« わしの孫でもない。 | トップページ | 違法性はないが政治資金の支出として不適切(公私のケジメ6) »

戦国時代(?)

いささか旧聞に属しますが。

今年の名人戦は、佐藤天彦八段が羽生名人を破り、名人位を奪取しました。佐藤新名人、おめでとうございます。

佐藤新名人が有望株であることは、棋譜を拝見して感じていましたし、渡辺竜王のブログにもたびたび登場していたので、存じておりましたので、ついに来たか、という感じではあります。

無風凧の「感じ」ですが、大山→中原→谷川→羽生→渡辺 というのが、将棋界を代表する顔、です(勿論、反論がたくさんあるだろう思います。あくまで無風凧の「感じ」です)。この流れに、天彦君が入るか、、、と言われると、ちょっとそこまでは感じていない。渡辺竜王世代に最終的に吸収されてしまうのだろうな、と思います。

とはいうものの。将棋界のタイトル保持数は、羽生3、渡辺2、郷田1、佐藤1という勢力図になりました。一時はハブ七冠の時代があったわけですから、だんだんばらけてきたな、という感じです。将棋界は戦国時代突入!でしょうか。。。

|

« わしの孫でもない。 | トップページ | 違法性はないが政治資金の支出として不適切(公私のケジメ6) »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わしの孫でもない。 | トップページ | 違法性はないが政治資金の支出として不適切(公私のケジメ6) »