« 次の獲物(付: E-Learning 考) | トップページ | サザエさん、、、東芝問題 »

みなさま、「ランキング」にご注意!(ランキングについて考える91)

昨日のJNNのニュースです。(コチラ 参照)

<引用>
自作自演の比較サイトで、評価を高く見せかけていた会社に初の措置命令です。
<引用終わり>

簡単な例でいえば。
1) 同じサービスを提供する会社を3つ作る。
2) その3つの比較サイト(ランキングサイト)をつくる。
3) その中には、必ず1番のサイトが存在する。
という、広告手法です。その「1番」のサイトは、ランキング人仮説を考えるまでもなく、第三者から見れば、優秀なサービス提供者ということで、業務が集中します。残りの2つの会社はもともと「ダミー」ですから、仕事が来なくても、問題ではありません。ある意味では、SEOの独自版ということができるでしょう。

これに対して、消費者庁から措置命令が出た、というものです。ある意味では、「ランキング」の本質を突いた公告方法です。

ランキング、自体は、価値が無いものに価値を付与する、という効果があります。コンクールビジネスが、その良い例です。コンクール結果は「公正な物」という大前提が一般人にはありますが、そこに恣意が入ったら、、、上記の比較サイト広告手法と同じことになります。

その意味では。

今回の「比較サイト」広告手法と、そのほかのランキング応用ビジネスの「明確な線引き」することは難しいだろう、と思っています。

私達一般人は、、、ランキング人仮説に基づき、ランキングに賢く接して騙されないようにする、ことが必要になってきます。

皆様、沢山ある「ランキング」にご注意ください。

|

« 次の獲物(付: E-Learning 考) | トップページ | サザエさん、、、東芝問題 »

ランキングについて考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 次の獲物(付: E-Learning 考) | トップページ | サザエさん、、、東芝問題 »