楽しんでいます。

とはいえ、やはり、基本はシベリウス自身が指揮した演奏の録音でしょう(こちら )。

この演奏は、おそらくは「もっともゆっくりした演奏」です。これだけゆっくり演奏して、でも緊張感を保った演奏は、鬼気迫るものがあります。

最近の演奏は、いずれも速く、明るい印象になります。Festival,を日本語にするとお祭り、ですが、享楽型のお祭り的な明るさ、軽快感があるものが多い。しかし、シベリウス指揮の演奏は、精神的な喜びを祝している感じが強いと感じます。だから、なぜ最近の演奏が軽快になっているのか、、、よくわからない。

そんななか、今年見つけたのが、Neeme Jarviの指揮した演奏(コチラ)。きちんとした演奏会のアンコールではなく、サマースクールのおさらい会のアンコール、でしょうか。しかし、この演奏は、スピードは速いものの、最後のritをふくめ、シベリウス指揮の精神をベースに、さらに自分の解釈が加わっているように感じます。久しぶりに、感動の演奏です。

今年は、よいシベリウス日になりました。

 

| | コメント (0)

Come Come Everybody(好きな音楽2021年11月)

朝の連ドラ「Come Come Everybody」が大人気のようですね。

今の人は知らない人が多いようですが、Come Come Everybody は、童謡「証城寺の狸囃子」の英語名。戦後、アメリカでもよく知られていた曲です。今日はその Come Come Everybodyの蘊蓄話。

日本を飛び出しアメリカで一世を風靡した筝曲家「衛藤公雄」が、アメリカの「ダニー・ケイ・ショー」に出演した際、この Come Come Everybody を演奏したことを、ご存じでしょうか? と言っても、無風凧も伝聞でしっているだけで、実際の映像を見たことはないのですけどね。ダニー・ケイ・ショー で演奏されたのは、当時、アメリカでもこの証城寺の狸囃が市民権を得ていたから、であろうと思われます。

この衛藤公雄のダニー・ケイ・ショーの映像、ぜひ一度見てみたいので、、、NHKさん、ぜひ、アメリカと交渉して流していただけませんか?

| | コメント (0)

ミニマルミュージック

ごっ、ごっ、ごっ、ごっ、ごっ、ごっ、ごっ、ごっ、
gi,gi,gi,gi,gi-,gi,gi,gi,gi,gi-,gi,gi,gi,gi-,gi,gi,gi,gi,gi-
  ゴコン    ゴコン    ゴコン   ゴコン

三声のミニマルミュージック、、、、ではなくて、MRIの検査中の音。

疲れてる無風凧には、MRIの検査時間は絶好の休息時間にすぎず、モーターの音は、子守歌代わりのミニマルミュージック。

今日は、20分のミニコンサートを楽しみました。

 

 

| | コメント (0)

カヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲

昨日。おそらく今年一番大きいイヴェントを終え、今日はその残務です。残務ほど重要なことはない、というのは無風凧の持論。特に成功したイヴェントは、成功にかまけて「細かな取りこぼし」が多く、細かな取りこぼしは関係者の気分を害し、次回に繋がらなくなります。

とはいえ。

無風凧も人の子。少しペースダウンしながら作業をしています。

昼食後。ふと聴きたくなったのがカヴァレリア・ルスティカーナ(マスカーニ作曲)の間奏曲。

とある吹奏楽だにいた際、アンコールで吹いたことで知った曲ですが、もちろん、原曲はオーケストラです。オペラのストーリーも知らずに勝手に作り上げた曲のImageは、オペラのシーンとは全く異なるものだった、とうい記憶があります。そして、オペラを知った今でもこの曲のImageは、自分で作り上げた方が強い。

激務を離れ、激務の余韻にひたる、、、そういう印象を無風凧もあっています。今、そんな気持ちでコーヒータイムのBGMです。

| | コメント (0)

BGM考(好きな音楽2021年10月)

YouTubeをBGMとして流している無風凧。

YouTubeの良い所は、自分で曲を選ばなくても次々と流してくれるし、そのおかげで時々、知らなかった音楽に出会うこともあります。と同時に、BGMとして適している曲が流れていることもあれば、ちょっとこれは、ということで曲を変えてしまうこともあります。そんな時に、「BGMとしてどんな曲がいいのかな」と考えます。

以前、ピアノ曲は向かない、という記事を書いたことがあります。特に、Beethoven のピアノソナタは、BGMにはなりません。聞き込んでしまいます。ところが、同じピアノ曲でも、Philip Glassのミニマル音楽などは、仕事がはかどります。

そういう意味では、ジャズ、それもコンボジャズはBGNとして良いようですが、ビッグバンドジャズは、騒がしい感じがします。

歌謡曲=J-Popは、一昔前の物は集中できないし、最近のものはうるさいだけ。総じて、「声」が入ると、無風凧は苦手です。これは、オペラや歌曲でも同じ。

最近は、MIDI音源を使ったDGMもあります。これは、いただけない。頭の中が充血して頭が痛くなる。

吹奏楽は、一瞬聞き込んでしまいます。ピアノソナタとは違う意味でBGMにはならないのですが、気分転換と割り切れば、良いCoffee Timeを作ることが出来ます。

このように、無風凧のオフィスのBGMは、無意識のうちに選ばテレて言っているようです。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧