« COVID-19: 自粛ポリスは政府の責任転嫁癖が産んだ怨霊 | トップページ | 伸びたそうね。 »

4月か9月か。(学期を考える)

COVID-19の影響で、休校が続いています。これは、義務教育である小中から大学まで、全て、です。

そこでここ数日、「これを機会に、海外で用いられている9月始まりにしてはどうか」という声が聞こえています。今日はその是非を考えてみたいと思います。

第一に考えなくてはならないことは。

「コロナがなくても9月にすべきかどうか」

だと主張します。今回のコロナウイルス禍の「辻褄合わせ」のために9月にするというのであれば、それは将来、反動があります。絶対に9月始まりにすべきではありません。

これは、4月から9月への切り替えコストは考えずに、定着した後の良し悪しで決めなくてはならない、ということです。

このように考えれば、「本質問題として」議論をしていない今年、いきなり9月に切り替えることは、拙速になるということを指しています。

つまり、「今、COVID-19感染拡大対策で慌ただしい中、議論をする優先順位は低い」と言い換えて良い。

以上のように思索して、「2020年に学期始まりを9月にすることはあり得ない」と、無風凧は主張します。

 

|

« COVID-19: 自粛ポリスは政府の責任転嫁癖が産んだ怨霊 | トップページ | 伸びたそうね。 »

大学は変わらなくてはならないのか」カテゴリの記事

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« COVID-19: 自粛ポリスは政府の責任転嫁癖が産んだ怨霊 | トップページ | 伸びたそうね。 »