« COVID-19:実行再生産数という判りにくい指標 | トップページ | COVID-19: 倍化時間より分り易く! »

COVID-19: RNA型ウイルス

RNA型ウイルスの変異が早い、というのは耳学問(目学問?一般教養?)としては知っていましたが、本当に早いですね。最近ネット上で見かけるだけでもイギリス型、南アフリカ型、ブラジル型、とありますし、日本においても、日々変化しています。もともと、Messenger RNAがコピーミスをすることが、ある意味で「進化」と言われるわけで、1億人近くもコピーが作られれば(つまり、感染者が1億人にもなれば)コピーミス=変異種は、それなりに沢山出現します。

問題は。

ワクチン開発よりも早くなってしまうと、もう人間の手には負えなくなります。一説によると、先日認可されたファイザーのワクチンはイギリス型には有効だけど、南ア型には効き目が弱い、らしい、、、南ア型に有効なワクチンを作るのに、どれだけ時間がかかるのだろうか、と考えると、絶望的な気分になってきます。

変異種を作らない、というのは言い換えれば、「感染を減らす」ことと同じです。感染拡大を早く止める事のみが、変異種を作らない=感染死を防ぐ唯一の手段だと言って、過言ではないでしょう。

30年以上前から。

ウイルス拡散モデルの研究はなされてきました。Cell Automatonの格好の計算モデルでした。そして、その頃から積み重ねられた研究結果が、今、まったく生かされていない、と無風凧は感じます。

・ 外からの輸入は確実に止める。

・ 細かな部分に分割して、近隣との接触を禁じる。

たったこれだけです。もし、その後の科学の進歩の結果を加えるなら、ネットワーク理論でしょうか。次数中心性が高い人がいれば、あっという間に拡散します。いわゆる「拡散方程式モデル」から「ネットワーク理論モデル」への変更。ただ、昨今の状況を見ると、すでにネットワークモデルのみではなく、拡散方程式モデルが有効になってきている、と無風凧はっ分析しています。

繰り返しますが。

一日も早く経済復興するために、今は、感染拡大防止が必要な時期。最適停止理論でも、そのような解が出てきます。その為の経済政策については、日を改めて。

|

« COVID-19:実行再生産数という判りにくい指標 | トップページ | COVID-19: 倍化時間より分り易く! »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« COVID-19:実行再生産数という判りにくい指標 | トップページ | COVID-19: 倍化時間より分り易く! »