« 神奈川の緊急事態宣言解除と黒川問題は同根。 | トップページ | テレワークの補助金なのに、、、 »

CAVID-19: コロナ対策予算は新たな貧富の差を生む

安倍首相が、200兆円規模の補償、補助金、助成金、融資をする、と発表しましたね。

200兆円、、、大雑把に言って、国民一人頭200万円のです。、、、え?200万円?

特別給付金は10万円でした。190万円も差額があります、、、なぜ?

このカラクリは簡単で、政府は「企業に」支援金を出します。企業は、社長から平社員まで、これまでの「給料に比例する」金額で配るわけです。もちろん、家賃だ施設維持費だと色々あるでしょうが、全部の付加価値を足したものが国民総生産なわけですから、家賃収入する人たちも儲かる側。施設維持法人も、一つの企業ですから、最終的に給料に帰着。

このように考えると、コロナ対策の支援金は、結局ジニ係数を悪化させるものである、ことが分かります。

この事実一つとっても、経済復興大臣は「一般国民」のことなど歯牙にもかけていないこと、が分かります。なんだかなあ、、、

|

« 神奈川の緊急事態宣言解除と黒川問題は同根。 | トップページ | テレワークの補助金なのに、、、 »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神奈川の緊急事態宣言解除と黒川問題は同根。 | トップページ | テレワークの補助金なのに、、、 »