« COVID-19: 国と法律 | トップページ | 音楽の力(好きな音楽2020年3月) »

COVID-19: マスク再利用の安全性?(拡散希望!)

昨日、都内は外出自粛でずいぶんと寂しい1日になりました。

喫緊の用事があり、心ならずも外出せざるを得なかったのですが、その際にふと思いました。

最近、「マスク不足があまり記事になって居ない。」

自作マスクや、布マスクで使い回しをしている人が増えたのかなあ、、、と思ってHuman Watchingしたのですが、70%以上の方はいわゆる「使い捨てマスク」をして居ます。日本の生産枚数/販売枚数を考えると、3月頭には、それまでの買いだめ分も含めて、すでに「使い捨てマスク」は存在して居ないはず、、、、であるにもかかわらず、です。

ここで思い当たるのは使い回しです。上述70%の方が全て使い回しとは言いませんが、大半の方は、使い回しか少なくと3日に一枚、のような使い方をしているのでは無いか、と推論できます。

ここで。問題なのは、「家庭での保管状況」。無風凧邸では、

1。 玄関に専用の置き場を作り、部屋には落ち込まない。
2。 帰宅時に、完全にアルコール噴霧する。

を徹底して居ます。万が一に飛沫がマスクのオモテ面に付着して居たとしても、家の中に入り込む可能性はゼロに近いと思って居ます。

しかし。アルコール消毒が不十分なまま、部屋の中やポケットの中に入れたりしら、、、マスクは、「感染源」になりえます。しかも、終日装着したマスクは、「一日の中のどこかでウイルスが付着すれば」そのまま「家の中に入り込む」ことになるわけです。この場合、「マスクなんてしないほうが安全」ということになります!

先週末から、東京都内での感染が飛躍的に増加する傾向にあります。これは、もしかすると、マスクの使い回し・再利用による副次的な感染が原因である可能性があるのでは無いか、と心配して居ます。SARSウイルスの場合、ダンボール表面では24時間生存する(注: ウイルスが生存する、という表現が正しいか否かは横において、感染させる可能性がある)、という情報がありますから、不織布も同じ程度に「生存する」とすれば、1日の中の「どこかのタイミングで」マスク表面についたコロナウイルス は、家に帰ってからの「ゆっくり長い時間の何処かで」人に移る、ということが可能になるわけです。3月頭から、マスク再利用による感染拡大係数が1週間に1.5倍とすれば、、、都内は、だいたい当てはまります。つまり、マスク再利用による感染拡大が起きやすくなります!

少し、くどくなりました。まとめます。

「マスクの使い回しが、感染爆発の要因である可能性がある」。

専門家の皆様、いかがでしょうか?

|

« COVID-19: 国と法律 | トップページ | 音楽の力(好きな音楽2020年3月) »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« COVID-19: 国と法律 | トップページ | 音楽の力(好きな音楽2020年3月) »