« 情報漏洩と災害対策 | トップページ | フィナーレとキーボード(好きな音楽2016年6月) »

情報漏洩と災害対策2

昨日の続き。

今の日本では、、、災害対策は、究極的な自助努力で「自分の納得できるレベル」まで対応することができます。(飽くまで「究極的」と断っておきます。)それは、「住む所を選ぶ自由が存在する」ということ。原発の近くには住まない、とか「○○キロ以上離れたところに住む」ということが「究極的には」可能です。崩れやすい山だな、と思えば、その麓に済まない、というのも選択が可能です。
情報漏洩は、、、実は、自助努力で逃げることができません。究極の選択ができない。区役所・市役所に届けてある住所氏名、、、等の個人情報は、日本人であるかぎり、「必ず」登録されています。これが流出しないか、、、年金情報をはじめ、公的機関の情報漏えいも起きています。絶対の安心は無いわけです。
学校の個人情報、、、これも、ほぼほぼ「自助努力では逃げられない」。学校の成績をパソコンで管理してない学校は無いでしょうからね。おっと、「学校に行かない」という究極の選択はあるかもしれません(w w)
クレジットカードを使わない、ネット通販は使用しない、、、などなど「個人情報守秘」に個人的な努力をしていても、リスクは殆ど軽減しない。
ということで、情報漏洩に関しては、「漏えいした場合の責任(補償)」に対する「合意」「説明(宣言)」が必要なわけです。今まで、どの機関においても「絶対に漏洩しません、大丈夫です」以外の説明を受けたことはありませんけどね。
ということで。
「個人情報漏洩した場合の責任宣言」に対する世論の高まりが必要だと思っています。

|

« 情報漏洩と災害対策 | トップページ | フィナーレとキーボード(好きな音楽2016年6月) »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 情報漏洩と災害対策 | トップページ | フィナーレとキーボード(好きな音楽2016年6月) »