« COVID-19: 下から、の補償。 | トップページ | COVID-19: 拡大防止への飽くなき挑戦 »

返送願いしました(スマパラ2020握詰の原図)

20200326 久しぶりに詰将棋の話。

右図は、スマホ詰パラNO.14206「ハネムーン→浮気?(2020握)」の原型の作品です。

これまで、無風凧が挑戦してきた「詰方玉の八列移動」の過程で作られた習作の一つで、まだまだ不満があったのですが、14206の解説欄を書いている途中で発表を思い立ち、投稿しました。

この習作は、16手目までは見るところがありません。というか、一筋〜六筋の飛香角歩は「攻め八」に向けての「攻め七でオブジェクト化」されたもので必然。7筋〜9筋で、手持ちの歩を如何に消費して「作品にするか?」というたたき台です。攻め八がターゲットですから、攻め七は、全て習作もしくは原理確認、要素開発の位置付けでした。

習作なのに不満がある、というのも変ですが、昨年末の時点では、

1) 攻め方の詰め上がりから馬を消す
2) 攻め方の二枚の桂が跳ねる(少なくとも5八の桂は無様過ぎます)

ことができれば、投稿しようかという素材でした。二回めの龍を切るところは気に入っていたので、いつかは、、、と思っていたのですが、14206が採用待ちになった時に気が変わって「14206の原図という意味で投稿しよう」と思いました。また、攻め方玉の7列移動の「解の存在証明」の気持ちもありました。

しかし。

はからずも、Hiroshi Sawaki様も同じテーマをお持ちで、勢い類似作が増えます。すでに同様の作品を14083、14405、14521と精力的に発表されておりますが、コメント欄では心無いものも散見されるようになりました。Hiroshi Sawaki様にご迷惑をおかけしては申し訳無いですし、スマパラの読者の皆様にも、類似作を二人が出してもきっと「またか」と思われると思います。無風凧の作品よりも、もっと良い作品を沢山採用して頂きたいと思いますし、無風凧も、皆様の良い作品を拝見するのが楽しみです。

という経緯で、この習作は、返送希望を出させて頂き、先ほど、返送されました。今回のブログは、没供養ではなく返送供養です。

無風凧が発表した「攻め八」関連の習作・要素開発作は、スマパラ13994、14420、こちらこちらこちらこちら もご覧ください。

 

|

« COVID-19: 下から、の補償。 | トップページ | COVID-19: 拡大防止への飽くなき挑戦 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« COVID-19: 下から、の補償。 | トップページ | COVID-19: 拡大防止への飽くなき挑戦 »