« 特命希望さん用のマスク作ってちょうだい! | トップページ | COVID-19: 大切なもののランキング »

COVID19: 二軸思考

東京に続き、神奈川や埼玉でも週末の外出自粛が発令(?)されましいたね。遅きに失した感はありますが、それでも「ギリギリ間に合った」と思いたいです。日本は「衛生的で医療レベルが高い」のは確かに正しいと思いますが、それに慢心してしまえば、武漢やイタリアの二の舞になります。

20200326_20200326163001 ところで。左図を見てください。こんな簡単な、、、と思われるかもしれませんが、いろいろな発表を見ていて、マスゴミやゴメンテーターのに限らず、管理側の人間もかなり勘違いをしているな、と思うので、今日はその説明。

今、皆様が見ている「感染者」は、ほとんどが1に属します。1に属さない感染者の一部は2です。でも、この2にで判明する場合は非常に希で、検査数は増えているとはいうものの、ほとんどがダイプリの乗員か乗客であった場合、もしくは、感染者の濃厚接触者と「認められた」場合のみです。

では、発熱したけど「県債していないから感染者と数えられていない」人はいるでしょうか?それが(3)に属する人です。発熱しても、季節性インフルの人はいるでしょう(3に属する人)。しかし、帰国者接触者外来に「該当しないから」という理由で検査を受けられず、結果として重篤化した方もいます。その方々は、結局は「スプレッダー」として、市中にいたわけです。検査してないから感染者じゃない、というのは「メタボ健診受けてないからメタボ判定されていない。だから自分はメタボじゃない」と言い張っていたデブのおじさんと同じ論理です。

また。もっと怖いのは、症状がないから検査もしていない、でも感染している人の存在を、完全に排除できない点です。つまり、熱が出てなくて自覚症状がないから検査もしていないけど、実は感染している人、というのが存在します(4に属する人)。4に属する人の報告がないのは、「PCR検査をしていないから」、、、つまり、永遠に実数を掴むことができないのです。そして、その人たちが、クラスターの核になる可能性は0ではありません。いえ、無自覚で動き回るから、ある意味では1の感染者よりも「制御できない」危なさを持っています。

繰り返しますが、現在、1の数の増減だけで、ロックダウンだクラスターだと話が進んでいますが、真に怖いのは、4です。感染していないと思っている「4」に属する人の中にも、感染者がいる、ということです。

無風凧の試算では、各国によって、この比率が違うから、感染者数、自体もあまり信用できないな、と思い始めています。死者数は裏切らない、と思っていますけど。そして、死者数からEstimateすると、日本の感染者数は4500人の感染者が少なくとも発見されていなくてはならない、と考えています(病院崩壊していない状態下での致死率を1%とした場合)。その上で、感染者の実数は、、、これは、解析モデル依存があるので、軽々なことは言えませんが、上図で4に相当する感染者を含めると、26日時点で4万人、程度、無風凧は試算しています。

こんな簡単な二軸思考です。コロナウイルス に限らず、いろいろな場合で使い前のあるチャートです。ご活用ください。

|

« 特命希望さん用のマスク作ってちょうだい! | トップページ | COVID-19: 大切なもののランキング »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特命希望さん用のマスク作ってちょうだい! | トップページ | COVID-19: 大切なもののランキング »