« コロナウイルス:明日の日本を守るために | トップページ | コロナウイルス : 37.4度(基準は目安であって絶対ではない) »

コロナウイルス:「自薦の感染症専門家委員会」設立の提言

コロナウイルス対策、ダイヤモンドプリンセス号で隔離されていた方に死者が出たことと、厚労省の役人などに感染者が出たことで、厚労省の対策に批判が集まっています。

事後なら何でも言える。まずは、事後で良いから色々な意見を出し、厚労省はそれを真摯にきくことで、少しずつ改善していくことが出来るでしょう。

ただし。厚労省をはじめとする施策側は、現場の意見を真摯に聴くこと。間違いは改めること。取り繕いや隠蔽は最悪の結果を招きます。指摘側に誤解がある場合もあると思いますが、誤解は「自分達のいたらなさの結果」です。言い訳でするのではなく、より一層の努力が必要です。

ここで。事後ではなく、事前に、一つの提案が降ります。

政府の選んだ専門家ではなく、自薦の「感染対策専門家」を、第三者委員会のように参加させては如何でしょうか?船頭多くして舟山登るかも知れませんが、制度の「不備」をはじめとして、より良い対策が出来るようになること、請け合いです。

往年のヒット映画「踊る大捜査線」ではないですが、「患者は現場で苦しんでいる(事件は現場で起きている)」。国会議事堂の中でいくら考えても、臨床している方には勝てません。

|

« コロナウイルス:明日の日本を守るために | トップページ | コロナウイルス : 37.4度(基準は目安であって絶対ではない) »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コロナウイルス:明日の日本を守るために | トップページ | コロナウイルス : 37.4度(基準は目安であって絶対ではない) »