« エコ鉢 | トップページ | ひとまずさようなら »

値段がつかないもの

「現代人にとって、値段がつかないものは、有難味がないんだ。」

お年を召された方と話をしていた時に指摘されて、目の前に雷が落ちたような気がしました。気が付いていたことではあるのだけど改めて認識しました。

例えば、演奏会。

全席無料招待の演奏会に招待されるよりも、3000円のチケットを売り出している演奏会の招待券をもらった方が、ありがたい気がする人が多い、ということ。同じ演奏家の同じ曲の演奏会であっても、です。

この考えを少し拡張すると、値段がついていないものは、価値がない、となります。まさかそこまで、、、と思うかも知れませんが、学生に配るプリントなど、時々そう感じます。無料の配布プリントと販売されている教科書で、同じ内容であっても、販売されているものの方をありがたがります。

無風凧自身も、思い当たる節が無いわけではありません、、、、が、これってなんだか変ですよね。物の価値が「価格によって変わる」はず無いと思いますから。

この問題は、もう少し深く考えてみたいと思ってます。

|

« エコ鉢 | トップページ | ひとまずさようなら »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エコ鉢 | トップページ | ひとまずさようなら »