« 子供時代 | トップページ | 宮崎若菜リサイタル »

無風凧邸のスープ事情

先日来、手抜き系料理ネタが増えています。今日は、スープの話。

無風凧邸の夕食は一汁三菜か四菜。朝食は、パン、サラダ、スープ、動物性たんぱく質。スープは毎回必須です。でも、都度作ると大変なので、一度に3、4回分を作ってしまいます。(それに、スープは時間がたつと自然に「育つ」ので、作った日よりも翌日が美味しいことが多い)。

また、どんなスープにしようかな、と悩むのは面倒くさいので、大体、下記のスープのローテーションです。

豚汁
鶏肉入りコーンポタージュ
大豆入りトマトスープ
手羽元とありあわせ野菜の中華風スープ
肉野菜炒めのリメイクスープ
普通の味噌汁

肉野菜炒め、、、ニラ玉も八宝菜風も全部肉野菜炒めと括ってますが、、、は、一度に大量作ります。最初の食事の際はおかず。翌日以降はスープに変身。

中華スープ系は基本は醤油味なのですが、「お酢」を入れてみたり、味噌を足したり、時々は「塩味」にしたり、、、、その日の気分で味変します。

大体、二週間で1ローテーション。これらを中心にして、かぶ大根が綺麗だったらかぶスープ。鍋物の翌日は、鍋物残りスープ、と言う変化を加えます。これだけのバラエティーがあれば、飽きることはありません。そして、何より「大量に作っている」から、温めるだけ、の日が多い。超簡単、手抜きできます。

皆様も、真似してみませんか?

|

« 子供時代 | トップページ | 宮崎若菜リサイタル »

料理講座」カテゴリの記事