« 加計問題の本質的解決策、、、ISO27001 視点 | トップページ | ターゲットをロックオン! »

督促状

あまりに頭に来たことがあります。

とあるお店の会員費を、毎月決裁しているのですけど、そのお店から督促状がきました。なんでも、3か月間、支払われていない、らしい。。。

毎月、カード決済ですから、急に支払われない、ということもおかしいわけで、カード会社に確認したところ、

「そのお店からは、4月以降、請求されていません。」

請求していない癖に、督促状を送ってくるとは、、、しかも。そのお店に確認の電話をしたところ、コールセンターの方は要領を得ない。
「今すぐは無理なので、調査してなるべく早くご回答します。(コールセンターのヨコイさん)」

と言ったまま、もう2日以上、連絡もない。こんな接客、ありえないと思いませんか?

どこでどういうミスがあったのかはわかりませんが、
1) 無風凧はあらぬ疑いをかけられた
2) そのお店は、真摯な態度で接客していない(二日以上も無しのつぶて)。
という状況で、今も無風凧は頭に来ています。

無風凧は。何も「悪いこと」「迷惑をかけること」をしていません。ケアレス・ミスすらしていない。それなのに、少なくとも精神的には非常に苦痛を与えられています。先方は、もし謝罪するとしても、形式的にいやいやながら謝罪するのでしょう。先方担当者は逆恨みすすることがあるかもしれませんが、こちらがうけたダメージの万分の一も痛みを感じることは無い。

D.コースのコストセオリーの立場で言えば、適当にお金を払っておけばよいのかもしれませんが、それでは理非が立ちません。だから、こういう状況には、徹底的に戦います。

|

« 加計問題の本質的解決策、、、ISO27001 視点 | トップページ | ターゲットをロックオン! »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 加計問題の本質的解決策、、、ISO27001 視点 | トップページ | ターゲットをロックオン! »