« 六段の調べ | トップページ | オススメ演奏会情報!! »

高校の友人の話

高校の友人が、障害事件の被害者に成りました。

行きずりで口論になり、いきなり暴行を受けた、とのことです。

明るく人懐っこい性格で、論理的で聡明。加えて人一倍正義感が強くて物怖じしない性格でしたから、義憤にでも駈られたのでしょうか?

恐らくは、論理で勝てないと思った加害者が実力行使=暴力に出た、と言うところでしょう。

少し論理が飛躍しますが、暴力や○○ハラスメント、泣き落としや感情に訴える、などというのは、全て論理的に負けた方の行為。論理的に勝った方を「正しい」とするなら、不正なほうが採る手段です。

詰まり、無理を通して道理を引っ込ませる究極の手段。

怪我をした友人は聡明だったから、暴力のリスクは理解していたと思います。でも、正義が負けることがあってはならないと、思ったのではないでしょうか。

無風凧も似たような性格なので気を付けなきゃ、と思いつつ。

|

« 六段の調べ | トップページ | オススメ演奏会情報!! »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 六段の調べ | トップページ | オススメ演奏会情報!! »