« 判例と法律のスクラップ&ビルド | トップページ | 詰将棋: 出現マジック一号 »

批判ではありませんが、、、ひろゆきさん、それは違う。

先ほど、元2ch創設者、ひろゆき氏のこんな記事を発見しました。

”選挙で投票先〝選べない〟人にチクリ「頭の悪い人」「与党に投票したのと同じ」”(コチラ 参照)

後半の「与党にとうひょうしたのと同じ」は、同意します。これは、統計学上の真理ですから。でも、全般は、違う。論破王ひろゆきとしては、「断言」する必要があるのでしょうが(かれのキャラ設定の問題です)、{選べない人の集合}={頭の悪い人の集合}ではない。選べないから、「与党に投票することは判っていても投票できない」人は、一定数います。「なんでもよいからとりあえず反対」が、賢い選択でないことは、ご理解いただけますよね。これが判らないとすると、ひろゆき氏には、無風凧のブログを読んでほしい、と思います。

まず、今の、政党政治、に疑問を持っている人(つまり、政党政治が何であるかを考えることができる人)は、頭の悪い人とは限りません。

次に、マニフェスト通読して理解した人。勿論、頭の悪い人ではない。でも、「判断ができない」ということです。無風凧も、それは痛感します。ひろゆきさんも、各政党のマニフェストを全部読んでみて下さい。判断に悩むでしょ?「判断ができないこと」と「頭の悪いこと」を同一視する、ということはそれ自体が「頭がわるいこと」かもしれません。

ひろゆきさん、無風凧を論破して下さい。

|

« 判例と法律のスクラップ&ビルド | トップページ | 詰将棋: 出現マジック一号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 判例と法律のスクラップ&ビルド | トップページ | 詰将棋: 出現マジック一号 »