« 経済学はそんなに正しいのか? | トップページ | 心配顔のはなちゅわん »

迷信と科学

言い古されたことですが。

迷惑は、科学よりも、民間には浸透します。言い換えれば、人は自分が主観的に信じたいと思うことのみを信じる。だから、客観的事実よりも、主観的迷信が広まっていく。

加えて。たとえは1%の罹患率も0.01%の罹患率もその差が無い。勿論、罹患してしまえば100%なんてすが、罹患しやすさの機能性の大小は関係なく、0.000001%の可能性を針小棒大に問題視する。その結果、より大きな可能性の課題が蔑ろにされることもある。

科学的事実に基づいた行動をとる。

この一旦を変えるだけでも、今回のコロナウイルス対応は随分変わります。

追伸

WHOも厚労省も、エラーバーの付いた情報を公開してください。出来れば、予測に用いたアルゴリズムも含めて公開してくれると嬉しいてす。




|

« 経済学はそんなに正しいのか? | トップページ | 心配顔のはなちゅわん »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 経済学はそんなに正しいのか? | トップページ | 心配顔のはなちゅわん »