« COVID-19: 最適停止理論による政策決定に関する提案 | トップページ | Mutation(変異) »

東京オリンピック2021?

COVID-19の世界的猛威が沈静化しません。日本国内も所謂第二波、で感染者増、感染率増になっています。国内の感染状況に鑑みて、もしくは世界の終息状況に鑑みて、「東京オリンピック2021」が行われるか否か、喧々諤々な状況だと思います。

しかし。

ここにきて、COVID-19 以外にも、懸念事項が出てきました。中国とアメリカが一触即発な感じで、つばぜり合いをしています。つい先日は、お互いの領事館の指し止め応酬がありました。傍目には、「国交断絶も辞さず」と意思表示の様に見えます。

こんな中での東京でのオリンピック開催委はCOVID-19問題がない場合でも舵取りが難しい。世界の二大大国が、きっと「行う」「行わない」で対立するでしょうし、日本がキャスティングボートを持っているとすると、COVID-19の影響で中止することになったとしても、開催推進側(多分にアメリカ側でしょう)からは、「敵陣営に着いた」と思われてしまうことになります。

この様に考えると、中米がオリンピック開催に対立する前に、「中止」を宣言することが百年の計のように思えてきます。

|

« COVID-19: 最適停止理論による政策決定に関する提案 | トップページ | Mutation(変異) »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« COVID-19: 最適停止理論による政策決定に関する提案 | トップページ | Mutation(変異) »