« 瞬間! | トップページ | 残念、、、貴乃花親方 »

民主主義の危機

明日、佐川元理財局長が国会に証人喚問に出ます。野党はおろか与党自民党の中からも今回の改ざん事件は叩かれていますから、佐川元局長の発言に耳目が集まっています。

しかし。

私達がもっと「気に進化打てはならない発言」があります。

「決裁文書を改ざんするとは驚きだ」という声をよく聞く。しかし、30年以上官僚をやっていた私から見ると、決裁文書の改ざんは、確かに稀ではあると思うが、決して驚くことではない。特に、今回の改ざんについては、官僚たちが置かれた環境とその心理から見ると、むしろ、さもありなんという印象だ。(引用もとは コチラ 参照)

これは、何を意味しているかというと、「元官僚が、改ざんは驚くに当たらない=常態化している」と、明言しているということです。具体的には「いつ・どこで・だれが・どんな」と訊いても、たぶん正確には出てこないでしょう。でも、「驚かない」ということはm日常的に行われている、もしくはその土壌を官僚が持っている、ということにほかなりません。

言い換えれば、今は「財務省叩き」をしていますが、他の省庁でも「起きている」わけです。

これこそ、森友学園問題よりも、はるかに大きな問題で、民主主義の危機だと言えます。

首相夫人の国会招致に加え、よりも、「全省庁あげて、改ざんしないための施策」を声高に叫びませんか?心ある議員の皆さん。

|

« 瞬間! | トップページ | 残念、、、貴乃花親方 »