« イジケテいるんだ。。。 | トップページ | 大学は何のためにあるのか? »

音を楽しむ

年始。お寺の鐘を撞く機会に恵まれました。老若男女が鐘つきの順番を待っている。一人一人、思いを込めて撞くのですが、百人百音、どの二人として同じ音にはなりません。そして、それぞれに「音」として楽しませてくれます。

かつて。

作曲家の中川俊朗さんが「鉄球がゴロゴロと転がる音や、ホースを振り回したときになるヒューヒューとした音は、とても複雑で楽しい」というお話をされたことがあります。メロディーがなくても「音が楽しい」、というようなコンテクストだったでしょうか。

そんなことを思い出しながら、無風凧が鐘を撞く番になりました。

一撞入魂。実は叩いた瞬間のことは覚えていません。随分長い時間、余韻が残り「音を楽しむ」ことができました。同行した方が「異様に大きな音だった」と言ってくれたのが、ちょっとだけ自慢です。

|

« イジケテいるんだ。。。 | トップページ | 大学は何のためにあるのか? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イジケテいるんだ。。。 | トップページ | 大学は何のためにあるのか? »