« 今日は友達いっぱい呼ばなきゃ! | トップページ | マカフィー?マイクロソフト? »

朝顔市

今日も朝顔市に行きました。震災の年(不開催)を除いて、1991年から毎年通っています。夏のご挨拶として、朝顔を贈る、というのが社会人になっていから恒例。

ことしも、おどろきました。昨年と同じ1500円!

経済学的に考えて、この金額は不当です。というのは、、、

1) 大和運輸の年間配達の個数は、19億個(平成28年度)。朝顔市で、100万個増えたとしても、配達員の配達量は0.05%しか増えません。よしんば配達が都内に集中したとしても、1%です。不在でのReturn率20%に比べても、微々たるもの。値上げの要因とはなりません。

2) 集荷は、集中できます。つまり、コストメリットが大きいのです。言い換えれば「値下げ要因にはなるけど、値上げ要因にはならない」(この値下げは、Amazonの値下げ交渉と同じ構造ですから、理解しやすいですね)

3) これまでは、日通やJP(郵政)も配達の取り扱いをしていましたが、ヤマト一社の「寡占状態」になりました。これは、各社の理由はわかりませんが、競争原理を阻害していて、正常な競争経済の上位対とは言えません。

これは、大企業の横暴です。日本文化である朝顔市で値上げをするくらいなら、アマゾンとの価格交渉をキチンとしてください。栗栖さん。

|

« 今日は友達いっぱい呼ばなきゃ! | トップページ | マカフィー?マイクロソフト? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は友達いっぱい呼ばなきゃ! | トップページ | マカフィー?マイクロソフト? »