« ランキング人仮説で考える文大統領 | トップページ | デフォルト(左右対称の詰将棋、その後) »

常識と法律

大阪のジビエ料理の店で、食べきれない量の料理を頼んで写真だけ撮り、8割残した客を出禁にしたそうです(コチラ 参照)。

この出禁に対して、賛同する方が多いようですが、中には「お金を払ったのだから、その後は客の勝手だろ」と言う意見も少なくありません。確かに、法律上はないかもしれませんが、倫理的には、、、少なくとも無風凧は、出禁にする方に一票入れます。

1ヶ月ほど前に、沖縄のラーメン屋で「日本人客お断り」と張り紙して、マスゴミが騒ぎ立てたことごありましたが、店側の主張は同根のように感じます。

つまり。

法律等で成文化していないことは、何をしても良い、と言う風習が今の日本には蔓延しています。頼んだ料理は残さず食べる、と言うことは、どの法律にも書いていませんが、常識の範囲です。お・も・て・な・し、モッタイナイ、は日本の文化ですから。元来、常識に外れた事をしないようにするために法律はあるのですが、法律に書かなくても守るべき常識はあると思うのです。

似たような例で。

先日、とある住宅販売会社が無風凧にアポを取ってきました。当初、

「二人でお伺いします」

と言っていた営業担当が、そのつぎに電話したさいに確認すると、

「三人に増えました」。

無風凧のが、「もう増やさないで下さい」

と言っていたにも関わらず、当日は事前連絡なしで四人で来訪。これなんかも、確かに法律違反では無いかも知れませんが、事前に無風凧と交わした約束はたがえているわけで、その意味では契約違反。そこまで言わなくても、「常識無いなあ」、、、と無風凧は憤りを通り越して悲しくなります。

法律を守ることは当然として、法律を守れば何をしても良い、と言うことではないことを、今一度、私たちは共有しなくてはならないと主張します。

|

« ランキング人仮説で考える文大統領 | トップページ | デフォルト(左右対称の詰将棋、その後) »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ランキング人仮説で考える文大統領 | トップページ | デフォルト(左右対称の詰将棋、その後) »