« 地震お見舞い申し上げます | トップページ | 戒め »

浅学ではありますが、、、

今回の九州地震。

非常に学問的な意味で非常に興味深い現象が見て取れます。例えば、前震の後に本震があったこと。例えば、余震の回数。

しかしそれ以上に面白いのは、複数の断層が、お互いに呼応するような関係で地震を発生させていることです。

報道では、「大分を震源とする」「熊本を震源とする」という言い方で言い換えていますが、これは地震を発声させる活断層が異なることを意味しているようです。

呼応のメカニズムは?と問われた時に、仮説は幾つも浮かぶでしょうけど、確立した理論は、まだ存在して無いようです(昼間に見たテレビの報道で、前例の無い地震発生で、今後の予測が立たないと言っていた)。

ここで思うのが、以前上げた「画期的判決 (コチラ参照)」。浅学ではありますが、やはり「絶対の安全のためには原発停止しかない」ということを支持したくなってきます。

ちょっと唐突感がありますが、内容は分かりやすいと思います。ぜひ、安全第一の施策をしてほしいと思う無風凧です。

|

« 地震お見舞い申し上げます | トップページ | 戒め »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地震お見舞い申し上げます | トップページ | 戒め »