« サイエンスオリエント | トップページ | 国内は、既に感染早期&誰の責任でもありません? »

筋場理論

囲碁の依田九段が、半年間の対戦中止と成りました。無風凧は将棋が好きですが、囲碁は隣村のことなので、ちょっと気になります。依田九段は、実績もすごい方で、さしずめ囲碁界の升田幸三、という感じでしょう。

発端は昨年、依田九段が出したTwitterとのことです、、、事実無根の批判だとか謝罪があったなかったと種々取りざたされています。

ただ。これをみて、元貴乃花問題や女流将棋の分裂問題などを思い出された方も多いのでは無いでしょうか?

盗っ人にも五分の利とか、喧嘩両成敗とか言うことばがあるように、一方的に依田九段だけが悪者にされる裁定には、些か疑問が残ります。

それ以上に。

今回は、依田九段が提唱し続けている「筋場理論」に思いを馳せざるを得ません。個人が組織にぶつかることは、如何なる場合でも筋場理論の弱い方に属していることになります。剃んな単純なことが解らない依田九段では無いだろうに、、、やむにやまれぬ事情、があったに違いありません。

筋場に嵌まってしまえば、倫理も正論も通じなくなります。筋場理論はそれだけ強いのです。だから、筋場を避けて、抗議しなくてはならなかったのではないか、、、と無風凧は思います。

企業の内部告発も同じ。パワハラだって何だって、筋場に嵌められてThe End。いつの時代も、正直者はバカを見るのでしょうね。


|

« サイエンスオリエント | トップページ | 国内は、既に感染早期&誰の責任でもありません? »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サイエンスオリエント | トップページ | 国内は、既に感染早期&誰の責任でもありません? »