« Linux | トップページ | これは犯罪だと思うのですけど、、、 »

東芝、何が残るのか、、、

昨日、東芝分社化の報道が駆け巡りましたね(コチラ など参照)。

この報道を見て、「やっぱりそう来たか」と思い、落胆しています。これって、無風凧の言葉で言えば「20世紀型MBA」の典型的な解決手段。ハーバードやMITスローンなどでMBAを取得した「エリート」な方の好みそうな手段で、結果として成功した例は無いといってもよいです。

この手法の特徴。
1. 解決手段には全くイノベーションがありません。
2. 「東芝HeadQuater」というコストセンターのみが「喰いッパグレない」というメリット、言い換えれば「HeadQuaterだけが生き残る」手法です。
3. 東芝が「グループである(多角化してきている)」という「安定化メリット」をみずから捨てています。

こんなことになるかなあ、、、とは思いながら、以前、「東芝、頑張れ」とい記事で、「無風凧なら3年でV字回復できる」(コチラ参照)をアップしたんですけどね。今報道されているような分社化では無理です。

まだ今からでも、ギリギリ遅くありません、、、綱川さん、無風凧のところに遊びに来ませんか?分社化してしまったら、おしまいですよ。。。何も残らなくなります。アポは、コチラ まで。

|

« Linux | トップページ | これは犯罪だと思うのですけど、、、 »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Linux | トップページ | これは犯罪だと思うのですけど、、、 »