« ゴールデンウィーク終了。 | トップページ | 急に寒い »

競争の是非(動物と人の本質的な違い)

20180507

写真出典 GATAGフリー写真集 壱 Public Domain

動物と人の本質的な違いはどこにあるのか。それは、色々な説があります。たとえば、人は言語を持っている。人は、火を使う。道具を使う。服を着る。、、、などなど。それらは、一々もっともなことだと思いますが、いずれも決め手に欠ける、と思っていました。それが何なのか、かなり長く考えていたのですが、、、

ようやく、これかな、と思うテーゼに行きあたりました。他の総ての動物は、競争原理の中で生き残っていきます。人間だけは、、、競争生存ではなく、共栄生存するのではないか、と考えています。

もっと言えば、20世紀と21世紀の違いは、競争から共栄。このように考えてくると、コトラーもシュンペーターも色あせてきます。、、、

競馬馬のように走り回る。でも、それは競争の為ではなく、より高い自分を目指して。言い換えれば自分を競争相手にすることができる動物は、人だけ、と言えるのではないでしょうか。

|

« ゴールデンウィーク終了。 | トップページ | 急に寒い »

オピニオン」カテゴリの記事

ランキングについて考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴールデンウィーク終了。 | トップページ | 急に寒い »