« 国会議員にとって党のルールと有権者の意志のどちらが優先されるべきか? | トップページ | 森友事件とビッグモーター事件は同根 »

日大麻薬もジャニーズ性加害も同根

幾分下火になってきた感もありますが、いずれもずいぶん世の中を騒がせた事件です。もう皆様もお気がつきとは思いますが、この2つの事件は同根です。

犯罪行為をする人、これは罰せられなければなりません。

それを見て見ぬふりをする人、これに対して今の日本の法律は無力です。ともに、最初の違法行為が起きた時点で、気がついた人が報告をしていれば、最小の被害で抑えることができたであろう事件です。。しかし、友達関係や先輩後輩、そしてビジネスの関係、性加害は個人的志向(LGBTQに代表される多様性)による許容もあったのかもしれません。いずれにしても、犯罪行為を訴えなかった。

今の日本人の特性なんでしょうか、見て見ぬふりをする。

実際の社会でも、見てみぬふりができない人は、なかなか暮らしづらい世の中です。落語に出てくる横丁の隠居、小言幸兵衛、天下のご意見番大久保彦左衛門、などは現代社会では受け入れられないのでしょう。

そのように考えると、日本の国民性が引き起こした事件、と言っても過言でないかもしれません。

|

« 国会議員にとって党のルールと有権者の意志のどちらが優先されるべきか? | トップページ | 森友事件とビッグモーター事件は同根 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国会議員にとって党のルールと有権者の意志のどちらが優先されるべきか? | トップページ | 森友事件とビッグモーター事件は同根 »