« 好きな音楽2014年7月 | トップページ | 無風凧さん、って一言でいえば何ですか? »

ゴルゴ13で数学!

前回の「ゴルゴ13で物理学(コチラ 参照)」は如何だったでしょうか? 今回は、「ゴルゴ13で数学」です。

20140801
図は、第400話「パンドラの柩」から。物語の中では、オーバル理論と呼ばれていて、数学の基本理論だそうですが、、、、

「楕円内で反射しる軌跡が、必ずある一点を通過する」などということはありません。

正しくは、「楕円の一つの焦点を通る直線は、反射するともう一つの焦点を必ず通る」です。

201408012上図の後に、右図の説明があり、小さく”F”と書いているのが見えます。Fは Focus=焦点を意味していると思われますから、説明を端折っただけだと思うのですが、、、ちょっと誤解しそうです。

ただ、、、Fと書いているのですが、焦点は、楕円の長軸上に存在します。標的がゴルゴ(右図の人間)であるなら、Fと人間が長軸上に存在しなくてはなりませんが、この図では、ちょっと「長軸上の2点」には見えない、、、ということで、やはりちょとした誤認識があったのだろうと思います。

ということで。数学好きの皆様も、そうでない皆様も、お間違いないように。

|

« 好きな音楽2014年7月 | トップページ | 無風凧さん、って一言でいえば何ですか? »

コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 好きな音楽2014年7月 | トップページ | 無風凧さん、って一言でいえば何ですか? »