« 風薫る初夏 | トップページ | こんな端末、欲しい! »

イタリア協奏曲

数日前の話。

スタバで仕事をしていると、聴き慣れた音楽がながれてきました。J.S.Bach作曲のイタリア協奏曲。ただし、通奏低音としてチェンバロを使う室内オーケストラ用(弦楽器+木管2管編成)に編曲されている。

聴いていて、、、申し訳ないのだけど「イタリア協奏曲が可哀想だ」と思ってしまいました。

この例に限らず。「編曲」はよくなされます。有名なところでは展覧会の絵をあげることができます。展覧会の絵は、ムソルグスキーのピアノげんきょくも素晴らしいし、ラヴェル編曲のオーケストラ版もすばらしいとおもいます。

このように、「新しい表現を求めて=芸術的動機によって」編曲されるものはよいのですが、もうひとつ、「この曲を演奏してみたいから」「難しいけど簡単になれば、、、」「取り敢えず違う編成でも、、、」という編曲もあります。珍しい編成での演奏会では、その編成の曲が少ないので、無理に編曲する、ということもよくあります。今回のイタリア協奏曲は、まさに後者だったのだと思います。このような編曲は、ある意味では原曲を冒涜している、と無風凧は考えます。

だからなんだ、というわけではないのですけどね。

今日はこのへんで。

|

« 風薫る初夏 | トップページ | こんな端末、欲しい! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリア協奏曲:

« 風薫る初夏 | トップページ | こんな端末、欲しい! »