« 新オンデマンド教材作成システム | トップページ | COVID-19: ついにトランプ米大統領も感染! »

虎の尾を踏んだのは、学歴コンプレックスか?

日本学術会議の委員任命で問題が起きました。詳しくは コチラ をご覧ください。

学問の国会、と呼ばれている(この言い方は初めて知りましたが、言いえて妙だと思います)日本学術会議に対して、政府が「物申す」とやったわけです。これで、学術界から総スカンを食ってしまうことになると、菅政権は虎の尾を踏んだことになります。

「めくら判(注)が良い」、というわけではありませんが、学術の専門家でない方々からの「ダメ出し」は、学術界にとっては、沽券にかかわる一大事です。総力をあげて反発してくることが予想されます。

どこかに、菅総理の「学歴コンプレックス」があり、それが根底にあるのではないか、、、と思っていますが、これは下衆の勘繰りかもしれません。でも、そう思われても仕方がない「ダメ出し」ですね。

加えて。説明責任を果たしていない、というのは、安倍政権の悪習をそのまま引き継いだ形になります。もりかけさくら、、、と根が同じですね。

これも、菅政権にとってはマイナスポイントだと思いますが、、、

注: めくら判、という言葉が差別語だったらごめんなさい。

 

|

« 新オンデマンド教材作成システム | トップページ | COVID-19: ついにトランプ米大統領も感染! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新オンデマンド教材作成システム | トップページ | COVID-19: ついにトランプ米大統領も感染! »