« ナルコレプシー(?) | トップページ | 僕は違うぞ! »

Gravity(ゼロ・グラビティ)

新宿で打ち合わせの後、ちょっと時間があったので話題の映画 ゼロ・グラビティ(原題: Gravity) を観た。想像以上に面白かった。

面白かった、、、とはいえ。物理学者の無風凧としては、いくつか解せない所がある。ネタバレしては申し訳ないので、ここには書かないが、最初から10分の間に、無風凧的には3つ、残念な思いをしてしまった(細かく見ればもっとあったと思うけど)。

残念な思いをしたとはいえ、面白かった。まずは主人公。S.Bullockの真骨頂、という感じがする。アテガキかな? 全く関係ないけど、ブロックは、東北震災の時に100万ドルの義援金をいち早く贈ってくれたっけ、、、などと思い出す。

ヒューストンの宇宙センターとの通信シーン、ヒューストン側(音声のみ)はあのEd.Harris。そう、Apllo13のジーン・クランツである。こういうちょっとした隠し味が妙にうれしい。

大気圏突入シーンでは、「機動戦士ガンダムさん(大和田秀樹のコミック)」を思い出す。初めて「機動戦士ガンダムさん」を読んだときは、ファストフードで笑い転げてしまった。。。

主役、サンドラ以外なら、、、まずは、女優じゃないけど最近復活しているブルース・ウイルスに頑張ってほしい。Gravityが無くなると髪もなくなるのか、という実験も兼ねて(失礼)。女優なら、TombRaiderのA.ジョリー? 彼女だと演出も似てしまうだろうね。ちょっと古いとジェーン・フォンダ。元祖SF女優の一人でしょうか?(「バーバレラ」の主役)。日本人なら、江角マキコ。そのまま焼き直し(リメイク)ができそう。2013年に一大ブームを巻き起こした「あまちゃん」の能年玲奈ならどういう演出になるのかな?

などなど。After Theaterも楽しんでいます。

|

« ナルコレプシー(?) | トップページ | 僕は違うぞ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナルコレプシー(?) | トップページ | 僕は違うぞ! »