« 御いそがしいそうだから、、、 | トップページ | 出かけるときは忘れずに。 »

費用の出所。。。本題

一昨日の続き(コチラ 参照)。

今回の結論を先に書いておきます。「費用の出所を考える時」に「2つ前」を考えると「現場の考えと乖離することがある」ということです。ちょっと大雑把すぎるかもしれませんけど。

2つ前、、、例えば、Apollo13 の場合、現場 < NASA < 国民 と流れてると考えます。国民からNASAへは「税金」でしょうし、NASA本体から現場へは「予算」でしょう。予算の範囲内だったら、乖離は無いわけです(最も、民主党政権下での「仕分け」はこの際ちょっと例外)。

でも。現場判断で予算を越えた出費することなった瞬間、NASA判断ではOKでも、国民判断ではNGになる可能性がある。いや、全員反対ではないにしても、「必ず反対する一群がいる」。

これを、一般企業に当てはめてみると、、、、担当、本社(取締役会)、株主の三者に置き換えることが出来ます(と仮定してみます)。 そうすると、、、よほどの赤字でない限りは、日本の株主は、本社と同じ傾向。ということは、担当判断を本社が反対し、本社の考えに株主は賛同する、という図式になります。

同じような意思決定形式を経るにも関わらず、この株式会社と政治ではほぼ反対の「費用負担への意思判断」がなされています。。。。これって、面白いと思いませんか? もしかしたら、面白いと思っているのは無風凧だけなのかなあ。。。

|

« 御いそがしいそうだから、、、 | トップページ | 出かけるときは忘れずに。 »

オピニオン」カテゴリの記事

経営入門以前」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 御いそがしいそうだから、、、 | トップページ | 出かけるときは忘れずに。 »