« もろびとこぞりて。 | トップページ | 薫公会YouTubeライブラリー(好きな音楽2019年12月) »

安全地帯に逃げ込む郵政三社のトップ

12/27、かんぽの不正販売の「責任を取る」という名目で、郵政三社のトップが「安全地帯に逃げ込む」ことを発表しました(こちら など参照)。「責任を取って」役員報酬を減額はしますが「減額しても平均以上の給与」を受け取るんだそうです。

無風凧の目から見えれば、郵政の三人は、「安全地帯に逃げ込んだ」以外の何物でもありません。

再発防止以前に、「損害を受けた人への補償」はどうなってますか?経営者の責任とは、

「被害を受けた人が納得する行為」

をもって責任を果たしたことになることは言うまでもありません。それも出来ていないのに、減額しているとはいえのほほんと報酬を受け取り、「再発防止を連呼する」だけで責任を果たしたことにして、「辞任という形の逃げ込み」、、、あまりに呆れてしまい、言葉になりません。

過去に。経営者として失格な時期があったから、かんぽの不正販売問題が起きました。少なくとも不正販売期間の「役員報酬全額」を損害した人への補填に回すのは、国民感情としては「当たり前」だと思うのですが、その時期の報酬に関しては「お咎め無し」。

あまりに可笑しくて、噴飯してしまいます。、、、そうか、彼らは法律に守られた「上級国民」ということでしょうか?

巨大組織の「上の方」の人は、、、よく経営責任を取る、と言いますが、その責任が何であるかは、国民感情とは乖離があります。またか、と無風凧は憤りをかくせません。

|

« もろびとこぞりて。 | トップページ | 薫公会YouTubeライブラリー(好きな音楽2019年12月) »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もろびとこぞりて。 | トップページ | 薫公会YouTubeライブラリー(好きな音楽2019年12月) »