« トランプ米大統領来日、、、ゴルフ外交を考える | トップページ | 午後のまどろみ(付: カタロニア問題) »

犬も歩けば、、、自己防衛の限界?

つい先日。

打合せの時間調整で某駅前の ドトール でコーヒーを飲みながら、スマホの詰将棋をしていた時のこと。お店は70%くらいのお客さんが居ました。

無風凧のあとから、隣に座った女性(20歳くらい?)がなにか、ぶつぶつ、言っているな、と気にはなったと思ったら、突然、無風凧に向かって、

「あなたは、自分が気持ち悪い(人だ)ということに気が付かないのですか?」
「そこに座らないでください。」

と、カナ切り声にも近い声で叫んできました。無風凧が、

「私がなにかしましたか?」
と尋ねても、
「触らないでください!はやく出て行ってください。あなたは気持ち悪いのです。そこに座らないでください!」
と更にエスカレート。お店の中のお客はみなさんこちらを向いている。勿論、無風凧はその女性に触るはおろか、20㎝は離れていましたし、そのほかまったく身に覚えのないこと。
再度、
「何かしましたか?」

と聞いても、
「そこに座らないでと言っているでしょ!あなたは気持ち悪い」
とまたまた大声を上げました。

無風凧は、、、君子危うきに近寄らず、でお店を出ることにしました、、、が。そのあとに考えました。「触っていないこと」の証明はできません。若い女性が大声で主張するというSituationでは、「お客は不公平な証人」になってしまう可能性もあります。こんな場合、どのようにして身の潔白をしめせば良いのか、、、まったく答えが見えません。

上記は、痴漢冤罪、と同じですね、、、電車では吊り輪や棒を握るなど、必ず手が見えるように心がけていますが、喫茶店の隣に座った方からいきなり言われると、、、どうしようもありません。自己防衛の限界を越えています。

それ以来、家を出る事すら、正直言えば怖い。、、、引きこもりになりそう、、、な無風凧です。

|

« トランプ米大統領来日、、、ゴルフ外交を考える | トップページ | 午後のまどろみ(付: カタロニア問題) »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トランプ米大統領来日、、、ゴルフ外交を考える | トップページ | 午後のまどろみ(付: カタロニア問題) »