« ボケが始まったか、、、 | トップページ | 3333 »

VCのジレンマ(4)

過去の「VCのジレンマ」もご一読ください。今回は4回目です。

今回は、予告通り「VCの第三ジレンマ」。

VCは、、、特に、「親切なVC」は、経営に関与してきます。Venture企業の経営者は、多くの場合「革新的(Innovative)」で「前例がない」ことを行いますから、それに対する「ご意見番」というのが名目です。そして、起業を成功に導く、と謳っています。

でも、ここに大きなジレンマがあります。彼等は、「企業価値の最大化」を目指します。Venture企業の目指す技術革新やビジネスモデル革新は、彼らにとっては「手段」にすぎません!目的ではありませんから、起業家とVCでは、そもそものVisionが異なっています。そして、VCの目からみると、往々にして起業家の成功への道筋は、「前例がない」という意味で、「ご意見しなくてはならない対象」となります。
結果、VCの導きで成功する企業は、「革新的なことを行っていない」企業である、ということになります。つまり、ジレンマなわけです。

今、日本は空前の「イノベーションブーム」「VCブーム」と言って過言ではないでしょう。でも、VCブームがそのままイノベーションにはつながっていない、ことが「VCのジレンマ」シリーズでお分かりいただけたのではないかと思います。

イノベーションブーム、VCブームは、「VCという(使い古された)投資媒体への金流をつくる」一つの装置にすぎず、これこそが、最大の「ジレンマ」なのかもしれません。

|

« ボケが始まったか、、、 | トップページ | 3333 »

オピニオン」カテゴリの記事

経営入門以前」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボケが始まったか、、、 | トップページ | 3333 »