« 鶏抜きケチャ鶏 | トップページ | サン=サーンスのオーボエソナタ(好きな音楽2018年4月) »

南北首脳会談(ランキングについて考える)

朝鮮の南北首脳会談が行われました。ここでは、朝鮮半島からの非核化宣言(板門店宣言)が採択されました。これを、アメリカのトランプ大統領は歓迎したそうです(コチラ など参照)。

ランキング人仮説で、今回の南北首脳会談をとらえると、北朝鮮の戦略が見えてきます。

今回の南北首脳会談および板門店宣言により、朝鮮半島は一つ、というイメージを作り上げる一歩を踏み出しました。これは、北朝鮮の視点では、朝鮮戦争の「休戦」から「終戦」への大きな一歩です。そして、これは、アメリカグループから韓国を切り離し、仮想「朝鮮連邦」の第一歩となりました。

その上で。

軍事的な視点での北朝鮮(もしくは、核保有国としての北朝鮮)のポジション(ランク)はそのままにして、経済力での退官民国を「連邦化」することにより、国際的なランキングを一気に引き上げることになりました。

そして。

日本や中国など、今回の件においては若干「外野」だと思われている国よりも、アメリカから見た場合の「ランキング」は上昇してます。つまり、名実ともに、「叩かれる二番」の位置に付けた、ということが出来ます。

次に行われるであろう米朝トップ会談。この場で、北朝鮮がある意味での「世界2位」と目されることになり、そのうえで、改めて米国からの「二番手落とし(二番手いじめ)」が強化されることになるでしょう。良い変えれば、核保有という理由での経済制裁が、形(名称)を変えて強化されることになります。

北朝鮮(金正恩氏)にとっては、今がつかの間の「安堵の時」なのではないか、と分析します。

|

« 鶏抜きケチャ鶏 | トップページ | サン=サーンスのオーボエソナタ(好きな音楽2018年4月) »

オピニオン」カテゴリの記事

ランキングについて考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鶏抜きケチャ鶏 | トップページ | サン=サーンスのオーボエソナタ(好きな音楽2018年4月) »