« 自棄食いではありません | トップページ | ビューティフルマインド(「お題の記事を書いてポイントGET」参加中) »

群馬県知事の怒り(ランキングについて考える)

ランキングについて、面白い記事を発見しました(コチラ 参照)。事の発端は、民間シンクタンク「ブランド総合研究所」の発表する、地域ブランド力調査の結果で、群馬県の魅力度が44位だった、ということに対し、群馬県知事の山本さんがクレームを付けた、というもの。

山本さんがクレームをつけたことよりも、この記事で指摘している「ブランド力調査の調査方法に関する3つのクレーム」が、ランキング学的には面白い。

その3つとは。

1)質問が「魅力を感じますか?」の一つしかないこと。その上で、「多角的に調査しなくてはならない」と主張している点。

2)採点が五段階で点を付けられているということ。

3)生データが公表されていないこと。

一番面白いのは、多角的に調査したら結果が変わる、と思っていることです。勿論、その可能性が無いとは言いませんが、、、主観的な順位を多数足し合わせて客観的な順位にする。この操作はの「段数」を2段にするのが、「多角的調査」ということになります。簡単に言えば、無風凧がつける「県の魅力度ランキング」は、多角的になったとしても、おそらく結果は変わりません。少しの差異はあるかもしれませんが、基本は同じ結果になります。

これは、少し違う言い方をすれば、魅力 という言葉で指す意味が人によって違うことも意味しています。それを包含する意味での「魅力」と一つの軸に集約しているので、1)のクレームはあまり効果的なクレームではありません。

二つ目の「五段階」は、、、ほとんどクレーマーレベル、です。ほとんどすべてのランキングは、「これ(例えば五段階)を認める」ことで成立しています。それを言い始めれば、入学試験の配点だって同じことです。学力を調べるにために行う試験の配点ですが、基礎問題に高配点するか応用問題に高配点するかで結果は異なります。それで合否がかわることもあります。でも、配点にクレーム付けますか?配点は、それをルールとして受けいれるしかない、と思うわけです。

などと、冷静に書いていますが、山本知事の気持ちもよく分ります。

とは言いながら。

ある意味での「炎上商法」的に群馬県の認知度を上げることができた、とほくそ笑んでいるというのが事実かもしれません。

 

|

« 自棄食いではありません | トップページ | ビューティフルマインド(「お題の記事を書いてポイントGET」参加中) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自棄食いではありません | トップページ | ビューティフルマインド(「お題の記事を書いてポイントGET」参加中) »