« 健康食パン | トップページ | つけめん »

ハイレゾ、高級オーディオ、レコード

今日。

とある企画で、高級オーディオを聴く会に参加しました。その回では、所謂CDにはじまり、レコード、ハイレゾ、そして録音原盤と聞き比べをしました。

ハイレゾ、、、、確かによいですね。10年ほど前、96bit音源を初めて聞いたころとは雲泥です。録音エンジニアの腕も上がったのでしょうか。

それ以上に圧巻だったのは、レコード。レコードなんで技術進歩はもうないものだ、、、と思い込んでいたのですが、音の表現力はCD以上。いや、ハイレゾをも上回っているかもしれません。驚きました。

ハイレゾ(DSD)の音はとてもクリアで細部まで聞こえるのですが、アナログ(レコード)のような「味」が無い。ちょうど、カメラのレンズでいうなら、ニコンとライカの違いです。

無風凧は、15年前に作ったCDの「録音ママ(編集前の音源)」を掛けてもらいました。当時の音がよみがえると共に、、、、最近は、「編集後の」音源を聴いていただけに、「こんな生々しかったんだ、、、、」

とても楽しい、夏の一夜でした。

|

« 健康食パン | トップページ | つけめん »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 健康食パン | トップページ | つけめん »