« 竹林の七賢 | トップページ | 100か月終了 »

もたれて指す

先日。

TVで電脳戦での山崎八段のドキュメンタリーを放映していました。
冒頭、20年ほど前に、当時の一流棋士に「コンピュータがプロ並にさせるようになるか?」というアンケートの結果を流していましたが、当時羽生名人だけが2015年に名人並みになる、と予言していたのには、驚きました。
それ以上に驚いたのは、、、、電脳戦第二局のポナンザ13玉の局面。無風凧レベルではなんとも言えませんが、直感的にも「ここは有利になった」と思うところではないでしょうか?少なくとも大チャンスだ、ということことで読みを入れたくなります。
デモ。
山崎八段は、「コンピュータが大優勢と判断した」と思ったようです!つまりコンピュータにモタレテさしたわけです。これは驚きです。新手一生、という気風の鬼才山崎八段をもってして、この局面でコンピュータを信じているとは!
もしかしたら、事前の「予習」をしすぎて、手が委縮してしまったのかもしれません。でも、今や山崎八段ですら、コンピュータを信じている、、、、
来年の叡王戦(上述のハブさんも出場する)が、より楽しみになりました。

|

« 竹林の七賢 | トップページ | 100か月終了 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

keiさま コメントありがとうございます。

あまり大したチャンスではなかったのですか、、、、

囲碁もチェスもコンピュータには勝てなくなりました。とってお際しい気がしています。とはいえ、夜中にPonanza相手に一喜一憂することがあるんですけどね。

これからもご愛読いただけますよう、お願い申し上げます。
無風凧 拝

投稿: mufukai | 2016年7月27日 (水) 10時50分

ニコ生で同時にコメント中継が行われていましたが、
出演していた千田さんによると、
その局面は結局チャンスらしいチャンスではなかったそうです。

恐らく、同じようなことが練習中にも何回かあったのでしょうね。

投稿: kei | 2016年7月22日 (金) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竹林の七賢 | トップページ | 100か月終了 »