« 何処へ行った? | トップページ | 猫の密談 »

魚料理事情

無風凧邸の夕飯は、必ず「肉料理」「魚料理」を含む一汁三菜か四菜。買い出しは凡そ週に一回ですから、肉も野菜も「冷凍」に頼ることになります。

前回はスープ事情でしたので、今回は「魚」の工夫を書いてみたいと思います。

冷凍庫に殆どいつもあるのは。

  • 鯖のフィーレ
  • 鰤の切り身
  • 鮭(ノルウエー産トラウトサーモンの生が多いが、時々は国産甘塩鮭)
  • シシャモ
  • シーチキン(これは官詰めだから冷凍庫ではないけど。)

これらは、帰宅後に全部「一回分」づつビニール袋に小分けして、冷凍します。食べるときは、朝、冷凍庫から冷蔵庫のほうに移しておけば、夕飯の時には丁度解けています。

これらに加えて、買い出しに行った日は

  • 刺身(鰤が一番多い)
  • 鯛や鰤を一尾で買って、刺身と鍋物
  • マグロのアラ(中落、血合など)
  • 真子鰈
  • 鮎(年に1,2回)

などが増えます。刺身は出来るだけ当日中に食べてしまい、残った場合は醤油漬けにして、翌日は焼いて食べる。マグロのアラは、ジャガイモや大根と一緒に煮物にしてしてしまいます。

さて。

これだけの食材で飽きが来ないか?と心配される方もいらっしゃると思いますが、、、例えば、ブリの切り身は、塩焼き、イタリアンソテー、ぶり大根、てりやき風、などレパートリーありますし、鯖のフィーレは、そのまま塩焼きで食べることもありますが、カレー粉を振りかけるだけで、食欲そそる一品に変身。トマト、タマネギ、茄子などで簡易シチューにしても洋風で美味しいですし、身を補議して、オイルサージンのような使い方をして、キャベツと炒めると、ペペロンチーノの具みたいになって、絶品。要は、工夫次第。

と言ったところで、次回はその「工夫」の部分を少し掘り下げて書いてみたいと思います。

|

« 何処へ行った? | トップページ | 猫の密談 »

料理講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何処へ行った? | トップページ | 猫の密談 »