« 覗いちゃだめだぞ! | トップページ | 王者の風格 »

ミスへの対応

Niftyニュースで、こんなのを読みました。(出典は コチラ
<抜粋 ここから>
武庫川女子大学(兵庫県西宮市)は22日、学生から預かった教員採用試験の願書を出し忘れ、4人が受験できなくなったと発表した。大学側は学生と保護者に経緯を説明し、謝罪した。
<中略>
 糸魚川直祐学長は「教員を目指して日々努力してきた学生に申し訳ない。全力で支援するとともに、再発防止を徹底する」とコメントを出した。 
<抜粋ここまで>

ミス、特にケアレスミスは、誰にでもあるもの。100%ミスの無い人間なんでいません。無風凧だって、毎日のようにミスをしています、、、、だから、経営者になっても、このような「ケアレスミス」は止まりませんし、従業員もきっと、ミスをします。そのようなミスに、どのように対応したら良いのか。

無風凧は、「心から謝る」というのは、「回答にはならない」と断言します。よく、「相手が納得するまで謝る」という方がいらっしゃりますが、これは愚の骨頂。だって損害を与えたうえに、さらに「時間」を奪い続けるのですから。

引用中にある糸魚川氏も発言しているように、「支援」が必要です。ここで支援は、お金を含んでいます。損害賠償や慰謝料だけではなく、行動や謝罪も含めて、「ミスに対する埋め合わせ=支援」をしなくてはならない、と思っています。

上記の武庫川女子大の場合は、、、どういう支援が考えられるのでしょうね。その内容にとっても興味があります。どこかのニュースで公開してくれないかな。

|

« 覗いちゃだめだぞ! | トップページ | 王者の風格 »

経営入門以前」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 覗いちゃだめだぞ! | トップページ | 王者の風格 »