« 急げ急げ!! | トップページ | 新装開店 の威力 »

スコットランド

今日は、なんといっても「スコットランドの独立否決」が最大のニュース。独立反対55%、賛成45% での否決というから、僅差と言えば僅差と言えるでしょう。

この独立、結局「経済性(いわゆる金儲け主義的な意味での経済)」と「アイデンティティー」の対立と言い換えることができます。規模の大なるを負う必要が本当にあるのか、幸せとはなんなのか?という問いが根底にあるのではないでしょうか。もっと言えば、物質文明を理想とする方々が追いかける経済性と、経済性より精神文明を追いかける方々(ここではアイデンティティーという言葉で統一してますが)の比率が55:45ということです。

「グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(いわゆるUnited Kingdum) 」の中に残ることになったスコットランドですが、ここで無風凧的には心配があります。スコットランド内で、「独立派」と「連合国派」に分かれてしまい、スコットランドが二分されてしまう可能性

こうなると、いわゆる経済性も低下するでしょうし、また、アイデンティティーも妙な形に先鋭化してしまい、戦闘的になることが予想されます(IRAの例)。結局、相打ち的に両方にとってマイナスになる。。。

今回は、ちょっと論証が舌足らずですが、スコットランドにとって、より良い未来があることを心からお祈りしています。

|

« 急げ急げ!! | トップページ | 新装開店 の威力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 急げ急げ!! | トップページ | 新装開店 の威力 »