« 探し物 | トップページ | 5つのメガネ »

Youtubeと著作権

無風凧がYoutubeにUpしているコンテンツ、かなりの高確率で「著作権侵害」のクレームが付きます。こんな感じです。

「動画には著作権で保護されたコンテンツが使用されています。申立人は YouTube 動画でのコンテンツの使用を許可していますが、広告が表示されることがあります。
「収益受け取り  申立人によって収益化されています 」
(この文章は、Youtube管理画面からのコピペ)

そして、異議申し立てをすると、数秒以内に、異議申し立ての撤回連絡が来ます。

これ、無風凧は「いい加減にしてください!」と声を大にして言いたい。

1) そもそも、「著作権で保護されていないコンテンツ」に対して、「保護されている」という言葉は、おかしいですよ。
(補足説明: 使用楽曲として「既にパブリックドメインの物を使用している」という意味で、「著作権で保護されていない」と言っています。演奏や映像化の著作権は勿論無風凧が持っています。)

2) 結果として、100%無風凧が許諾を持っている著作物に対して、「許可」というのもおかしくないですか?

3) 数秒以内に撤回するということは、ロボットが対応ている為です。「誰も判断していない」のです。たかがロボットからの返事をもらう為に、無風凧は毎回根拠を示して異議申し立てを行い、そのたびに10分近い時間を費やしています。

4) 1)と3)の言い換えですが、申立人の「根拠」は何処にあるんでしょうねえ?無風凧があげているコンテンツを見れば、著作権違反を行っていないことは、一目瞭然なんですけどねえ、、、

「とりあえず異議申し立てして、儲ければラッキー」、みたいな著作権管理団体と、それを許しているYouTube、に見えるんです。名誉棄損で逆に訴えたくなります(結構マジ)。

|

« 探し物 | トップページ | 5つのメガネ »

音楽」カテゴリの記事

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 探し物 | トップページ | 5つのメガネ »