« お手手の○○と○○を合せて、、、 | トップページ | 今日から7年目 »

由々しき大問題

ある宴会の余興で、リコーダーの演奏を聴きました。と言っても、ほんのワンフレーズだけですけど。

無風凧は、非常に驚いた、というのは、そのリコーダーの音程が無茶苦茶だったから。

演奏した方に聞いてみると、余興を頼まれて、100円ショップで購入したのだとか。100円だからこんなもんでしょ、と言う論法は商業主義的には許される発言で、教育的にも情緒的にも由々しき大問題だと思うのです。

何万円もする楽器だけを楽器と呼ぶつもりはありません。むしろ、安価に手に入ることで、音楽をより身近に感じてくれる方が増えるでしょうから、歓迎すべきことだといえます。しかし、音程が正しければ、の前提が必要。平均律とか純正律とかいう言い方以前で完全に狂っている、、、まるで、おもちゃのピアノが無茶苦茶な音程であるように。

あ、トイピアノを考えれば、音程が悪いのはオモチャであることの必須条件なのかもしれませんが、、、でもやはり、正しくない音程の楽器が蔓延する事は、潔しとしません。

このブログをお読みの皆様は如何お考えになりますか?

|

« お手手の○○と○○を合せて、、、 | トップページ | 今日から7年目 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 由々しき大問題:

« お手手の○○と○○を合せて、、、 | トップページ | 今日から7年目 »